駿河台大学 | 学部・学科・コース詳細(スポーツ科学部) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
スポーツ科学部

スポーツ教育を通じて、教養と社会人基礎力(人間力)備えたスポーツ人を養成する

  • ※2022年4月入学者対象のものです。
スポーツ科学部
 
スポーツ科学部の学科・コース・専攻一覧
スポーツ科学科
  スポーツ健康モデル
  スポーツ教育モデル
  地域スポーツモデル
 
スポーツ科学部の特長
学べる内容

■スポーツを様々な角度から学ぶ

スポーツ科学の学びを通じて、健康で文化的な生きがいのある生活を送ることができ、社会を構築することに貢献する人材を育成します。
そのためにスポーツに対し様々な角度から向き合います。そして理論の重要性を理解し、さらにはスポーツの実際を現場で体感し、社会の課題をスポーツの力で解決できるよう実技や実験など実践的な科目を多数設置しています。

カリキュラム

スポーツ科学部には学生の希望に沿った3つの学習モデルを用意しています。

○スポーツ健康モデル
【目的・その人に合わせたトレーニング指導のできる指導者を目指す】
食事やスポーツ、睡眠など普段行っている行動が、健康にどのようにかかわっているのかやスポーツをしている身体の状況を科学的に把握分析し、課題を解決する理論と方法を学びます。
加齢に伴う身体の状況と適切な運動・スポーツの考え方、スポーツ競技者のトレーニング方法や運動指導をを身につけられ、メンタルトレーニングなど、スポーツ場面における心理学的事象に関する基礎知識も学びます。

○スポーツ教育モデル
【教育現場や運動部活動の場で適切な指導ができる教育者・スポーツ指導者を目指す】
人類がスポーツを発展させてきた筋道を探り、スポーツが教育的な力を持つ経緯を学び、スポーツと教育の意義を考えます。生涯学習の必要性と地域活動としてのスポーツの広がり、生涯スポーツを振興するための行政の取組や課題を考察します。中学・高等学校教員を含めた生涯スポーツの様々な場面で、教育や指導を行うための幅広い知識と指導技術、青年期の子どもの身体の発育状況と運動発達の関係を学びます。

○地域スポーツモデル
【スポーツを地域の資源として活用することで地域活性化に貢献できる人を目指す】
地域の豊かな自然環境とスポーツとを結びつけることによって、新たなスポーツ・観光資源(スポーツ・ツーリズム)を生み出し、地域振興に役立てる力を身につけます。自然環境を資源としたアウトドア活動を含むスポーツのあり方や少子高齢化時代の地方コミュニティで、誰もがスポーツ・レクリエーションに親しみ、継続的な健康づくりができる生涯スポーツの振興方策のあり方について学びます。地方に多くの外国人が訪問する時代の中で、スポーツの視点から国際交流の意義にも取り組みます。

独自の教育体制

■現代における生きがい、スポーツの意義を考える
真に人間らしい暮らしとは、人にとっての生きがいとは何か。よりよく生きるには、どうすれば良いのか。そのためにスポ―ツ・運動がもつ意義を学際的な学びを通して考えます。

■多様性との共存
近代・現代の社会では、交通、通信、出版などの発展によって、他文化との交流が進み、他文化に容易に触れる事ができるようになりました。と同時に、逆にいかにして文化の多様性という豊かさを守っていくかという問題も生まれています。スポーツ科学部は、これらの課題をスポーツを通して探求する3つの学習モデルから構成されています。

■明日の社会に向かって
学生一人ひとりが、広く国際社会や地域社会への貢献ができる人材に育つよう、さまざまな制度や資格取得を用意しています。具体的には、恵まれた長期・短期の海外留学制度、保健体育教員免許、健康運動実践指導者、第一種衛生管理者、トレーニング指導者、GFT(グループエクササイズフィットネスインストラクター)などです。

独自の学習システム

■キャンパスから抜け出した実践的な授業

スポーツ科学部では、大学キャンパスから一歩踏み出し、地域社会や地域の歴史・文化・自然を教材として、あるいは海外に飛び出して、スポーツの実際を現場で体験する実践的な学びがあります。

■地域スポーツ実習
地域スポーツ実習は、これまでの学修の理解と今後必要となる学修内容を明確にすることを目標に実践体験を行います。スポーツの楽しさや有用性を伝えることやスポーツを地域の資源としてとらえ活用することの学びを基礎として、地域のスポーツの場(スポーツによる地域振興、スポーツ・ツーリズム、エコツーリズムなど)における体験を通して、多様なスポーツの場における課題を克服する方策を考察し、問題解決能力を養います。

■アクア・マリンスポーツ研修
アクア・マリンスポーツ研修では静岡県伊東でのダイビング実習を通し、ライセンスの取得を目指します。その中で、安全な潜水計画を立てられるよう、情報収集能力や水中での自己保全能力を高め、トラブルに対応できる問題解決能力を養成します。また、バディーと協働して安全な潜水ができるよう、コミュニケーション能力と協調性を養成します。

■海外スポーツ文化研修
海外スポーツ文化研修は、駿河台大学のスポーツに関心を持つすべての学生に人気の科目です。毎年2月中旬から約2週間にわたり南半球のニュージーランド(現地は夏)にて、ホームステイをしながら、語学学校、スポーツ専門学校、現地スポーツクラブにて研修する内容豊かな授業です。

卒業後の進路

中学校・高等学校の教諭(保健体育)、日本スポーツ協会認定・公認スポーツ指導者(スポーツリーダー、コーチ)、健康運動実践指導者、トレーニング指導者、GFI(グループエクササイズフィットネスインストラクター)、観光ビジネス・アウトドア関連企業、第一種衛生管理者、公務員、民間企業、競技スポーツの世界で自らの能力を高め活躍するアスリート

施設・設備

■低酸素ルーム

スポーツ科学部生にとって重要なスポーツ施設は、キャンパス内に集約されており、授業・クラブ活動に大変便利です。また、最近とトレンドである「低酸素・恒温恒湿環境トレーニングシステム」をはじめ、「スポーツ生理学」「バイオメカニクス」「スポーツ心理学」などについて、最新の測定機器を整備。2018年に新設された低酸素ルームは、常圧型低酸素システムにより高地環境を再現することができる最新のスポーツ研究のための施設です。駅伝部や陸上競技部をはじめとするさまざまな運動部も使用し、競技力向上に役立てています。

目標資格

中学校・高等学校教諭(保健体育科)、日本体育協会認定・公認スポーツ指導者(スポーツリーダー・コーチ)、健康運動実践指導者、トレーニング指導者、GFT(グループエクササイズフィットネスインストラクター)資格、第一種衛生管理者 など

 
学べる学問
  • 体育学
  • スポーツ学

 

資格
  • 健康運動実践指導者
  • グループエクササイズフィットネスインストラクター(GFI)
  • ・中学校・高等学校教諭(保健体育)

駿河台大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒357-8555 埼玉県飯能市阿須698

TEL.042-972-1124  (入試広報部)  FAX.042-972-1160  (入試広報部) 

ホームページ https://www.surugadai.ac.jp/
E-mail nyushi@surugadai.ac.jp
ページの先頭へ

駿河台大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※インターネット出願のため、詳しくは本学HPをご覧ください。

-

●入学案内・願書
※インターネット出願のため、詳しくは本学HPをご覧ください。

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで駿河台大学の情報をチェック!