子ども学部

健常児も、支援を要する子も、多様な子どもたちに的確なサポートができる保育士・幼稚園教諭を育成

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
子ども学部
この学部・学科の資料をもらう
 
子ども学部の学科・コース・専攻一覧
子ども支援学科
 
子ども学部の特長
取得資格

保育士(原則全員取得)
幼稚園教諭1種(原則全員取得)
特別支援学校教諭1種(知的障害・肢体不自由・病弱)
社会福祉主事任用資格(原則全員取得)

交通案内

・西武池袋線「稲荷山公園駅」から徒歩3分
・西武新宿線「狭山市駅」からバスで12分(「稲荷山公園駅」下車徒歩3分)

内容

1)3つの科目群で、多様な子どもに的確な保育実践ができる保育者を養成
〈健康保育科目群〉
乳幼児期の心身の健康をより確実に促進できる能力を身につけ、病気や障がいのある乳幼児などにもきめ細かな専門的対応ができる人材を養成します。
〈特別支援教育科目群〉
知的障がい・肢体不自由・病弱に対応することを中心に、視覚・聴覚・LD(学習障がい)・ADHD(注意欠陥・多動性障がい)などへの支援ができる人材を養成します。
〈子ども芸術・文化科目群〉
子どもに関わる「遊び-芸術-文化」についての学びを深めるため、臨床美術やリトミックなど多角的に子どもの表現活動を援助できる実践力を養成します。

2)学内に保育所と子どもクリニックを併設
キャンパス内に保育所と、アレルギー疾患・発達障がいの専門クリニックが併設されています。これらは実習施設としても活用され、実践カを養うことができます。

3)外部講師を招きワークショップを開催
確かな保育実践力を育むために、パネルシアター作家など第一線で活躍中のアーティストを招き、さまざまなワークショップを行っています。

 
インタビュー

在学生 Mさん(子ども支援学科/4年)

保育者の働きかけで子どもの興味が広がり、適切な支援の重要性を実感しました

2年次に6日間の幼稚園実習、12日間の保育園実習と施設実習を経験し、3年次には、12日間の保育園応用実習と15日間の幼稚園教育実習を経験しました。手遊びや絵本の読み聞かせはもちろん、指導案を作成し、責任実習として主活動も担当することができました。
実際に子どもたちと関わることで、子ども一人ひとりをよく理解し、適切な支援を行うことの重要性とむずかしさを実感しました。保育者が何を提供するかで子どもの興味が広がる一方、興味をなくさせてしまうこともあります。実習経験を通して自分の力不足を実感するとともに、今後の課題が明確になりました。卒業後は保育の“プロ”として子どもの姿を観察し、適切な支援を行うことができる保育者を目指したいと思います。

卒業生 Aさん(子ども支援学科/2017年度卒業)

実習の事前・事後に受けた指導を病気や障がいのある子どもへの関わりに生かしていきたい

幼稚園の先生が毎日笑顔で、一緒にいると自然に自分も笑顔になることができました。その先生にあこがれ、幼稚園の先生になりたいと思うようになりました。
保育士と幼稚園教諭の資格が取得できる大学を探していて、東京家政大学のホームページを見て、子ども学部に興味をもちました。将来は、健常児だけでなく、病気や障がいのある子どもにも関わりたいと思っていたので、発達障がいや病気について幅広く学ぶことができる子ども支援学科がぴったりだと思いました。特別支援学校教諭の資格を取得できるのも魅力でした。
授業はわかりやすく、学生の声を先生がしっかりと受け止めてくださり、より深く学ぶことができました。授業の合間にはピアノ室で過ごしました。ピアノが練習できるだけでなく、友だち同士で教えあい、みんなで頑張ることができる空間でした。

 
学べる学問
  • 児童学

 

目指せる職業
  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 特別支援学校教諭
  • 社会福祉主事

資格
  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 社会福祉主事任用資格

東京家政大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●狭山キャンパス(健康科学部、子ども学部)

〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1
ホームページ http://www.tokyo-kasei.ac.jp/
ページの先頭へ

東京家政大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※Web出願のため願書はなし。

-

●入学案内
※Web出願のため願書はなし。

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで東京家政大学の情報をチェック!