ほくせいがくえんだいがく

北星学園大学

(私立大学/北海道札幌市厚別区)

資料請求

願書請求

文学部 英文学科

豊かな知識と実践的な英語力を身につけ、文化の懸け橋として活躍する人材を育成

  • ※2019年1月現在のものです。
英文学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
英文学科の特長
学部・学科・コースについて

■120人以上のネイティブ・スピーカーによる少人数制基礎英語教育
一部の導入クラスを除き、英語の「読解」「作文」「会話」の技能教育を全てネイティブ・スピーカーの教員による少人数制クラスで行います。模擬留学環境で徹底した英語教育が体験できます。上記3分野にわたる1・2年次必修科目に続いて、3年次にも必修で英語による討論能力を養うDiscussion and Debateのクラスを開設し、高度な討論能力を養成します。

■英語上級クラスの設置
特に英語の能力が高く、さらに専門的な知識と実用的な英語力を身につけたいという学生のために特別選抜クラスを設置。パブリック・スピーキング、リサーチ、ライティングを総合的に学習し、さらなる英語力の向上を目指します。

■職業を視野に入れた特殊技能養成クラス
英語の実践的なスキルを身につけられる「Practical English Skills」という特別プログラムを開設。通訳や翻訳、観光、メディア、ビジネス英語など英語の専門的な特殊技能を修得できます。

■英語教員養成のための特別プログラム
多くの英語教員を輩出し従来より定評のあった英語教員養成をさらに充実したものにするため、英文学科の特別プログラムとして「英語教師養成科目」を開設しています。コミュニケーション力を身につけさせるという21世紀の社会から求められている英語教員の養成が目標です。また、日本語を母語としない人に日本語を教える方法を学ぶ「日本語教師養成科目」も開設し、充実した教師養成体制を整えています。

■専門カリキュラム
文化的知識に裏打ちされた高度な英語運用能力を獲得し、国際社会において求められる見識及び異文化コミュニケーション能力を備えた人材の育成を目的とした、カリキュラムを設置しています。また、自分の関心に合わせて科目履修ができるよう「文化・文学コース」と「言語・コミュニケーションコース」、「グローバル・スタディーズコース」から編成されています。

留学制度

■9の国・地域、16大学との提携校ネットワーク

北海道内の私立大学の国際教育における先駆者として、全学科の学生に開かれた大学の交換留学制度は、米国、カナダ、英国、スイス、スペイン、インドネシア、中国、韓国、台湾の16大学と提携しています。提携校からも毎年約60名の留学生が訪れ、これまでの交換留学生数は、約2,000名にものぼります。条件が整えば、1年間留学しても4年間で卒業することが可能で、留学及び帰国後の費用を補助する制度もあります。また、数日から4週間程度海外の現地で学ぶ海外事情や各学部の専門教育科目があり、年間100名以上の学生が履修して海外に渡航しています。

その他の特色

■専門課程に加え、さらなる学びへの意欲で知識の幅を広げることができます

副専攻制度とは自身の所属する学部学科専門課程に加え、学びの幅を広げることができるよう、下記の14種類より1つ以上の副専攻を履修することができる制度です。副専攻課程の履修を修了した者には、副専攻認定証書が授与されます。
(1)人間科学
(2)宗教と文化
(3)英語
(4)ドイツ語
(5)フランス語
(6)中国語
(7)韓国語
(8)英語・英米文学
(9)心理学
(10)経済学
(11)国際関係論
(12)経営情報学
(13)経済法学
(14)社会福祉学

就職状況

■就職率
97.7%(2018年3月卒業生実績/2018年5月1日現在)

■主な就職先(2016~2018年3月卒業生実績)
全日本空輸株式会社、日本航空株式会社、株式会社AIRDO、株式会社JALスカイ札幌、ANA新千歳空港株式会社、株式会社エイチ・アイ・エス、株式会社ジェイティービー北海道、株式会社日本旅行北海道、日本銀行、株式会社北海道銀行、株式会社北洋銀行、北海道コカ・コーラボトリング株式会社、ホクレン農業協同組合連合会、入局管理局(国家公務員)、公立学校教員(北海道)ほか

 
インタビュー
服部 萌子さん

在学生 服部 萌子さん(英文学科4年)

大好きな英語を学ぶのにこれ以上の環境はありません

父の仕事の関係で、小学1年生の終わりから3年半、アメリカのロサンゼルスで過ごしました。現地の小学校へ通っていたのですが、1年後には不自由なく日常会話が交わせるようになりました。帰国後も英語力を維持するために英会話教室へ通い、英語に力を入れている高校に進学しました。さらに英語力に磨きをかけたいと思って進学した英文学科でも、ヒアリングとスピーキングには苦労しませんでしたが、英語は勉強したというよりも自然に身についたものなので、英文法は得意ではありませんでした。ただ、大学に入ってから体系的にしっかりと英文法を学ぶことができましたし、塾講師のアルバイトで小中学生に英語を教える中で、学んだことを再認識することができています。

成田 真衣さん

卒業生 成田 真衣さん(2017年度卒 日本航空株式会社(客室乗務職) 勤務)

様々な可能性を求めて北星へ。憧れが現実になりました

大学で実践的な英語を学び、留学も経験したいと考え、北星の英文学科へ進学。アカデミックな授業が多く、周りの友人にも意識が高い人が多かったので、視野が広がり感化される毎日でした。2年次の夏、カリフォルニアへ1ヶ月間の短期研修に参加したことで、英語に対するモチベーションが高まり、今度はオーストラリアへ1年間留学することを決意しました。客室乗務員への憧れは、小さいときから持っていましたが、それを目指して北星に進学したわけではありません。就職活動を通して自分自身の個性に気付き、その個性を就職支援課の方に後押ししていただいたおかげで、航空業界に挑戦でき、結果もついてきました。お客さまに最高のもてなしを体現できる客室乗務員になることが今の目標です。

細川 優依さん

卒業生 細川 優依さん(2009年度卒 東日本電信電話株式会社 [NTT東日本] 勤務)

充実した北星での日々を糧に、新しい「つなぐ力」へ挑戦したい

現在は、都内を中心とした百貨店やショッピングセンターなどの大型商業施設に対して、より良好な通信環境を実現するための総合的な提案を行っています。多種多様な業種・業界の方と関わっていけることが、この仕事の最大の魅力ではないかと感じています。在学中に、英語はもとより、異文化コミュニケーションについて学んだことがいろいろな方々と接する場面で活きています。英文科では、オーラル・コミュニケーションクラスでディスカッションの授業を経験したこと、オーストラリアへホームステイをしたことなど、積極的に楽しみながら学生生活を過ごすことができました。今後は、まだ関わりのない業界への提案をしたり、新しい通信サービスの開発業務に携わってみたいと思っています。

 
学べる学問
  • 外国文学
  • 外国語学
  • 言語学
  • 国際関係学
  • コミュニケーション学

 

資格

    ・小学校教諭免許状<国>(1種 ※条件付き)          ・中学校教諭免許状【英語】<国> (1種)
    ・高等学校教諭免許状【英語】<国> (1種)

北星学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1

TEL.011-891-2731  (代表) 

ホームページ http://entry.hokusei.ac.jp/
ページの先頭へ

北星学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで北星学園大学の情報をチェック!