さっぽろがくいんだいがく

札幌学院大学

(私立大学/北海道江別市)

資料請求

願書請求

経済学部 経済学科

経済問題の深層に迫り、時代に対応できる職業人を養成

  • ※2018年6月現在のものです。
経済学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
経済学科の特長
学べる内容

基礎的な経済学の思考方法、分析能力を身に付けた上で、ダイナミックに動く現代経済の諸問題に取り組み、国際的視野と地域視点を持って、社会で活躍する人材を育成。産業調査演習、経済学特別講義など実践力を養う機会も豊富です。

取得資格

■取得可能な資格・免許
・教員免許(中学「社会」、高校「地歴」「公民」)
・ファイナンシャル・プランニング技能検定2級
・社会調査士
・ウェブデザイン技能士
・知的財産管理技能士
・ITパスポート
・基本情報技術者
・個人情報保護士
・社会教育主事
・学芸員
・ビジネス能力検定3級

カリキュラム

■基礎力・経済学的思考力を武器に就業力を高める3コース
経済学科の大きな特徴は1・2年次に修得した基礎的な能力と経済学的思考力を十分に活かせる3コースを設定していることです。2年次より各コースに分かれ就業力を高めていきます。

国際経済コース:アジア・西欧など国際的視野で行動する能力を養う
地域経済コース:北海道を中心に地域の経済や社会を分析する能力を養う
CUPコース:経済学的思考を基礎に職業を意識した教育課程で就業力を向上

卒業後の進路

■就職率(2018年3月卒業生実績)
経済学科:95.2%

■生きた経済学の知識と資格を武器に多様な分野で活躍
社会人として必要なコモンセンスを磨き、生産や流通における人と人との関係を科学的に学ぶことで、流通分野などへの就職に強さを発揮。また、在学中に多くの学生がエクステンションセンターで資格を取得。就職活動に活かしています。業種別にみると、卸売・小売業・サービス業が多数を占めています。次いで、製造業、公務員、宿泊・飲食業、情報通信業の順となっています。

独自の学習システム

■各学年にゼミナールを配置した充実のゼミナール教育
1年次から4年次までの各学年にゼミナールをおいた充実したゼミナール教育が本学科の特長。1年次クラスを兼ねたプロ・ゼミナールでは、現代社会研究の基本を学び、レポートを作成。 2年次の専門ゼミナールでは関心分野を選択、3・4年次の専門ゼミナールでは討議を通して分析手法や論理展開、自己表現能力を磨いていきます(4 年間一貫した課題を追究することも可能)。この経験は、実社会に出たときに大きな武器となります。

■経済の実態を現場で感じる国内外でのフィールドワーク
経済学を学ぶうえでは、刻々と変化する経済の実態を知ることが大切なので、産業調査演習、海外フィールドワークなどの、地域や海外でのフィールドワークを実施。産業調査演習では、市町村の行政機関や各種団体、企業、商店街などでの聞き取り調査をはじめ、さまざまな活動を展開しています。こうした活動を通して、実際の経済動向を見渡す理論を組み立てたり、解決策を検討することで実社会で活きる実践的能力が身に付きます。

就職指導

■キャリア支援センター
6名のキャリア支援課職員に加え、平日の午後には3名のキャリアアドバイザーが交替で常駐し、履歴書の添削、面接練習を含めた就職相談を受ける体制を整えています。

■木曜日3講時は「3年生の進路・就職指導講時」
毎週木曜日3講時は「3年生の進路・就職指導講時」と位置付け、年間を通じて就職支援プログラムを実施します。
2017年度は、プログラム開始後15年目になります。このプログラムは、全学共通科目(キャリア教育科目)として開講しています。

 
インタビュー
我毛 宏平さん

卒業生 我毛 宏平さん(株式会社HBA勤務 2018年卒)

文系大学でありながら、情報技術に強い先生が多いことがガクインの魅力

ガクインでは聴覚障がいのある学生も一緒に講義を受けていほす。僕は聴覚障がい者支援活動として、講義の音声を文字化するため、学生2名でパソコン2台を連携させ、交互に入力した文章を受講者に読んでもらうサポートをしていました。この活動から得た発想を、プレゼンテーションが通ると最大50万円の予算が付く「学生発案プロジェクト」に提出。“音声認識の技術を使って支援する提案”が受理され、音声認識アプリやハードウェアを検証しながら実験を続けました。ゼミではこれらの活動についてまとめ、卒論は「AIやICTが、今後働き方をどう変えるか」をテーマに作成。ゼミを通して活動を整理できたおかげで、就職面接はこの話題がすべてでした。

吉川 哲さん

卒業生 吉川 哲さん(札幌市 市民まちづくり局勤務 2010年卒)

学内のエクステンションセンターの講座の存在は有難かったです

現在は交通安全推進係と、市民とともに交通事故撲滅に取り組む札幌市交通安全運動推進委員会の事務局副幹事も兼務しています。
公務員になったのは、ガクインで知り合った友人二人の影響でした。彼らが1年の終わりに「成績優秀」で表彰されるのを見て一念発起したんです。2年次からアルバイトを減らし、エクステンションセンターで行政書士講座を受講。この学びは、将来の公務員職でより活かせると考え、4年次に公務員講座を受けました。専門学校の各講座を学内で、しかも低料金で受けられるこの存在は有難かったですね。
市役所にはガクインの同窓会「文泉会」支部があります。幅広い年代の先輩とお話しする機会があり、若い職員には心強い限り。恵まれた環境で職務に励める幸せを、実感しています。

小濱 貴洋さん

卒業生 小濱 貴洋さん(生活協同組合コープさっぽろ勤務 2002年卒)

サークルの創部から自治会の立ち上げまで大学時代の経験が社会人としての基盤に

新卒で他社スーパーに就職し、2010年に転職。人事本部広報採用部採用グループ長を務めています。関連企業を含めた新卒や中途、パート・アルバイトの採用、コープさっぽろイベントフォローなども主な仕事の内容です。学生さんに企業説明などをしながらあらためて実感しているのは、「コープさっぽろ」が展開する事業の層の厚さです。スーパーのイメージが強いかもしれませんが、じつは旅行や電力、配食、移動販売車から葬儀までを手がけており、社員が活躍できる場が多彩です。
学生時代を振り返ると、YOSAKOIのサークル創部時のメンバーとして大通公園や卒業祝賀会で踊ったことや、経済学部の自治会を立ち上げて執行委員長を務めたことが思い出されます。思えば同級生よりも、目上の方や立場の違う方とお話する機会が多い学生時代でした。社会人としての基礎は、ガクインで学びました。

 
学べる学問
  • 経済学
  • 教員養成

 

目指せる職業
  • 経理スタッフ
  • 経営者
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭
  • 一般事務
  • 営業
  • 学芸員(博物館)

資格

    ・中学校教諭              ・高等学校教諭       ・ビジネス能力検定(B検)ジョブパス    ・宅地建物取引士

札幌学院大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒069-8555 北海道江別市文京台11番地

TEL.011-386-8111  (代表)  FAX.011-386-8133 

ホームページ http://www.sgu.ac.jp/
ページの先頭へ

札幌学院大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで札幌学院大学の情報をチェック!