武蔵大学 | 学部・学科・コース詳細(人文学部) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
人文学部

それぞれの地域の文化と言語を学び、
複眼的視野と世界に羽ばたく力を磨く

  • ※2021年4月入学者対象のものです。
人文学部
この学部・学科の資料をもらう
 
人文学部の学科・コース・専攻一覧
英語英米文化学科
ヨーロッパ文化学科
日本・東アジア文化学科
 
人文学部の特長
カリキュラム

■英語英米文化学科
4技能の向上を目的とした英語クラス、英語によるプレゼンテーションの基礎を学ぶ授業、テーマ別の実習クラスなど系統的かつ多様なカリキュラムを通して、実践的な英語運用能力を身につけます。また、英米をはじめ、英語圏の文化や歴史を幅広く学び、グローバル社会におけるコミュニケーションの質を高めていきます。
【コース】言語・言語教育コース、文学・芸術コース、歴史・社会・文化コース、グローバル・スタディーズコース(英語プログラム)

■ヨーロッパ文化学科
フランスやドイツを中心に、広くヨーロッパ世界の文化と現象を、近年の動向も視野に入れながら学びます。言語と文学、芸術と生活、歴史と思想、環境と社会といった研究領域が設定されています。ドイツ語もしくはフランス語を第一外国語とし、語学力の向上を図るとともに、現地実習や留学を生かして国際人となる素養を磨きます。
【コース】言語と文学コース、芸術と生活コース、歴史と思想コース、環境と社会コース、グローバル・スタディーズコース(ドイツ語プログラム、フランス語プログラム、英語プログラム)

■日本・東アジア文化学科
日本文化および東アジア諸国の文化を歴史や思想、芸術、文学などさまざまな分野から多角的に学びます。<ことば・文学・思想><芸術・身体・環境><歴史・民俗・宗教>の3分野に、方法論と地域研究を組み合わせた授業とゼミで深く追究。東アジアへの留学も推奨しています。
【コース】日本文化コース、東アジア文化コース、比較・交流文化コース、グローバル・スタディーズコース(中国語プログラム、韓国・朝鮮語プログラム、英語プログラム)

独自の教育体制

■1年次から4年間、全員がゼミで学ぶ
指導教授の親身な指導のもと、少人数教育によって問題解決や思考力・判断力をゼミで高めます。1年次には「基礎ゼミ」で文化研究の基礎を学びます。2年次からは「専門ゼミ」が始まり、自分が最も興味を持つ領域やテーマを探します。3年次の「卒業論文準備ゼミナール」を経て、自ら選んだ研究テーマを4年次の「卒業論文」に結実させます。

■グローバル教育に特化したグローバル・スタディーズコース(GSC)
国や地域を越えた地球規模の問題に取り組むためには、高度な語学力と異文化理解力がかかせません。GSCは、こうした力を集中的に特訓して養う、真のグローバル人材育成を目的とした少人数制コースです。プログラムは、人文学部の全学生が参加できる「英語プログラム」をはじめ、「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国・朝鮮語」の5つ。「英語プログラム」では、国家の枠組みを超えた問題や文化現象など、さまざまなテーマを全て英語で学ぶことによって、英語で考え論じる力を養います。1年次は8~10週間の短期留学を必修とし、3年次は半年~1年間の留学を推奨しています。授業外の個別指導「コーチング」もあります。

■地域文化の諸相を専門的かつ横断的に学ぶ
言語・文学・歴史・民俗・思想・芸術・社会など、多様な分野の幅広い学びを通じて、異文化に対する理解力・共感力・連帯力を身につけます。

その他の特色

■給付型奨学金が充実の留学制度
アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ドイツ、フランス、オランダ、韓国、中国、台湾、フィリピン、シンガポールに協定校があり、「協定留学」は条件が整えば留学期間を含めた4年間で卒業が可能。このほか、語学の短期集中授業「外国語現地実習」や、学生自らがテーマと研修先を選び調査を行う「学生海外研修」を設けています。このほか、オーストラリア、アメリカ、ベトナム、カンボジア、マレーシアのいずれかで4週間の就業体験を積む「グローバル・インターンシッププログラム」など、国際交流の場を数多く設けています。

卒業後の進路

■英語英米文化学科
<民間企業の海外取引部門などで語学力を生かす>
英語力やゼミで養ったコミュニケーション能力を生かして、教育や観光、旅行業、外資系企業をはじめ、企業の海外取引や国際流通部門、情報サービス部門など、さまざまな活躍の場が期待されます。

■ヨーロッパ文化学科
<一般企業はもちろん、語学力を生かした活躍も可能>
卒業生の多くは一般企業に就職。習得したヨーロッパ地域の言語や文化に対する知識を生かし、出版や教育、アート、メディアなど多彩な領域において国際社会での活躍が期待されます。

■日本・東アジア文化学科
<日本と密接なかかわりのある中国や韓国で活躍する人も多数>
日本と東アジアの文化についての知識や洞察力、中国語や韓国語などの外国語を身につけることによって、日本語教員、美術館や博物館の学芸員などの専門職のほか、国語や社会の教員、一般企業の海外支社などでの活躍が期待されます。

取得資格

■英語英米文化学科
中学校教諭1種免許状(英語)、高等学校教諭1種免許状(英語)、学芸員、日本語教員

■ヨーロッパ文化学科
中学校教諭1種免許状(英語・独語・仏語・社会)、高等学校教諭1種免許状(英語・独語・仏語・地理歴史)、学芸員、日本語教員

■日本・東アジア文化学科
中学校教諭1種免許状(国語・社会)、高等学校教諭1種免許状(国語・地理歴史、公民)、学芸員、日本語教員

就職指導

■1年生からはじまる独自のキャリアサポート
キャリア支援センターには経験豊富な相談員が10名以上常駐し、就職活動が本格化する前に3年生全員と個別面談を実施。学生の希望に適したアドバイスをします。このほか、社会で活躍する卒業生による実践的な就職支援プログラム「武蔵しごと塾」や、内定を得た4年生が相談に応じる「就活サポーター」など、少人数教育の利点を生かした多面的な支援を行っています。

 
インタビュー

卒業生
(英語英米文化学科 英米・英語圏文化コース(旧) 2019年3月卒業)

学問的に読む手法を学び、人間的にも成長

1年次の先生との出会いが、4年間の学びを決定しました。きっかけは入学時の課題で、当時は難解に思えた『グレート・ギャツビー』です。3年次にその先生のもとで改めて専門的に研究。先生からのヒント、ほかのゼミ生との議論、映画鑑賞などから、多角的な視点でとらえることができるようになりました。4年次の卒業論文も同作品を選択。ゼミで多様な見方を身につけたおかげで、日常的な考え方の幅も広がったと感じています。

卒業生
(ヨーロッパ文化学科 広域ヨーロッパ文化コース(旧) 2019年3月卒業)

学術的な分析手法を学び、ディズニーを卒業論文に

3年次後期の卒論準備ゼミで幼少の頃から心惹かれていたヨーロッパの城と、城を舞台とした11人のディズニープリンセスの物語を卒業論文にすると決めました。やりたいことが早めに見つかっていたので作品とじっくり向き合う時間がとれ、その結果、卒業論文では「真実の愛」について自分なりに納得のいく答えが出せました。完成した論文は「若々しい感覚がきらりと光る、秀逸な論文ですね」と、先生からも高い評価をいただきました。

卒業生
(日本・東アジア文化学科 東アジア文化コース(旧) 2019年3月卒業)

複数のゼミで学び、多角的視野を研究に生かす

卒業論文のテーマは「台湾の親日―韓国の反日感情と比較する―」です。4年間で選択した16のゼミで得た知識を使い、多面的なアプローチを試みました。当初は小説や手記を中心にした比較を検討していたのですが、ほかのゼミ生から文章だけで感情の比較は難しくないかなど、意見をもらい、参考にしながら加筆修正。教員志望だったので、こうしたゼミの進め方そのものも、将来につながる貴重な経験になりました。

 
学べる学問
  • 国際関係学
  • 日本文学
  • 外国文学
  • 外国語学
  • 言語学
  • 歴史学
  • 文化人類学

 

目指せる職業
  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • 日本語教師
  • 外資系企業スタッフ
  • 一般事務
  • 秘書
  • キャビンアテンダント
  • 営業
  • 留学
  • 学芸員(博物館)

武蔵大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1

TEL.03-5984-3715  (入試課)  FAX.03-5984-3874 

ホームページ https://nyushi.musashi.ac.jp/
ページの先頭へ

武蔵大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※2021年度版大学案内(予約受付中)。送料とも無料。

-

●入学案内
※2021年度版大学案内(予約受付中)。送料とも無料。

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで武蔵大学の情報をチェック!