検索する
ふくおかしかだいがく

福岡歯科大学

(私立大学/福岡県福岡市早良区)

資料請求

願書請求

メイン写真

健康を支え、人を笑顔にする口腔医学のフロントランナーへ。

福岡歯科大学の3つの特長

3つの特長1

西日本唯一の私立歯科大学。卒業生は4,000人以上!

3つの特長2

最新鋭の設備が揃う学習環境だから、最先端の技術や知識が学べる

3つの特長3

大学と同じ敷地内にある病院・福祉施設で臨床実習ができる

本学は西日本唯一の私立歯科大学として、2017年に創立45周年を迎えます。卒業生は4,000人を超え、医療界、学界、地域社会などの多方面で活躍しています。本学では「歯学から口腔医学」を提唱し、従来の歯学に一般医学・福祉の要素を取り入れたより総合的な口腔医学教育を実践しています。

福岡歯科大学の 学科・コース

最新の知識と技術、高い臨床力を備えた口腔医学のプロを育てる

口腔歯学部(6年)
口腔歯学科(6年)

上記は、2017年4月入学者対象のものです。

福岡歯科大学の 学費のこと

■2017年度初年度納入金
480万円(入学金50万円、授業料300万円、施設維持費60万円、教育充実資金70万円)
※別途、委託徴収金70万円が必要

■奨学制度(2017年度)
1)一般入試A日程特待生制度
一般入試A日程の成績が特に優秀である方3名を特待生として選抜、授業料が国立大学と同額になります。
 ●授業料年間53万5,800円(約246万円免除)
 ●初年度納付金は233万5,800円となります(別途、委託徴収金70万円が必要)。

2)特待生制度
学業成績(新入生にあっては入学時の成績、その他の学生にあっては前年度の成績)が特に優秀で品行方正、健康な学生に対し、その年度の学生納付金の一部(150万円・前期75万円/後期75万円)を免除します。

3)福岡歯科大学学生共済会奨学金
1年以上在学し、学業成績、出席状況ともに良好で、品行方正かつ健康であると認められる場合、申請に基づき、以下のように貸与または給付されます。
 ○特別奨学金:毎年度学生納付金の範囲内で貸与(返済義務あり)
 ○一般奨学金:月額 甲種5万円、乙種10万円を貸与(返済義務あり)
 ○就学共済金:授業料の半額を給付(返済義務なし)

※その他、日本学生支援機構奨学金制度なども利用可能です。

福岡歯科大学の 学ぶこと

■歯や口だけでなく「全身を理解できる口腔医学のスペシャリスト」を育成
近年、日本の歯科医療をとりまく環境は大きく変化しています。
むし歯や歯周病といった疾患の治療を主体とした医療から、咀嚼や摂食・嚥下といった口腔の機能の回復、あるいは口元の審美的な側面も含めたQOL(生活の質)の向上といった視点での医療への転換が求められています。
また、歯科診療所を訪れる65歳以上の高齢者の方の割合は年々増加しており、何らかの全身疾患を有する患者さんの来院も増えています。安心・安全な歯科医療の実施のため、歯科医師には、これまで以上に全身の理解と医学的知識を修得することが求められています。
本学では、このような時代のニーズに合った歯科医師を育成するため、教員の親身な指導による歯科医学教育を行っており、さらに一般医学教育の充実したカリキュラムによって口腔医学教育を推進しています。

福岡歯科大学の 本学の特長

■九州の玄関口「博多駅」前に、サテライト診療施設を開設
博多駅前のサテライト施設「福岡歯科大学口腔医療センター」では「口腔医学」に基づいた教育・研修・診療を行っています。最新設備を導入して大学病院の優秀なスタッフを配置し、歯科診療のほか開業歯科医対象の技術指導や分担協同治療、生涯研修、講習会を実施しています。また歯科医師臨床研修における研修協力施設としても活用されています。

福岡歯科大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒814-0193 福岡県福岡市早良区田村2-15-1

TEL.092-801-1885  (学務課入試係)  FAX.092-801-0427 

ホームページ http://www.fdcnet.ac.jp
E-mail gakumu@college.fdcnet.ac.jp
ページの先頭へ

福岡歯科大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで福岡歯科大学の情報をチェック!