ほくせいがくえんだいがく

北星学園大学

(私立大学/北海道札幌市厚別区)

資料請求

経済学部 経済学科

経済・社会への確かな見識とグローバルな感覚を養い、社会の変化に対応して活躍できるジェネラリストを育てます

  • ※2019年7月現在のものです。
経済学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
経済学科の特長
学部・学科・コースについて

■学科の特色

◯体系的かつ幅広い1カリキュラムを柔軟に履修することができます。
体系的に順序立て、興味関心に応じて経済学的思考を身につけていくために、経済系の2つの「コース科目」を用意し、それぞれの入り口となる科目を「入門科目」に置いています。2つのコースを柔軟に組み合わせることで、多面的に経済にアプローチでき、無理なく学ぶことができます。

◯活かせる国際性をそなえたグローバル人材を育てます。
グローバル社会・国際関係について体系的に学ぶ「グローバル社会コース」は、真のグローバル人材の輩出を目指しており、経済系コースと組み合わせて、「活かせる国際性」を深めることができます。また、海外での研修の機会や「海外インターンシップ」を認定科目として設けています。

◯特色ある科目で基礎学力養成やアクティブ・ラーニングを推進します。
「新聞活用」は、新聞閲読を踏まえたディスカッションなどにより、時事問題への関心とメディア・リテラシーを涵養します。また2年次より3年間の必修であるゼミ(演習)における少人数教育は、専門的知識を掘り下げるのみならず、読解・プレゼンテーション・議論の力を養う機会ともなっています。

◯人文・社会、そして環境や文化。幅広い知的関心に応えます。
歴史、地理、哲学・思想、会計、政治、法学といった人文・社会の多様な分野の科目が「総合科目」に用意されており、「社会経済コース」や「グローバル社会コース」での学びと関連しています。また、経済学科は、中学社会、高校地歴、高校公民のすべての教員免許の取得に対応しています。

留学制度

■9の国・地域、16大学との提携校ネットワーク

北海道内の私立大学の国際教育における先駆者として、全学科の学生に開かれた大学の交換留学制度は、米国、カナダ、英国、スイス、スペイン、インドネシア、中国、韓国、台湾の16大学と提携しています。提携校からも毎年約60名の留学生が訪れ、これまでの交換留学生数は、約2,000名にものぼります。条件が整えば、1年間留学しても4年間で卒業することが可能で、留学及び帰国後の費用を補助する制度もあります。また、数日から4週間程度海外の現地で学ぶ海外事情や各学部の専門教育科目があり、年間100名以上の学生が履修して海外に渡航しています。

その他の特色

■専門課程に加え、さらなる学びへの意欲で知識の幅を広げることができます

副専攻制度とは自身の所属する学部学科専門課程に加え、学びの幅を広げることができるよう、下記の14種類より1つ以上の副専攻を履修することができる制度です。副専攻課程の履修を修了した者には、副専攻認定証書が授与されます。
(1)人間科学
(2)キリスト教学
(3)英語
(4)ドイツ語
(5)フランス語
(6)中国語
(7)韓国語
(8)英語・英米文学
(9)心理学
(10)経済学
(11)国際関係論
(12)経営情報学
(13)経済法学
(14)社会福祉学

就職状況

■高い就職率を誇り、各業界からも高評価を得ています

◯就職率
98.6%(2019年3月卒業生実績/2019年5月1日現在)

◯主な就職先(2017~2019年3月卒業生実績)
株式会社北洋銀行、株式会社北海道銀行、北海道信用金庫、ホクレン農業協同組合連合会、北海道コカ・コーラボトリング株式会社、株式会社セブンーイレブン・ジャパン、イオン北海道株式会社、株式会社エイチ・アイ・エス、株式会社北海道新聞社、株式会社マイナビ、日本郵便株式会社、北海道都市職員共済組合 ほか

 
インタビュー
和田 梨々花さん

在学生 和田 梨々花さん(経済学科4年)

北星が開いてくれた国際社会へのまなざし

私が経済学科を選んだ理由は、日本の経済についてしっかりと学びたかったからです。国際社会に強く興味を持つようになったきっかけは、自分たちで企画を考え、運営する海外事情の授業です。オーストラリアのブリスベンで企業人交流会と企業訪問を企画し、現地の方への説明や参加呼びかけも全て英語で行いました。的確な英語表現と情熱を持って伝えることが大切だと実感し、「コミュニケーションで一番大事なことは聞くこと」と教わったときは、自分から話すことが重要だと思っていた私にとって目が覚めるような思いでした。今は、北星で学ぶこと全てが楽しくて、自分の目がどんどん世界に開かれていく思いです。

金井 隆真さん

卒業生 金井 隆真さん(経済学科2018年度卒 株式会社北海道銀行 勤務)

生まれ育った北海道を経済の力で元気にしたい

経済学科で印象に残っている授業は、「北海道経済論」です。北海道日本ハムファイターズの球場移転や北海道新幹線の開通など、具体的かつ身近なニュースを引き合いに出しながら、それらが地域経済についてどう影響を及ぼすのか理解を深めていく授業が、とても面白かったです。長期の休みに北海道内各地を巡り、北海道の魅力に気づくと同時に、2017年に北海道を襲った未曾有の台風の被害を目の当たりにし、自分が生まれ育った北海道に地域経済を支える金融業を通して貢献したいと思うようになりました。今後どこに配属されても担当企業のお役に立ち、「あなたが担当者でよかった」と言っていただけるような銀行マンを目指します。

大前 有加さん

卒業生 大前 有加さん(経済学科2012年度卒 北海道職員)

国や地域との交流に通じ北海道と世界を繋ぐ架け橋に

北星で経験したイギリス留学で、生まれ育った北海道の魅力をあらためて認識し、地元に貢献する仕事がしたい、と考え北海道職員を志望しました。入職後は日高振興局でケースワーカーを担当した後、様似町に派遣され、アポイ岳ジオパークをユネスコ世界ジオパークに認定登録するための活動に携わりました。申請書類の作成や、国際会議への参加など、英語が必要な場面が多く、学生時代に培った語学力を活かすことができました。北星では、経済を切り口に海外のことを知りたいと思い、国際経済を中心に履修しました。幅広い視点を持って多くの業務を経験し、北海道と世界の繋がりを広げる役割に挑戦したいと思います。

 
学べる学問
  • 経済学

 

資格

    ・小学校教諭免許状<国>(一種 ※条件付き)              ・中学校教諭免許状【社会】<国> (一種)
    ・高等学校教諭免許状【地理歴史】<国> (一種)             ・高等学校教諭免許状【公民】<国> (一種)

北星学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒004-8631 北海道札幌市厚別区大谷地西2-3-1

TEL.011-891-2731  (代表) 

ホームページ https://entry.hokusei.ac.jp/
ページの先頭へ

北星学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※Web出願のため、願書の送付はございません。

-

●入学案内
※Web出願のため、願書の送付はございません。

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで北星学園大学の情報をチェック!