ほくせいがくえんだいがく

北星学園大学

(私立大学/北海道札幌市厚別区)

資料請求

願書請求

経済学部 経済法学科

経済・法律の両方の知識を備えたスペシャリストを育成。多様な履修モデルで、就職を視野に入れた資格取得もサポート

  • ※2019年1月現在のものです。
経済法学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
経済法学科の特長
学部・学科・コースについて

■進化した経法カリキュラムがスタート
経済法学科のカリキュラムは、学生に経済と法の出会いの場を提供するものです。経済から入って法に出会うか、法から入って経済と出会うかは、各学生の関心や将来の進路によって異なります。そのため、入り口となる5つのコースを用意し、学生の皆さんと経済・法とのよき出会いをサポートします。

■法律学と経済学を身につけた社会人力を養成
法律学の学習に十分な科目が揃っているだけでなく、経済学に関しても、入門から専門まで学べるカリキュラムになっています。通常の法学部では、法と政治をセットで学ぶことが多いようですが、社会が大きく変化し、そのスピードも速くなっている今、経済学と法律学というツールを身につけることは重要です。

■5つのコースが体系的な学修をアシスト
「公共法政策」「経済分析」「企業法務」「金融・財政」「法律総合」の各コースには、学修に欠かせない「コース推奨科目」を設けており、順を追って専門科目を履修することで無理なく専門的な知識を身につけることができます。

■将来をデザインするスタディ・プランニング(経法SP)
学生の皆さんには、1年後、2年後の自分をイメージしながら学修ができるよう「スタディ・プラン(経法SP)」を作ってもらいます。そのプランをもとに、毎年、教員個別面談を行い、1年の学修成果を振り返りながら、個人の興味関心や将来の目標を明確にしていきます。経済法学科の教員は、学生の将来を一緒に考えます。

■専門カリキュラム
ゆたかな人間性を育む大学共通科目と社会人としてのキャリア形成に必要な学科専門科目をバランスよく配置したカリキュラム構成となっています。大学で学修するための基礎力を養成する少人数の「基礎力養成塾」と学科基礎科目を通じて学修の土台を固めることから始め、それぞれの知的関心と将来の志望を踏まえて、より専門性の高い科目群から異なる5つのコースからひとつコースを選択し、学科専門科目を学修していきます。

留学制度

■9の国・地域、16大学との提携校ネットワーク

北海道内の私立大学の国際教育における先駆者として、全学科の学生に開かれた大学の交換留学制度は、米国、カナダ、英国、スイス、スペイン、インドネシア、中国、韓国、台湾の16大学と提携しています。提携校からも毎年約60名の留学生が訪れ、これまでの交換留学生数は、約2,000名にものぼります。条件が整えば、1年間留学しても4年間で卒業することが可能で、留学及び帰国後の費用を補助する制度もあります。また、数日から4週間程度海外の現地で学ぶ海外事情や各学部の専門教育科目があり、年間100名以上の学生が履修して海外に渡航しています。

その他の特色

■専門課程に加え、さらなる学びへの意欲で知識の幅を広げることができます

副専攻制度とは自身の所属する学部学科専門課程に加え、学びの幅を広げることができるよう、下記の14種類より1つ以上の副専攻を履修することができる制度です。副専攻課程の履修を修了した者には、副専攻認定証書が授与されます。
(1)人間科学
(2)宗教と文化
(3)英語
(4)ドイツ語
(5)フランス語
(6)中国語
(7)韓国語
(8)英語・英米文学
(9)心理学
(10)経済学
(11)国際関係論
(12)経営情報学
(13)経済法学
(14)社会福祉学

就職状況

■就職率
97.1%(2018年3月卒業生実績/2018年5月1日現在)

■主な就職先(2016~2018年3月卒業生実績)
法務局(国家公務員)、北海道警察官、札幌市職員(行政コース・学校事務・消防吏員)、日本銀行、株式会社北洋銀行、株式会社北海道銀行、株式会社りそな銀行、北海道信用保証協会、SMBCフレンド証券株式会社、シュレン国分株式会社、ほくでんサービス株式会社、よつ葉乳業株式会社、ANA新千歳空港株式会社、札幌トヨタ自動車株式会社 ほか

 
インタビュー
木村 優太さん

在学生 木村 優太さん(経済法学科4年)

北星に進学したのは公務員への実績の高さ。国税専門官が私の夢です

北星の経済法学科へ進学したのは、高校の担任の先生から「公務員を多く輩出している」と勧められたからです。必修科目がなくカリキュラム選択の自由度が高い学科なので、自分の得意分野を積極的に履修して克服することもできます。また、学科の1年次を対象とした「基礎力養成塾」では、少人数のゼミ形式で様々な分野について入門的に学ぶことができました。1年次は経済と法をバランス良く履修していましたが、2年次からは経済にシフトしました。講義で特に印象に残っている「公共経済学」は、公共的な活動を経済学の面から分析するもので、公務員を目指す上でとても有用な講義でした。スライドを作成して発表とディスカッションを行う場面も多く、社会に出ても役立つと考えています。

長岡 咲希さん

卒業生 長岡 咲希さん(2017年度卒 りそな銀行 勤務)

学生時代の感謝の気持ちを銀行員としてお客様に還元したい

経済法学科を選んだのは、経済と法律の両方を学べることに魅力を感じたからです。1年次は経済と法律をバランス良く学びましたが、金融のゼミに入った2年次以降は8割が経済の科目になりました。ゼミに入った当初は、聞き慣れない金融の専門用語を覚えるので精一杯でしたが、内容が理解できるようになるとグンと面白さが増しました。りそな銀行にはカスタマーサービスフィールドとして採用され、札幌支店で勤務することになります。両親が金融機関に勤めていたこともあり、将来は自分も同じ業界で働きたいと思っていました。人と関わることが大好きなので、たくさんのお客様との出会いが今から楽しみです。

長野 哲郎さん

卒業生 長野 哲郎さん(2011年度卒 明治 北日本支社 札幌オフィス 勤務)

ラジオのプロモーションなどあらゆる提案でお客様に魅力を

入社以来6年間、主力商品の「明治エッセルスーパーカップ」をはじめとするアイスクリームと冷凍食品の営業をしています。北海道全域に広がるスーパーマーケットチェーンを担当し、売場に置く販売促進ツールを独自に製作するなど商品を知ってもらうための工夫もしています。北海道のFM局でのラジオプロモーション展開は、本社のマーケティング部に自分で提案して実現した企画です。いろいろなチャレンジができる環境にやりがいを感じています。在学中は、経済に軸足を置いて学びましたが、幅広く学んだ経済知識が仕事をする上で役立っています。また、ゼミやサークルを通して多くの人と関わる機会があったことで、営業職に必要なコミュニケーション力を養うことができました。

 
学べる学問
  • 経済学
  • 法学

 

資格

    ・小学校教諭免許状<国>(1種 ※条件付き)      ・中学校教諭免許状【社会】<国> (1種)
    ・高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種)

北星学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1

TEL.011-891-2731  (代表) 

ホームページ http://entry.hokusei.ac.jp/
ページの先頭へ

北星学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで北星学園大学の情報をチェック!