ほくせいがくえんだいがく

北星学園大学

(私立大学/北海道札幌市厚別区)

資料請求

願書請求

文学部 心理・応用コミュニケーション学科

学内の講義を実践する学外でのフィールド実習を通じ、より実践的なコミュニケーション能力を身につけます

  • ※2019年1月現在のものです。
心理・応用コミュニケーション学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
心理・応用コミュニケーション学科の特長
学部・学科・コースについて

■「心理学」に基づく科学的な人間理解と複雑な世界を読み解く複眼的な力
認知、音楽、学習、教育やスポーツなど、様々な心理学について学び、人の心の過程を科学的に理解します。また、複雑な世界を読み解くために必要な複眼的な力の養成を行います。

■コミュニケーションツールとしての外国語と日本語
外国語や日本語で意思を伝えられるよう「書く」「話す」訓練を徹底します。また、実用英語技能検定、TOEFL(R)、TOEIC(R)、日本漢字能力検定などの公的検定試験の成果に対して単位を認定し、語学力向上の自主的努力を支援しています。

■学問と現場の融合を目指した教育体制
キャンパス内での講義や演習に加えて、学外の様々な教育資源を活用した実習を多く取り入れており、実習を通じて社会が求める「自ら問題を見つけて行動する」力を養えるよう科目を配置しています。

■興味関心を追求するサポート体制
カリキュラムは、心理学的あるいは学際的・応用的にコミュニケーションと向き合える科目の中から自分の興味関心を追求できるようになっています。演習や実習、研究科目では、教員が一人ひとりを丁寧に指導し、日頃から学生の希望や悩みを聞き、充実した学生生活が送れるようサポートしています。心理学に興味・関心を持っている人、社会の仕組みや実態を知りたい人、言葉で世界を広げたい人、自らの頭で考え行動し自分を表現したい人、人と人との壁を崩し活きたコミュニケーションを実践したい人など、意欲と行動力に溢れ、自分の可能性を試したい人の期待に十分応えられるものになっています。

■専門カリキュラム
学問と現場の融合を目指した教育を実現するため、講義科目に加えて現場で学ぶ実習を数多く取り入れています。また、専門演習(ゼミ)など少人数教育を通した教育を展開しています。2019年度からはより専門的な知識の獲得のために、「人間科学コース」と「地域・国際コース」を配置します。

留学制度

■9の国・地域、16大学との提携校ネットワーク

北海道内の私立大学の国際教育における先駆者として、全学科の学生に開かれた大学の交換留学制度は、米国、カナダ、英国、スイス、スペイン、インドネシア、中国、韓国、台湾の16大学と提携しています。提携校からも毎年約60名の留学生が訪れ、これまでの交換留学生数は、約2,000名にものぼります。条件が整えば、1年間留学しても4年間で卒業することが可能で、留学及び帰国後の費用を補助する制度もあります。また、数日から4週間程度海外の現地で学ぶ海外事情や各学部の専門教育科目があり、年間100名以上の学生が履修して海外に渡航しています。

その他の特色

■専門課程に加え、さらなる学びへの意欲で知識の幅を広げることができます

副専攻制度とは自身の所属する学部学科専門課程に加え、学びの幅を広げることができるよう、下記の14種類より1つ以上の副専攻を履修することができる制度です。副専攻課程の履修を修了した者には、副専攻認定証書が授与されます。
(1)人間科学
(2)宗教と文化
(3)英語
(4)ドイツ語
(5)フランス語
(6)中国語
(7)韓国語
(8)英語・英米文学
(9)心理学
(10)経済学
(11)国際関係論
(12)経営情報学
(13)経済法学
(14)社会福祉学

就職状況

■就職率
97.3%(2018年3月卒業生実績/2018年5月1日現在)

■主な就職先(2016~2018年3月卒業生実績)
北海道放送株式会社、株式会社リクルート北海道じゃらん、株式会社北海道アルバイト情報社、株式会社マイナビ、北海道森永乳業販売株式会社、株式会社北海道銀行、全日本空輸株式会社、北海道旅客鉄道株式会社、公益財団法人 さっぽろ青少年女性活動協会、北海道内各市町村職員 ほか

 
インタビュー
小林 裕季さん

在学生 小林 裕季さん(心理・応用コミュニケーション学科 4年)

人と関わり方を学ぶと世界がどんどん広がります

高校時代にバスケット部のキャプテンを務めていた時、部員にうまく指示を出せない時期がありました。人と話すことを苦手だと感じていた自分に気付き、心理学に興味を持ちました。教育学にも関心があったので、両方を学べる心理・応用コミュニケーション学科に進学を決めました。学科の専門科目では、「教育心理学」や「学校心理学」など教育に関する講義は特に面白かったです。また、2年次に履修した「フィード実習」はとても印象に残っています。夏休みを利用して児童会館へ実習に行きました。学科での学びを活かして子どもたちとの距離をすぐに縮めることができました。今ではコミュ二ケーションに楽しさを感じるまでになり、とても自分の成長を感じることができた実習となりました。

佐藤 諒さん

卒業生 佐藤 諒さん(2017年度卒 ニトリ 勤務)

フィールドでの体験を通して学んだ、実践力と行動力を活かしたい

大学時代で最も印象深い取り組みが、所属ゼミで卒業研究として発表した「チャレンジ合宿」です。キャンパス内にある学生交流会館で、近隣の小学校から高学年の児童を集めて1週間の共同生活を行います。参加した小学生たちは、協力して身のまわりのことをする中で、自身はもちろん他の子のことも考えて行動するようになります。短期間で目に見えて成長する子どもたちを目のあたりにしたのは貴重な経験でした。就職活動は、アルバイトの経験から、ものづくりや住環境に関する企業を中心に行いました。内定をいただいたニトリは、インターンシップで訪問した企業の一つでした。小売業ですが業種の幅は広く、世界へとフィールドを広げている企業に勤められることに魅力と楽しみを感じています。

岩田 沙貴さん

卒業生 岩田 沙貴さん(2010年度卒 北海道コカ・コーラボトリング 勤務)

営業の本場で、女性ならではの目線に立った新しい提案を

「コカ・コーラ」といえば誰もが知っている存在です。自分の身近にあって好きなものであれば、自信を持って勧めることができると考え、この会社の営業職を志望しました。現在はドラッグストアを中心とした企業のバイヤーを相手に商談をしています。なんとなく心理学に興味があったという理由で選んだ学科でしたが、他大学はもちろん北星の他学科にもないユニークな学びの数々は、営業という仕事をする中で大きく影響しています。現場で役立つ実践的な心理学も学ぶことができました。社内でも女性だけのプロジェクトが進行中で、近々そのリーダーを任される予定です。営業職にも女性が増えてきているので、今後は後輩の育成にも携わっていければと考えています。

 
学べる学問
  • 心理学
  • コミュニケーション学

 

資格

    ・小学校教諭免許状<国>(1種 ※条件付き)           ・中学校教諭免許状【社会】<国> (1種)
    ・高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種)

北星学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1

TEL.011-891-2731  (代表) 

ホームページ http://entry.hokusei.ac.jp/
ページの先頭へ

北星学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで北星学園大学の情報をチェック!