検索する
  • 受験生の皆様へ
  • 保護者の皆様へ
よこはまやっかだいがく

横浜薬科大学

(私立大学/神奈川県横浜市戸塚区)

資料請求

メイン写真

漢方や創薬研究についても学び「個の医療」「予防医療」に貢献

横浜薬科大学の3つの特長

3つの特長1

近代薬学発祥の地“横浜”で21世紀の医療を切り拓く人材を育成

3つの特長2

漢方・臨床・健康・薬科 4領域の学科を設置しているのは本学だけ

3つの特長3

最新の医学薬学書を揃えた21階建て図書館棟など充実の施設・設備

医療・薬学分野で近年注目されているのは、“薬物治療の患者個別化”や“予防重視”という考え方です。また、医療ミス防止も重要視されており、このような状況に対応できる薬剤師の育成を目的としています。患者の苦しみを理解できる“惻隠の心”と“心の温かさ”を育てるこころの教育を実践します。

横浜薬科大学のとっておきニュース

万全の薬剤師国家試験対策で全員合格を目指す

とっておきニュース

一人でも多くの学生が、確実に合格に近づけるように1年次からすでに独自の学力強化対策を実施しています。国家試験を目前にした6年次にはさらに対策を強化し、全員合格を目指した徹底した教科演習を実施するとともに個人のレベルにあった的確な指導にあたっています。
国試科目の基礎学力テストの実施、最新の薬剤師国家試験情報をもとに傾向と対策を学ぶ特別演習、薬剤師国家試験模擬試験、6年次の夏には夏期勉強会を実施、全国から薬剤師国家試験対策のプロフェッショナルを講師として招く秋期実力養成講座、そして国家試験対策の総仕上げとして3週間にわたり直前対策勉強会を実施します。
合格に向けて、万全な態勢で国家試験に臨むことができるでしょう。

横浜薬科大学の 学科・コース

幅広い専門学校知識と人の苦しみがわかる医療人を世界へ

薬学部
漢方薬学科(6年)
臨床薬学科(6年)
健康薬学科(6年)
薬科学科(4年)

上記は、2017年4月入学者対象のものです。

横浜薬科大学の 学費のこと

■初年度納入金(2017年度)
<6年制>
・一般学生:220万円
・特待生:(S)30万円 (A)120万円 (B)150万円
・特別奨学生:180万円
<4年制>
・一般学生:180万円
・特待生:90万円
・特別奨学生:150万円
※上記のほか、教材費などが必用となります。
※入学生のうちおよそ半分の学生が、成績優秀合格者特典(学費減額制度)を利用しています。詳しくは本学までお問い合わせください。

横浜薬科大学の 本学の特長

■国家試験対策
特別演習や模擬試験、夏期勉強会、秋期実力養成講座、直前勉強会等の教育システムで薬剤師への道をサポートしています。

■オフィスアワー
決められた曜日、時間に担任教員との面談が可能。勉強からプライベートまで様々な相談に教員が責任を持って対応します。

■臨床薬学教育の充実
投薬管理を行う上で必要とされる臨床薬学教育の充実を実現し、あらゆる医療現場で活躍できる薬剤師育成を実現します。

■薬局等での実務実習の充実
チーム医療の現場で活躍するため、3学科共通で臨場感あふれる実務実習を実施します。

横浜薬科大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒245-0066 神奈川県横浜市戸塚区俣野町601

TEL.0120-76-8089  (入試事務局/フリーダイヤル)  FAX.045-851-1413 

ホームページ http://www.hamayaku.jp
ページの先頭へ

横浜薬科大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

横浜薬科大学

入試説明会

【日程】11/25

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで横浜薬科大学の情報をチェック!