ほくせいがくえんだいがく

北星学園大学

(私立大学/北海道札幌市厚別区)

資料請求

文学部 英文学科

豊かな知識と実践的な英語力を身につけ、グローバル化する現代社会において創造的に活躍する人材を育成します

  • ※2019年7月現在のものです。
英文学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
英文学科の特長
学部・学科・コースについて

■学科の特色

◯ネイティブ・スピーカーによる少人数制基礎英語教育「Core English Skills」
一部の導入クラスを除き、英語の「読解」「作文」「会話」の技能教育を全てネイティブ・スピーカーの教員による少人数制クラスで行います。模擬留学環境で徹底した英語教育が体験できます。3年次には英語による討論能力を養う「Discussion and Debate」のクラスで、高度な討論能力を養成します。

◯各自の関心を深められる充実した専門分野
1.英語の成り立ちや、使われる場について考察し、言語活動・習得によってどのような文化が形成されているのかを考える言語学(3分野)
2.小説や演劇、創作を通して、英語圏の人々が持つ思想を、歴史的・文化的知識も交えて紐解いていく文学(4分野)
3.コミュニケーションの場で見られる文化的差異や、異文化間のよりよい意思疎通の方法を考えていくグローバル・スタディーズ(4分野)
これら3コース11分野の充実した専門分野から学生各自の関心を深められます。

◯職業を視野に入れた特殊技能養成クラス「Practical English Skills」
英語の実践的なスキルを身につけられる「Practical English Skills」という特別プログラムを開設。通訳や翻訳、観光、メディア、ビジネス英語など英語の専門的な特殊技能を修得できます。

◯英語教員養成のための特別プログラム
多くの英語教員を輩出し従来より定評のあった英語教員養成をさらに充実したものにするため、英文学科の特別プログラムとして「英語教師養成科目」を開設。コミュニケーション力を身につけさせるという21世紀の社会から求められている英語教員の養成が目標です。また、日本語を母語としない人に日本語を教える方法を学ぶ「日本語教師養成科目」も開設し、充実した教師養成体制を整えています。

留学制度

■9の国・地域、16大学との提携校ネットワーク

北海道内の私立大学の国際教育における先駆者として、全学科の学生に開かれた大学の交換留学制度は、アメリカ、カナダ、イギリス、スイス、スペイン、インドネシア、中国、韓国、台湾の16大学と提携しています。提携校からも毎年約60名の留学生が訪れ、これまでの交換留学生数は、約2,000名にものぼります。条件が整えば、1年間留学しても4年間で卒業することが可能で、留学及び帰国後の費用を補助する制度もあります。また、数日から4週間程度海外の現地で学ぶ海外事情や各学部の専門教育科目があり、年間100名以上の学生が履修して海外に渡航しています。

その他の特色

■専門課程に加え、さらなる学びへの意欲で知識の幅を広げることができます

副専攻制度とは自身の所属する学部学科専門課程に加え、学びの幅を広げることができるよう、下記の14種類より1つ以上の副専攻を履修することができる制度です。副専攻課程の履修を修了した者には、副専攻認定証書が授与されます。
(1)人間科学
(2)キリスト教学
(3)英語
(4)ドイツ語
(5)フランス語
(6)中国語
(7)韓国語
(8)英語・英米文学
(9)心理学
(10)経済学
(11)国際関係論
(12)経営情報学
(13)経済法学
(14)社会福祉学

就職状況

■高い就職率を誇り、各業界からも高評価を得ています

◯就職率
100%(2019年3月卒業生実績/2019年5月1日現在)

◯主な就職先(2017~2019年3月卒業生実績)
全日本空輸株式会社、日本航空株式会社、株式会社AIRDO、株式会社JALスカイ札幌、ANA新千歳空港株式会社、株式会社エイチ・アイ・エス、株式会社ジェイティービー北海道、株式会社日本旅行北海道、日本銀行、株式会社北海道銀行、株式会社北洋銀行、北海道コカ・コーラボトリング株式会社、ホクレン農業協同組合連合会、入局管理局(国家公務員)、公立学校教員(北海道)ほか

 
インタビュー
藤田 恵未さん

在学生 藤田 恵未さん(英文学科4年)

大好きな英語劇の魅力を掘り下げてくれる学びの場

高校時代に放送局で作ったテレビドラマや英語劇の授業を通して、英語と演劇の両方に興味を持つようになりました。進学先は英語教育に定評があり、演劇ゼミもある北星の英文学科に迷わず決めました。演劇のことだけでなく同時にアメリカの歴史や文化を講義を通じて学ぶことができ、とても魅力的です。演劇ゼミでは、自分たちで英語劇を作り上げる授業があり、スーザン・グラスペル脚本の「Trifles」で男性の検事役を演じました。さらに興味が募って札幌の劇団が企画するワークショップや参加型のプログラムにも参加しました。現在は副専攻として前から興味があった中国語の勉強もしています。北星で学んだ先にある自分の未来を見つけたいです。

石黒 里奈さん

卒業生 石黒 里奈さん(英文学科2018年度卒 株式会社オリエンタルランド 勤務)

北星で英語を学んだ自信が夢の第一歩につながりました

英語を単に語学として学ぶのではなく、英語を通して多様な文化や考え方を学ぶことができる、それが英文学科の魅力です。ネイティブ・スピーカーの先生や海外からの留学生も多く、留学しなくても国際交流ができます。そんなグローバルな雰囲気の中で学ぶうちに、世界中の人々を笑顔にできるエンターテインメントの仕事がしたいと思い、常に感動の創造に挑戦し続ける株式会社オリエンタルランドを志望しました。就職活動では、「自分に自信を持つこと」を胸に臨んだ結果、内定をいただくことができました。今後の目標は、ゲストのおもてなしはもちろん、キャストの働きやすさも考えながら、マネジメント業務のスペシャリストとして活躍できる社員になることです。

上原 由佳さん

卒業生 上原 由佳さん(英文学科2013年度卒 ノバルティス ファーマ株式会社 勤務)

北星で培った英語力や表現スキルが、生命を支える仕事に活かされています

医師や薬剤師に医薬品情報を伝えるMR(Medical Representative)として、主に弊社の薬剤の有効性や安全性の説明、新薬のほか講演会やセミナーの企画・運営を担当しています。自分の努力が薬剤の採用という結果に結びつくのはもちろんですが、「実績=貢献している患者さんの数」になることも仕事のやりがいになっています。製品説明会など人前で話す機会も多く、北星のゼミで身につけたプレゼンテーションスキルが役に立っています。現在は、社員ネットワークに参加して、人種や性別などにかかわらず、誰もが自分らしく働ける組織づくりに取り組んでいます。MRの仕事や社内活動を通して経験を積み、将来は人事部門などにも携わりたいと考えています。

 
学べる学問
  • 外国文学
  • 外国語学
  • 言語学
  • 国際関係学
  • コミュニケーション学

 

資格

    ・小学校教諭免許状<国>(一種 ※条件付き)          ・中学校教諭免許状【英語】<国> (一種)
    ・高等学校教諭免許状【英語】<国> (一種)

北星学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1

TEL.011-891-2731  (代表) 

ホームページ https://entry.hokusei.ac.jp/
ページの先頭へ

北星学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※Web出願のため、願書の送付はございません。

-

●入学案内
※Web出願のため、願書の送付はございません。

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで北星学園大学の情報をチェック!