駿河台大学 | 学部・学科・コース詳細(心理学部) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
心理学部

日本で数少ない犯罪心理学の専門コースあり。
国家資格「公認心理師」に対応。臨床心理・子どもの心理も学ぶ。

  • ※2022年4月入学者対象のものです。
心理学部
 
心理学部の学科・コース・専攻一覧
心理学科
  臨床の心理コース
  犯罪の心理コース
  子どもの心理コース
 
心理学部の特長
学べる内容

社会がめまぐるしく変化し、ストレスの社会と言われています。人の価値観や生き方も変化せざるを得なくなってきています。このような状況の中で、いかに人が人間らしく生きていけるのかが大きな関心事になっています。心理学は人間を多角的に、より科学的に理解し、人間が幸せになるように考えようとする学問です。まさに現代社会から、あるいは人々から心理学が求められるのです。その時代の要請を受け、ものごとを心理学的な視点から見る能力をしっかりと身につけ、多方面に活躍できるように、学ぶことができます。

カリキュラム

■時代の要請に応じた新しい3コース制

「臨床の心理コース」「犯罪の心理コース」「子どもの心理コース」の3コースを用意し、2年生以降に履修できる専門的な科目を充実させ、1・2年生に各コースのガイダンスとなる科目を配置しています。

〇臨床の心理コース
【国家資格「公認心理師」取得に対応】
国家資格「公認心理師」の受験資格要件を満たす受講モデルを用意し、本学大学院のカリキュラムも公認心理師資格取得に対応します。本学大学院には、公認心理士育成のための教育・訓練施設である心理カウンセリングセンターが設置されています。
病院の臨床心理士をはじめ、スクールカウンセラー、精神科医、少年鑑別所技官など多様な実務経験を持つスタッフが揃っており、カウンセリングの技法や心理検査について、少人数で体験的に学べます。大人だけでなく、子どもや青少年をめぐる問題解決に関わる人材の育成を目指します。

〇犯罪の心理コース
【日本で数少ない犯罪心理学の専門コース】
安全・安心な社会の実現に貢献できる人材の育成を目指します。犯罪心理学を専門とする教員や法務省専門職員など、公務員を目指す学生へのサポートが充実。凶悪犯罪、少年非行、薬物依存、性暴力、DV、プロファイリング、ポリグラフ検査(ウソ発見器)、目撃証言、更生の支援など、さまざまな分野の知識を学べます。少人数の演習のためそれぞれが関心を持った分野を深く学ぶことが可能です。
大学院でより専門的な知識を身につけて、法務省専門職員などを目指すこともできます。

〇子どもの心理コース
【子どもの発達への支援と教育を学ぶ】
じっくりと子どもの心理を学びたいというニーズに応え、児童指導員(任用資格)の資格が取得できるほか、保育士資格試験に向けたサポート(キャリアカレッジなど)も充実しています。地域の子育て支援活動などの体験を重視し、子どもの発達に合わせた支援や教育の理解を深めていきます。子どもの健やかな成長を促し、支援できる社会人の育成を目指します。本学大学院に進学すれば、子どもの発達や教育に関連した問題や子どもの犯罪に関わる問題をさらに深く探究することができます。

独自の教育体制

■心理学を中心とした幅広い学び
心理学の基礎から応用まで段階的に学習できるカリキュラム構成で選択したコース以外のコース科目も履修可能です。人間の多様性を理解するため、心理学に近接する学問領域を学習します。

■基礎科目から、専門科目まで体系的に学べるカリキュラム
心理学の基礎を重視し、まずは心理学的思考が理解できるように、心理学研究法科目が用意されています。実験など、心理学の研究法の基礎を学びます。
また、心理学基礎科目の他、野に立った総合的な人間理解のため、心理学だけでなく宗教や社会学、文化人類学、生物学など、人間に関する科目も学習します。
入学後、いきなり大学での学習方法についていけるか不安に感じている学生は多数います。1、2年生では、基礎教育科目で、専門書を読む、レポートをまとめる、意見を発表するなど、大学で学ぶための基本的スキルを身につけることができる科目、あるいはコンピュータ技術に関する科目などを用意しています。一方、せっかく心理学部に入学したのだからはやく心理学を勉強したいという思いもあると思います。したがって、心理学部では、1年生から心理学科目や教養基礎科目で心理学の一部科目を学ぶことができるようにもしています。このように、学生としての基礎的学力を固め、充実した専門科目の学習に進むことができるカリキュラム構成となっています。

■演習科目・実習科目を重視
駿河台大学心理学部では、単に「講義」で心理学を学ぶだけでなく、「実践実習」「演習」の授業を積極的に設定することで、実践的能力を身につけられるように工夫したカリキュラムとなっています。

独自の学習システム

■心理学の授業を紹介!

心理学部では、実験や実習の授業も数多く設けています。このような授業を通じて、「どのようにしてこころを知るのか」を体験的により深く学ぶことができます。

●ウソを見破れ!「ポリグラフ」
テレビの刑事ドラマなどで耳にする「ウソ発見器」は、正式には「ポリグラフ」では、ウソをついた際に生じる精神的動揺(自律神経系の反応の変化)を測定します。

●心の世界を表現する「箱庭療法」
砂が入った箱の中に人物、動物、怪獣、植物、建物、乗り物などを自由に置いていきます。箱の内側は水色に塗られており、砂を掘ることで水を表現できます。心理分析や心理療法として使われますが、特に子どもの心理療法でよく用いられます。

目標資格

公認心理師(大学院修了後)、臨床心理士(大学院修了後)、認定心理士、法務教官、法務技官(心理)、心理判定員、児童心理司、児童指導員(任用資格)、産業カウンセラー、心理学検定  など

■国家資格「公認心理師」取得に対応
公認心理師の受験資格要件を満たす受講モデルを用意し、公認心理師を目指す学生に対するサポートも充実しています。

卒業後の進路

〇臨床の心理コース
公認心理士の資格を取得後、カウンセラーとして活躍 など

〇犯罪の心理コース
法務教官・法務技官(心理)・心理判定員・保護観察官・警察官として活躍 など

〇子どもの心理コース
児童指導員や児童心理司として、児童福祉施設や保育の現場で活躍 など

<コース共通>
公務員(一般職)、各コースの専門性を活かして、一般企業で活躍 など

 
学べる学問
  • 心理学
  • 人間科学
  • コミュニケーション学

 

駿河台大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒357-8555 埼玉県飯能市阿須698

TEL.042-972-1124  (入試広報部)  FAX.042-972-1160  (入試広報部) 

ホームページ https://www.surugadai.ac.jp/
E-mail nyushi@surugadai.ac.jp
ページの先頭へ

駿河台大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※インターネット出願のため、詳しくは本学HPをご覧ください。

-

●入学案内・願書
※インターネット出願のため、詳しくは本学HPをご覧ください。

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで駿河台大学の情報をチェック!