とうほうがくえんげいじゅつ

桐朋学園芸術短期大学

(私立短期大学/東京都調布市)

資料請求

願書請求

芸術科 音楽専攻

豊かな感性と知識を備えた音楽家を目指す。

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
音楽専攻
この学部・学科の資料をもらう
 
 
音楽専攻の特長
カリキュラム

■ピアノ専修
楽譜を正しく深く読み、豊かな表現力と確かな説得力のある演奏を目指します。また、ソロに加え伴奏や室内楽も重視し、アンサンブル能力を高めます。

■声楽専修
イタリア歌曲を通して発声の基本を学び、段階的にいろいろな言語の歌曲やオペラ・アリアを学んでいきます。「声楽アンサンブル」では、日本人作曲家による混声合唱曲を取り上げ、日本語の美しさとハーモニーの関係を追究します。

■管弦専修(管楽器)
ソロ・レパートリーの音楽的理解、演奏技術の向上に加えて、室内楽でのテクニックやスキルの修得も重視しています。木管五重奏までのアンサンブルや、ピアノや弦楽器等との合奏技術の向上を目指していきます。(本学で学べる管楽器は、フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット・サクソフォン・トランペット・トロンボーン・テューバ・ホルン)

■管弦専修(弦楽器)
ソロでの演奏技術の向上に加えて、室内楽やオーケストラ作品を演奏するためのテクニックおよびアンサンブルのスキルも修得します。オーケストラでは、定期演奏会に向けて完成度を高めていきます。(本学で学べる弦楽器は、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス)

■管弦専修(ギター)
独奏楽器であるギターの技術の習得の過程でアンサンブルの経験や技術を磨く機会を得ることは貴重です。さまざまな様式のアンサンブルに慣れ親しんでいき、ギターという楽器の独自の表現力を身につけていきます。

■日本音楽専修
専門に学んでいる楽器の古典作品を習得し、楽器の本質・特長を知ると同時に、現代に書かれた多様な作品を習得します。各楽器の幅広い可能性を追求して、レベルの高いアンサンブルを目指します。楽器の発展の歴史についての知識も深めていきます。(本学で学べる日本楽器は、箏[二十五絃箏・十七絃も含む]・三味線・琵琶・尺八・笛・囃子)

■専攻科音楽専攻<2年間>
芸術科の教育課程を発展させ、関連科目を充実させるとともに実技の研鑽を通じ、より広く深く音楽を学べる2年間です。徹底した個人レッスンをはじめ、アンサンブル、室内楽、歌曲研究、音楽療法など、専門分野の能力を深める科目が揃っています。

卒業後の進路

卒業生の約半数が専攻科への進学、桐朋学園大学音楽学部をはじめとする大学への編入、海外留学など、音楽の学びを継続しています。演奏活動や音楽教師・講師としての道を選択する卒業生も多く、また、在学中に身につけた専門能力と豊かな感性を活かし、その他の分野で幅広く活躍する卒業生も増えてきました。

独自の学習システム

■音楽ビジネスで役立つ知識も習得
演奏会や音楽イベントの企画立案をはじめ、教育現場での音楽鑑賞教室や福祉施設等、音楽ホール以外でのコンサート(アウトリーチ)の制作法を学び、音楽界を支える人材育成にも力を入れています。

■徹底しておこなわれる、桐朋ならではの個人レッスン
実技指導は個人レッスンが中心。一人ひとりを丁寧に指導し、可能性を見いだしていきます。「主科実技」と「副科実技」からなり、副科実技では主科実技以外の専修、または同じ専修の他楽器を学ぶことができます。副科実技を主科実技に準じたレベルで学びたい場合は、「第二実技」としてレッスン時間を増やすことも可能です。

■コミュニケーション力を高める多彩なアンサンブル
音楽を表現する上で、「他と合わせる能力」「音楽を通じて会話する能力」を大切にしています。室内楽をはじめとして、アンサンブルの形は、西洋と東洋の音楽であり、クラシックとポップスであり、音楽と演劇であり、小さなキャンパスに閉じこめきれない大きな音楽の出会いがあります。

講師

本学では特色ある授業・魅力あふれる指導陣が自慢です。入学した学生に、本学に入ってびっくりしたこと・嬉しかったことを質問すると、上位の回答にあがるのはダントツで「アットホーム」さ。特に実技関連の担当指導教員は、学生の顔と名前が一致するほどで、プロの指導陣から直接指導を受けられると、好評をいただいてます。

海外研修制度

毎年9月上旬に2週間ほど希望者を対象に実施しています。これまでに、ドイツ、ハンガリー、ポーランド、イギリス、アメリカの音楽大学で研修を行っています。現役の教授陣によるレッスンを受けられるほか、コンサートやオペラ鑑賞、音楽家ゆかりの地を訪ねるなど、教室だけでは得られない音楽経験を深めることができます。海外研修をきっかけに、卒業後、留学して研鑽をつむ学生も増えています。

その他の特色

■教職課程
中学校教諭二種免許状(音楽)を取得することができます。そのためには教職に関する科目をさらに学ぶ必要がありますが、毎年3~4割の学生が教員免許を取得しています。

■研究生制度
音楽専攻では、専攻科を終えて、さらに研鑽を深めたいと希望する学生(または卒業生)のために研究生制度を設けています。
音楽専攻卒業生による「桐の音」という同窓会組織があり、卒業生が開催する演奏会、勉強会をはじめ有益な情報を随時発信しています。

■経済的な負担も軽減
芸術科で2年学び、さらに専攻科で2年学ぶ学生も多い本学。4年間学んでも学費を530万円台で抑えられるのも魅力です。経済的な負担を軽減でき、安心して音楽に専心できます。

 
学べる学問
  • 音楽

 

目指せる職業
  • ミュージシャン
  • ボーカリスト
  • ピアニスト
  • ギタリスト
  • 音楽教師
  • 楽器インストラクター
  • 中学校教諭

資格
  • 中学校音楽教員資格

桐朋学園芸術短期大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒182-8510 東京都調布市若葉町1-41-1  03-3300-2111(学園代表)

TEL.03-3300-4252  FAX.03-3300-4253 

ホームページ http://www.toho.ac.jp/college/
ページの先頭へ

桐朋学園芸術短期大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで桐朋学園芸術短期大学の情報をチェック!