ひがしおおさかだいがく

東大阪大学

(私立大学/大阪府東大阪市)

資料請求

願書請求

こども学部 こども学科

日本初の「こども学部」設置校で
子どもを総合的にとらえる「こども学」を学ぶ。

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
こども学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
こども学科の特長
取得資格

■取得可能な免許・資格
・小学校教諭一種免許状〈国〉
・幼稚園教諭一種免許状〈国〉
・保育士証〈国〉
・認定ベビーシッター資格
・社会福祉主事任用資格
・児童指導員任用資格

カリキュラム

■既成の学問枠を越え、あらゆる問題を子どもの視点で考える
核家族化や女性の社会進出が進む現在、子どもをとりまく環境は大きく変化しています。
全国で初めて開学した本学の「こども学部こども学科」では、こうした子どもをとりまく問題を大人の視点からのみ捉えるのではなく、子どもの視点にも立って考える学問に取り組みます。
幼児教育学や児童心理学など、これまで複数の領域に細分化されていた子どもに関する学問を「こども学」としてトータルに学習。幅広い見識と奥行きのある専門知識を備えた“子どもに関するスペシャリスト”を育成します。

■“子どもがテーマ”の新しい科目構成、実践的な授業も充実
カリキュラムは、子どもをテーマに据えた新鮮味のある科目構成で、3・4年次からは実際に子どもを観察し、子どもと関わる実践授業に取り組みます。
専門科目では「こどもと表現」や「児童文化研究」「子育て実践観察研究」など、他では学べない特長ある科目を開講。また、教育的観点以外に医学・健康・心理・福祉・家政・文化・遊びなど各分野の科目も充実しており、既成の枠を越えた幅広い教養と知識を修得します。

卒業後の進路

■想定される進路
幼稚園教諭、小学校教諭、保育士、福祉施設、社会福祉主事、一般企業など

施設・設備

■子育てを実践的に学べる「こども研究センター」
子育て支援室や保育観察室などを完備した「こども研究センター」は、実際の子育ての場として地域社会に開放。同時に、子どものことを研究する拠点として、観察、調査、演習や実習に活用しながら実践的に学ぶことができるので、子どもに関する生きた知識・情報を習得することができます。

■学生寮「桃風寮(とうふうりょう)」
「桃風寮」 は、キャンパス内に併設している女子専用の学生寮です。 親元を離れて暮らす女子学生が利用しています。
●通学時間は0分!
学生寮「桃風寮」はキャンパス内にありますので、毎日の通学時間は0分。寮生活のメリットは、何と言っても生活費の安さにあります。 朝・夕食付きですので、長い学生生活で不規則になりがちな食事面も安心です。
●“安心”もひとつの学ぶための環境!
キャンパス内の守衛室には警備員が常駐し、24時間体制で巡回を行っています。また、学生寮「桃風寮」への出入りには指紋認証式のオートロックを採用しており、寮内・外の防犯・防災対策は万全です。さらに、寮職員が館内で24時間寮生たちを見守っていますので、生活上の相談もしやすく安心です。

就職指導

■一人ひとりの希望に沿って多様な進路・就職を応援
就職指導は、ただ就職すればいいというのではなく、自分らしく輝ける場所、自分の能力を最も発揮できる場所へ進めるようにバックアップしています。自分の専門性を生かせる道に多くの学生が進んでいるのもそのため。また、就職だけではなく、大学編入や専門学校進学などの進学もサポートしています。

■キャリアサポートセンター
担当教職員7名、担当教員数名の充実したサポート体制をもつキャリアサポートセンターは、進路に関する豊富な情報を提供します。企業年鑑をはじめ就職先に関するさまざまな資料、過去の就職試験や面接等のデータを豊富に収集、蓄積整理しており、必要な情報がすぐに引き出せます。学生専用のパソコンも備え、自由に利用してインターネットによる情報収集ができます。もちろん、他大学への編入学や専門学校等への進学に向けての情報も提示しています。

奨学金制度

■意欲ある学生をバックアップ
本学独自の「修学支援奨学金」「学業優秀者奨学金」「私費外国人留学生学費減免制度」があります。その他、日本学生支援機構、各都道府県や民間団体など、さまざまな奨学金制度を取り扱っています。

国際交流

■国際交流を通じて豊かな人材を育む
国際交流センター・異文化交流室では、海外の大学・研究機関との教員及び研究者の交流・共同研究を促進するため、国際学術講演会・シンポジウムの開催など、積極的な海外交流活動を行っています。また、海外の留学生を受け入れ、本学学生の海外留学・海外研修をサポート。海外大学との出版物・資料・文献の交換にも努めています。

 
インタビュー
三宅 亮 さん

卒業生 三宅 亮 さん(会社員)

子どもが身近にいる環境で学んだ濃密な4年間でした。

「こども学部」という名称と存在に惹かれて東大阪大学への入学を決めました。「子どもの目線から学ぶ、考える」という姿勢は他の大学にはないものでした。子どもの目線や考えと言っても、それらは、とても一言で語りきれるものではなくて、私たち学生では想像も及ばない深いものがあります。いつしか私は、子どもの心の柔らかさや奥深さというのは決して子どもだけに限定されたものではなく、大人も含めたすべての人が共通して持ち得ているものと考えるようになりました。子どもをきっかけに社会や世界を見つめるといった本学の理念にふれた想いがしました。私がこのような気づきを得たのも、こども研究センターや隣接する附属幼稚園といった、子どもが日常的に存在する環境で学んだということが少なからず影響していると感じています。この環境で学んで得た経験は就職先でも必ず生かすことができると確信しています。

宇津 友里加 さん

卒業生 宇津 友里加 さん(保育士)

幼い頃から夢見た仕事に就いて今は毎日を楽しみながら奮闘中。

幼い頃に妹が通っていた保育園の先生に憧れ、将来は保育士になると決めていました。なので、高校からこども学コースがある附属校に進学して大学で資格を取得し、この春ようやく夢が叶って保育士として働き始めました。現在は3歳児を担当していますが、大学時代の実習体験がとても役立っているなと日々感じています。また、学生時代に学内のこども研究センターで保護者の方々と接していたので、子どもだけでなく親御さんとのコミュニケーションの大切さを早くから学べたのもありがたかったです。今も学生時代の学びを振り返りながら、毎日起こったことや反省点をメモして次に生かせるように工夫しているほか、ピアノの練習も欠かしません。保育士になるという夢が叶ったこれからは、自分が理想とする子どもの個性を伸ばせる先生になれるよう毎日が勉強の連続です。

 
学べる学問
  • 教育学
  • 教員養成
  • 保育学
  • 児童学
  • 教養学

 

目指せる職業
  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 児童指導員
  • 福祉施設スタッフ
  • 福祉関連企業スタッフ
  • 一般事務
  • ベビーシッター
  • 小学校教諭
  • 社会福祉主事

資格

    ・小学校教諭一種免許状〈国〉
    ・幼稚園教諭一種免許状〈国〉
    ・保育士証〈国〉
    ・認定ベビーシッター資格
    ・社会福祉主事任用資格
    ・児童指導員任用資格

東大阪大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒577-8567 大阪府東大阪市西堤学園町3-1-1

TEL.06-6782-2884  (入試広報部直通)  FAX.06-6782-2865  (入試広報部専用) 

ホームページ http://www.higashiosaka.ac.jp/
E-mail koho@higashiosaka.ac.jp
ページの先頭へ

東大阪大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで東大阪大学の情報をチェック!