秋田栄養短期大学 | 学部・学科・コース詳細(栄養学科) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
栄養学科

全教員で行うキャリア支援で進路決定率100%(2020年3月卒業生実績)
食をとおして健康を考える人間性豊かなプロの栄養士を養成。

  • ※2022年4月入学者対象のものです。
栄養学科
 
 
栄養学科の特長
資格取得指導

■全国栄養士養成施設協会認定 栄養士実力認定試験
この試験は、栄養士の資質の向上を図る目的で実施される全国統一実力試験です。成績レベルに応じてA・B・Cの実力評価が認定され、協会から認定証が授与されます。2年生の12月に受験しますが、本学では、課外に受験生のための対策講座を開講して支援しています。
■管理栄養士国家試験受験実力養成講座
現在まで250人以上の卒業生が管理栄養士国家試験に合格しています。(2020年3月卒業生までの累計実績)
短大を卒業した後に、仕事をしながら独学で勉強して国家試験を突破するのは非常に困難が伴います。こうした背景から、管理栄養士資格取得を目指す卒業生を支援する卒後教育事業として実施しています。
全国の短大栄養士養成課程卒業生の平均合格率が10%といわれる狭き門の突破をめざし、真剣に取り組んでいます。

カリキュラム

■多彩な実験・実習・演習
栄養士として経験が必要な実験・実習・演習を豊富にカリキュラムに取り入れており、魅力的な各授業を通じて高度な技能を体得できます。
■校外実習の充実
給食運営の技能をより確実にするため、2年次の夏休みを利用して校外の給食施設で実習を行います。知識の確認とともに、より実践的な技能を磨くことができます。
■特色ある基礎演習・ゼミナール
「基礎演習」と「ゼミナール」は必修科目。きめ細かい少人数制のもと、自ら課題を発見・解決する能力を身に付けます。
■情報処理能力の向上
現場の栄養士業務で求められる、パソコンを用いた栄養価計算や給食運営実務ソフトの活用法、データの統計解析手法などを習得します。

就職指導

■キャリア教育カリキュラムの充実
入学した直後からキャリアデザインを描いていく講義が始まります。キャリアデザインとは、どんな生き方をしたいのか、自分自身で人生を描き、プロデュースしていくことです。
「なりたい自分」になるためには、1年次からキャリアデザインを意識した取り組みが大切です。ぜひ、講義を通して自分を見つめ、社会が求めていることや流れを知り、自分に合った進路選択をしていきましょう。
■キャリアセンターを中心とした全教員挙げての支援体制
キャリアセンターでは、皆さんの学生生活を通じたキャリア形成と進路選択がスムーズに進むように、環境の整備やサポート体制を充実させ、入学直後からすぐに利用できる環境を整備しております。また、キャリア支援の運営委員、対策委員の教員、ゼミナール担当教員とキャリアセンターが情報を共有して、一人ひとりにあったキャリア支援を実現しています。

施設・設備

■調理室
「調理実習」で使用される教室です。食品の取り扱いや調理方法などの実習を行います。
■給食実習室
「給食運営実習」で使用される教室です。
学生が献立の作成から給食調理まで行います。週2回、学生や教職員にランチとして低価格で提供しています。
■食品学系実験室
「食品学実験」で使用される教室です。食品の品質や加工について勉強します。
■コンピュータ室
栄養士もパソコンは必須です。2教室に120台のパソコンが設置されており、基本的な操作の授業を行います。
■附属図書館
蔵書数は約19万8千冊です。他大学図書館との相互協力や文献複写、利用指導等のレファレンスサービスも行っております。

 
インタビュー
R・Sさん

卒業生
R・Sさん(富士産業(株)東北事業部、2020年3月卒業生)

喫食者の気持ちに寄り添っていける栄養士に

学生時代、保育園での給食運営校外実習で、園児の一人に「今までのおやつの中で一番おいしかった。ありがとう」と言ってもらったことがとても思い出に残っています。将来は、「一番の楽しみが食事」と言ってもらえるような栄養士になるため、調理技術や知識をより確かなものにして、喫食者の気持ちに寄り添っていける栄養士になりたいです。

I・Fさん

卒業生
I・Fさん(日清医療食品(株) 北東北支店、2020年3月卒業生)

現場で体験できたことは、自分の成長に役立ちます

学生時代の一番の思い出は給食運営校外実習です。校外での実習は実際の現場で行うため、周囲の皆さんとのコミュニケーションなど、学内実習とは違った点で学ぶことがとても多かったです。喫食者の皆さんにとって食事が「楽しい時間」になるよう、献立や食事をつくれるような栄養士になるため、これまで体験してきたことを自分の力にしていきたいです。

Y・Fさん

卒業生
Y・Fさん(社会福祉法人雄勝なごみ会、2020年3月卒業生)

調理だけでなく、身体や心のケアもサポートしたい

学生時代、秋田県知事と地域福祉に関する意見交換会に参加したことがとても印象に残っています。将来は、利用者一人一人に思いやりをもってふれあうだけでなく、ご家族と真摯に向き合い、ひいては地域の皆さんから信頼されるような栄養士を目指したいです。

 
学べる学問
  • 栄養・食物学

 

目指せる職業
  • 栄養士

資格
  • 栄養士

秋田栄養短期大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒010-8515 秋田県秋田市下北手桜守沢46-1

TEL.018-836-1342 

ホームページ https://www.akita-eiyo.ac.jp
E-mail nyushi@nau.ac.jp
ページの先頭へ

秋田栄養短期大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで秋田栄養短期大学の情報をチェック!