あいちいりょうがくいん

愛知医療学院短期大学

(私立短期大学/愛知県清須市)

資料請求

願書請求

リハビリテーション学科

リハビリテーションの専門家を育てるパイオニアとして、他にはない特色があります。

  • ※2018年4月入学者対象のものです。
リハビリテーション学科
この学部・学科の資料をもらう
 
リハビリテーション学科のコース・専攻一覧
理学療法学専攻
作業療法学専攻
 
リハビリテーション学科の特長
学部・学科・コースについて

■2つの専攻

◎理学療法学専攻(40名 3年)
病気やケガ、高齢化などによって身体に障がいのある人に運動療法や物理療法を行い、機能の回復・改善を図る理学療法士を育成します。

◎作業療法学専攻(40名 3年)
身体や精神に障がいを持った人に、さまざまな作業活動を通して社会復帰することを助ける作業療法士を育成します。

資格について

■きめ細かな指導で高い合格率

◎国家資格合格率(2016年度実績)
理学療法士合格率100%
作業療法士合格率82.9%

◎国家試験対策3つのポイント
 1、臨床実習終了後の学習アドバイザーによるきめ細やかな指導
 2、模擬試験結果を分析した個別指導の徹底
 3、学外模擬試験の導入による実力強化

学費について

■経済的な負担を軽減

本学は3年間で国家資格を取得。
通常の4年制大学に行くよりも、経済的な負担が軽くなります。

◆独自の奨学金制度(2018年度)
◎授業料減免特待生制度
1年次授業料の半額相当額40万円支給。入学試験において成績、人物ともに優秀であり他の模範となる方が対象です。

◎夢サポート奨学金A
145万円以内給付。3年生進級確定者で学業、人物ともに優秀で、学業継続意志が固く、家計の急変等による経済的支援を必要とする方が対象です。

◎夢サポート奨学金B
145万円以内無利子貸付。学業、人物ともに優秀であり、家計の急変等による経済的支援を必要とする方が対象です。

学べる内容

■3年間で充実の学び

◎35年の実績が誇る豊富な実習先
医療系の教育機関にとって臨床実習先の確保は最重要。本学では長年に亘る有効な関係づくりにより質の高い臨床実習教育ができます。

◎学習アドバイザー制(アカデミック・アドバイザー制度)
本学では、3年間を通じて少人数単位でサポートする学習アドバイザー制(アカデミック・アドバイザー制度)を取り入れています。学習方法の指導はもちろん、臨床実習に向けたアドバイス、学生生活の悩み、進路など、どんな相談にも親身になって応じています。将来のことも視野に入れ、勉強だけでなくコミュニケーション能力や社会性の重要性などについても、3年間のサポートを通して伝えていきます。

卒業後、就職について

■卒業生ネットワークによる就職先確保

◎求人実績(2016年度)
 理学療法士 1,945人
 作業療法士 1,853人

◎就職率(1985~2016年度卒業生実績)
 創立以来 就職率100%

◎新卒者研修
本学を卒業した新卒者を対象に、勤務現場での問題や悩みの解決、療法技術のスキルアップなどに対応するために研修の場を設けています。

 
インタビュー
杉浦 真友さん

卒業生 杉浦 真友さん(佐藤病院(江南市)勤務 平成25年度 理学療法学専攻卒業(第4期生))

実習は、改めて理学療法士という仕事の役割が何かを学ぶ大切な機会です。

現在、患者様一人を担当させていただき、少しずつ治療もさせていただいています。実習は、改めて理学療法士という仕事の役割が何かを学ぶ大切な機会です。私がまだまだだと感じさせられた点は、患者様との接し方やコミュニケーション、精神的な面での配慮などでした。しかし、実習を重ねるにつれ、少しずつですが考え方の流れが理解できるようになってきたと思います。この経験は、国家試験の勉強の際にもつなげていきたいです。もちろん、今の目標は理学療法士になること。その時、今のこの経験を必ず活かします。そして、一人ひとりの患者様としっかり向き合い、患者様にとってより良い治療が行える理学療法士を目指します。

堀内 友理さん

卒業生 堀内 友理さん(小山田記念温泉病院勤務 平成25年度 作業療法学専攻卒業(第4期生))

主に症例患者様の評価、治療を行っています。

現在は、主に症例患者様の評価、治療を行っています。実習でまず感じたことは、自分の知識不足。患者様から質問された時、答えに迷うこともありました。もっと勉強して、しっかり説明できるようにならなければと強く感じました。私がめざすのは、患者様の症例だけでなく、患者様の気持ち、今後の希望、家族のことなどを理解した上で、何がベストなのかを考えられる作業療法士。私が関わることで、元気になったり、安心したり、そんな精神的なケアもできるよう人間的にも成長していきたいと思います。

谷口 慎太郎

卒業生 谷口 慎太郎(みずのリハビリクリニック勤務 平成24年度 理学療法学専攻卒業(第3期生))

友だちと毎日行った勉強会。本気で取り組めば、一人よりも有効です。

本格的に資格を意識しはじめたのは、実習が終わった3年生の秋からです。私の場合、毎日少しでもいいので問題を解くようにしました。とても役立ったのは、友だちと毎日開いていた勉強会です。それぞれ担当を決め、問題を出し合いました。わからない問題は友だちに聞いたり、先生に教えてもらったりすることで、苦手の克服にもつながりました。当初、友だちと勉強してもはかどらないと思っていましたが、みんなが本気で取り組めば、一人で勉強するよりもはるかに身につきます。今振り返り思うことは、1年次に習う基礎がすごく大切だということ。基礎をしっかり学ぶことが、合格にはゼッタイ必要です。

 
学べる学問
  • リハビリテーション学

 

目指せる職業
  • 理学療法士
  • 作業療法士

資格
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • ・米国BLSヘルスケアプロバイダー免許(日本ACLS協会) ・障がい者スポーツ指導員資格(初級)

愛知医療学院短期大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒452-0931 愛知県清須市一場519

TEL.052-409-3311 

ホームページ http://www.yuai.ac.jp
ページの先頭へ

愛知医療学院短期大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで愛知医療学院短期大学の情報をチェック!