国立宮古海上技術短期大学校 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
こくりつみやこかいじょうぎじゅつたんきだいがっこう
(文部科学省以外の省庁所管の学校/岩手県宮古市)

資料請求

願書請求

メイン写真

8年連続就職率100%達成*!2年間で海のプロフェッショナルを育成

国立宮古海上技術短期大学校の3つの特長

3つの特長1

全国に3校しかない海上技術短期大学校で船のプロに

3つの特長2

8年連続就職率100%*を達成!

3つの特長3

卒業時に四級海技士(航海・機関)の筆記試験が免除!

海技士とは、船舶の運航に必要な国家資格。本校では、卒業時に四級海技士(航海)、内燃機関四級海技士(機関)の二つの受験資格が得られ、筆記試験が免除されます。※四級海技士:日本国内の貨物輸送だけに使用される船の9割以上を占める船舶で必要な資格となります。

国立宮古海上技術短期大学校の 学科・コース

高校卒業後2年間で、一般商船の「航海士」と「機関士」に!

海技士教育科海技課程 専修科(2年)

上記は、2021年4月入学者対象のものです。

国立宮古海上技術短期大学校の 学費のこと

■2021年初年度納入金(参考/2020年入学生実績)
 寮生男子  50万8800円
 寮生女子  51万3800円
 通学生男子 39万9200円
 通学生女子 40万4200円

※入学料、教材費、制服代、寮費(食費は除く)などが含まれます。

国立宮古海上技術短期大学校の 特長

□航海士・機関士を目指す!
本学は、船員になるための専門知識を学ぶことができる、国立の海上技術学校・海上技術短期大学校の1校です。
2年間で航海士・機関士を目指すことができます。

「航海士」
 操船と荷物の積み卸し(荷役)の監督を行います。海技資格(航海)が必要です。

「機関士」
 船のメインエンジンや、船内の発電機などの運転・保守整備を受け持ちます。海技資格(機関)が必要です。

また、本学を卒業後、試験に合格すれば四級海技士(航海)、内燃機関四級海技士(機関)の2つの免許を
取得できます。

「四級海技士(航海)」
 総トン数5,000トン(全長約120メートル)未満の船舶で船長になることができます。

「内燃機関四級海技士(機関)」
 6,000キロワット未満の主機関の機関長になることができます。

国立宮古海上技術短期大学校の 学ぶこと

■乗船実習
乗船実習は海技教育機構の大型練習船で行います。
四級海技士に必要な3年以上の乗船履歴が、1年3ヶ月の学校での座学と9ヶ月の乗船実習で満たされます。

<寄港地>※2019年実習内容
1)船名「銀河丸」(2019年4~6月)
  東京→神戸→博多→横浜→別府→門司→東京

2)船名「大成丸」(2019年7~9月)
  東京→神戸→小樽→函館→室蘭→横須賀→東京

3)船名「海王丸」(2019年10~12月)
  東京→神戸→姫路→博多→名古屋→細島→広島→東京

国立宮古海上技術短期大学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒027-0024 岩手県宮古市磯鶏2 丁目5 番10 号

TEL.0193-62-5316  (教務課)  FAX.0193-62-5440 

ホームページ https://www.jmets.ac.jp/miyako/
ページの先頭へ

国立宮古海上技術短期大学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで国立宮古海上技術短期大学校の情報をチェック!