うえくさがくえん

植草学園大学

(私立大学/千葉県千葉市若葉区)

資料請求

発達教育学部 発達支援教育学科

さまざまな困難を示す子どもたちに対し適切な支援ができる
やさしい教員や保育士になるために。

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
発達支援教育学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
発達支援教育学科の特長
取得資格

■取得できる免許・資格
小学校教諭一種免許/特別支援学校教諭一種免許(知的障害者、肢体不自由者、病弱者)/幼稚園教諭一種免許/保育士資格

■その他の取得可能な資格
社会福祉主事任用資格※/児童指導員任用資格※/レクリエーション・インストラクター資格※/ピアヘルパー資格※
※必要な科目を履修した場合に取得可能となる資格です。

カリキュラム

保育所・幼稚園・小学校などに障害のある子どもが多く在籍するようになりました。また、小学校などには学習困難な子どもが多くなっており、子ども一人ひとりの思いと必要性に応えられる質の高い保育・教育が求められています。
本学部は、子どもの生活上・学習上の障害や困難性に的確に対応できる人材、小学校教諭・特別支援学校教諭・幼稚園教諭・保育士を養成する学部です。
定められた科目の単位数を取得し、成績が基準を満たした学生は、植草学園大学「インクルーシブ教育支援士」あるいは「インクルーシブ教育・保育支援士」という学園独自の認定資格を取得できます。

■特色ある授業内容
インクルーシブ教育論/エレメンタリーセミナー/絵本・児童絵画演習/LD、ADHD等教育総論/肢体不自由教育/図画工作科指導法/コンピュータ演習/キャリア演習

卒業後の進路

■想定される就職先・進路
○小学校(小学校教諭として児童に教育を行います。)
○特別支援学校、小学校の特別支援学級 など(特別支援学校、または小学校の特別支援学級で、知的障害者、肢体不自由者、病弱者に対して教育・支援を行います。)
○幼稚園、認定こども園 など(幼稚園などで、3歳~就学前の幼児を保育・教育する仕事です。幼児に適切な環境や機会を与えて、健全な心身の発達を助ける教育を行います。)
○保育所(園)、障害児者施設、 児童養護施設、認定こども園 など(保護者の委託を受けて、保育所などで主に0歳~就学前の乳幼児などを保育する仕事です。)
○一般企業 など(一般企業、公務員、教育関連のNPO法人、あるいは、障害児者のための福祉施設、不登校の児童等を支援する民間施設等において、その資質や能力を発揮することが期待されます。)

独自の学習システム

<将来の夢に向かって効果的に学べる3つの専攻>
すべての学生がそれぞれの専攻の学修とともに、障害や困難性のある人に対する支援やインクルーシブ教育について学びます。
■小学校教育専攻
・教育現場につながる学びを重視して、実践力を身につけられるようにしています。
・経験豊富な教員構成で、教科の内容・指導方法が充実しています。
・個々の学生にあったきめ細かな指導をしています。
・発達障害のある児童の支援の仕方を学ぶことができる内容が充実しています。
・特別支援の教育に関わる豊富な教員を揃え、個々の障害に応じた指導ができるようにしています。

■特別支援教育専攻
・現場で必要なすべての障害の特徴と支援を学びます。
・実践体験と教育実習を積み上げ、無理なく実践力をつけられます。
・学年担任、ゼミ担任とともに、特別支援学校教員への夢をサポートします(特別支援のキャリア形成)。
・障害等のある子どもの幼児期から学齢期の心理・生理から指導・支援法まで幅広く学べます(幅広い発達支援の選択科目)。
・豊富で幅広い特別支援教育専門教員が、実践課題への対応をしっかりガイドします。

■幼児・保育専攻
・子どもとその発達、また教育・保育について、基本となる知識や考えをしっかり身につけた保育者を育てます。
・人間として広い視野と見識をもち、幼稚園・保育所の運営等についても理解をもった保育者を育てます。
・保育現場に即した技能を身につけた保育者を育てます。
・障害のある子ども、特別な支援を必要とする子どもに的確な支援ができる保育者を育てます。
・保護者の悩みや相談に適切に対応し、地域のすべての子育て家庭を支援できる保育者を育てます。

就職指導

■マンツーマン指導
履歴書の書き方や訪問時のマナー、電話のかけ方、見学の仕方、面接対策、作文・小論文の書き方、内定後の連絡の仕方などを、マンツーマンで丁寧に指導します。

■充実した講義・講座
進路登録カード(求職票)の提出方法からはじまり、内定までの目標や計画の立て方などを講義形式で指導します。さらに、マナー講座や公務員採用試験筆記対策講座、公務員採用試験面接対策講座、教員採用試験対策講座、模擬面接、論文対策など、多くの講座を用意しています。

■ワーク形式でステップアップ
本学独自の「キャリアポートフォリオ」を使って自分について理解を深めます。また、卒業生の話を聞く会などの講座で学んだことを、自分の言葉でまとめる能力を身につけます。

その他の特色

小学校・幼稚園教諭免許・保育士資格を取得する専攻でも、障害等への発達支援について学ぶことができます。小学校、幼稚園、保育所に在籍するそうした子どもたちへの幅広い理解と支援が強く求められています。発達とその支援-保育・教育の両面を学ぶ。これは植草学園大学ならではの大きな特色です。

 
インタビュー
山本真由さん

在学生 山本真由さん(2017年度入学生)

私は保育所でお世話になった先生に感謝しています。子どもたちを大切に保育してくださった先生のようになりたいと思い、先生方やカリキュラム・設備の充実している植草学園大学を選びました。大学では、子どもの発達や的確な支援について細やかな学びを得ることができます。人との関わりを大切にし、実践力も身につけたいです。

下田啓加さん

在学生 下田啓加さん(2015年度入学生)

3年生の6月、地元青森県八戸市で特別支援学校実習を行いました。初めての実習で不安や緊張がありましたが、地元の学校で実習ができるという安心感から毎日楽しく実習に行くことができました。
実習では特に、児童一人ひとりの実態を把握し授業内容や教材、手立てを考えていくことが重要だと分かりました。また、大学で学んだ知識が実習で生かされた時、この大学で学んでいて良かったと実感しました。毎日児童と関わり、授業内容を考え実際に授業をし、「楽しかった」と気持ちを伝えてくれた時や児童の笑顔が見られた時、改めてこの職業に就きたい、もっと自分自身の力を高めたいと思うことができました。

山本穂香さん

卒業生 山本穂香さん(2017年3月卒業 小学校教諭)

私は、特別支援教育の知識や支援策をもち合わせた教員になりたいと思い、より専門的に学べる植草に入学しました。植草の授業では、さまざまな障害の特性やよりよい支援のあり方について学びます。障害のある人の困り感を体験したり、障害のある人でも楽しめる遊びを考えたりと、体験的な活動も数多く用意されています。就職の時期には先生方による教員採用試験対策も充実しています。筆記試験や面接、体育実技など、丁寧に指導してくださいます。同じ夢をめざす仲間とみんなで励まし合いながらがんばることができるのもいいところです。
現在は、千葉市内の小学校で特別支援学級の担任として、大学で学んだ支援を、日々、実践しています。子どもたちと一緒に勉強したり遊んだり、とても充実した毎日です。

 
学べる学問
  • 教育学
  • 教員養成
  • 児童学

 

目指せる職業
  • 小学校教諭
  • 特別支援学校教諭
  • 幼稚園教諭
  • 保育士

資格
  • 小学校教諭
  • 幼稚園教諭
  • 保育士
  • ・特別支援学校教諭

植草学園大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒264-0007 千葉県千葉市若葉区小倉町1639番3

TEL.043-239-2600  FAX.043-214-5001 

ホームページ http://www.uekusa.ac.jp/
E-mail nyuusi@uekusa.ac.jp
ページの先頭へ

植草学園大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※2019年度入試よりインターネット出願になります。願書は本学HPよりダウンロードしてください。

-

●入学案内
※2019年度入試よりインターネット出願になります。願書は本学HPよりダウンロードしてください。

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで植草学園大学の情報をチェック!