よこはまやっかだいがく

横浜薬科大学

(私立大学/神奈川県横浜市戸塚区)

資料請求

薬学部 薬科学科

薬学・医学・工学を融合した「創薬研究」を行う。

  • ※2020年4月入学者対象のものです。
薬科学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
薬科学科の特長
学部・学科・コースについて

薬科学科では創薬の専門家として活躍できる研究者・技術者の養成を目的とし、くすり創りの使命感に満ち溢れた素養を持つ学生の入学を期待しています。
本学は個性の伸展による人生練磨を建学の精神とし、豊かな人間性と倫理観、国際感覚を兼ね備えた人材を世に送り出すという教育理念をもって設立されています。
建学の精神に基づく教育理念と目標を達成するために、入学試験に当たっては学力だけではなく、以下のような資質と意欲を持つ入学者を受け入れたいと考えています。

1)本学の建学の精神である「個性の伸展による人生練磨」を理解し、薬学関連の研究分野で国際的に活躍したい人
2)人類の健康を守ることを通じて社会に貢献しようとする志と、より高度な専門知識を身に付けようとする意欲のある人
3)自立心旺盛で勉学と研究意欲に溢れ、先端医療を支える薬学研究者として将来我が国のみでなく国際的に活躍しようとする意欲のある人
4)論理的な思考を通して自ら問題点を見いだし、解決し、新しい方法論の開拓に挑戦したい人

カリキュラム

本学科は、医薬の創製、開発、生産、さらには健康食品、化粧品、環境や衛生分野などの薬学関連領域での教育・研究に従事する人材養成を目的としており、他の理系学部と同様に自然科学を学ぶことはもちろん、薬学としての特徴的科目を学べるカリキュラムとなっています。

●創薬化学
基本的な有機合成の技術に加え、最先端の創薬技術であるコンビナトリアル合成、ラボオートメーション技術(ロボットを用いた合成技術)、フロー合成、コンピュータを用いて、がん、アルツハイマー病、その他難病に対する創薬研究を習得します。

●生物・薬物動態
医薬品創出のためのスクリーニング系の確立、開発候補薬物の最適化のための標的蛋白との親和性の調節、代謝的安定化の技術を習得します。さらに非臨床試験データからのヒト試験実施のための安全性や患者試験実施のための薬効のシミュレーションを実施し基礎的な理論および技術を習得します。 また、この過程を通して必要な治験実施のための制度・倫理について学びます。

●食品・生薬(漢方)
本学科は医薬品だけでなく、パラメディカルのプロフェッショナル育成も基盤とします。研究面では、 製薬企業だけでなく、漢方製剤、食品、化粧品、医療機器会社と共同研究やインターンシップを通じて実態を把握し、試験管内からヒトでの臨床試験までの、新薬とは異なる研究開発技術を習得します。

独自の教育体制

高校での理科3科目(化学、生物、物理)は薬学部での専門科目を理解する上で特に重要です。そこで本学では高校時の未履修科目や苦手科目を克服するため、1年次に「教養化学」「教養生物」「教養物理」の3教科を開講しています。
大学で学習する化学と生物は、繰り返し学習することが必要です。そこで本学ではスマートフォンを利用して解答する「ハマヤクベーシック問題集(e-Learning)」を用意しました。これは1年生から3年生を対象として、通学時間などを有効活用するために本学教員によって作成したもので、約2000題の問題があります。
この他に、薬剤師国家試験対策の講習会を録画して、ネットを利用して自宅で何度でも繰り返し学習できるe-Learningがあります。既に約1700の講義が収録されていて、全学生がいつでも利用することができます。

卒業後、就職について

■バイオ・化学系企業で技術者として活躍
日本企業の1/3は製薬・化学・化粧品・食品等の化学系企業が占めています。 こうした企業では本来、化学の知識・技術を有する人材が必要とされ、プロセス及び生産の 現場において、確かな薬学・化学的知識を有する技術者(マイスター)の需要は高まっています。 本学の薬科学科では基礎的知識に加え、化学実験等の実技を中心としたカリキュラムにより、 薬学の知識と最先端技術を習得した学生を育成し、他分野に輩出します。(一般企業、ベンチャー企業、登録販売者、MR、公務員など)

■自然科学、薬学、健康教育に精通した中学校・高等学校の理科教員として活躍
理科教育の振興が学校教育の大きな課題となる中で、それに積極的に応えられる薬学系の素養を身につけた中学校・高等学校の理科の教員が待望されています。薬学は理科の総合的な応用分野であり、薬学部での教育は化学、生物、物理を網羅しています。そこに地学が加わることで、無理なく理科の教員養成が行えるカリキュラムとなります。さらに薬学に関する専門科目等が加わることにより、理科教員としての専門性が深まります。

■生命科学関連の企業や大学院に進学して活躍
医学分野で成果を出すためには、基礎医学の充実が必須であり、薬学・理学・工学・基礎医学・農学の異分野融合を推進する必要があります。基礎医学を主とする研究者は、化学・生物の基礎的知識や技術を有する学生を薬系大学に求めている現状があり、このような背景に基づき、本学科は「教育的研究」を通じて創薬知識・技術を学生に供与し、薬学・理学・工学・基礎医学・農学分野の大学院への人材の輩出を目的のひとつとしています。

 
インタビュー
永井 眞子さん

在学生 永井 眞子さん(薬科学科 3年)

少人数制の授業と充実した研究室生活で、幅広く活躍できる人材を目指して

私が4年制課程である薬科学科を選んだ理由は、「創薬研究」を行いながら、同時に教職課程も履修できるからです。薬科学科では研究室配属が3年生からなので、2年間腰を据えてじっくり研究に時間を費やすことができ、専門的知識や技術などを学べるところが大きな魅力だと思います。また、先生方からは自身の研究や研究者に必要なことなど、色々なことを沢山教えてくださるので、自然と授業にも興味がわき、モチベーションの向上が実感できます。自分の学びたいことを学べる時間は今しかないので、その時間や環境を大切にしています。将来的には、大学で学んだことを活かし、様々な人の日常を少しでもより良いものにする手助けをしたいと考えています。

 
学べる学問
  • 薬学

 

目指せる職業
  • 薬剤師
  • 登録販売者
  • 薬局・薬店スタッフ
  • 医療情報管理士

横浜薬科大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒245-0066 神奈川県横浜市戸塚区俣野町601

TEL.0120-76-8089  (入試広報課/フリーダイヤル)  FAX.045-851-1413 

ホームページ http://www.hamayaku.jp
ページの先頭へ

横浜薬科大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

横浜薬科大学

入試説明会

【日程】09/21

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで横浜薬科大学の情報をチェック!