• さやまがおかこうとうがっこう
  • 狭山ヶ丘高等学校

    • (高等学校 /私立 /共学 /埼玉県入間市)

狭山ヶ丘高等学校の教育目標

教育理念
本校では創立者近藤ちよが掲げた「自己観察教育」という建学の精神に基づき、毎時間の授業開始時に「黙想」を実施しています。黙想を通して自己を見つめ、他人を思いやる豊かな心が育まれます。

このように本校は開校以来、心の教育「内観」を重視してきました。内観とは自己を見つめ、今までお世話になった父母・先生・友人など、身近な人との交流を思い起こし、本来あるべき自己の姿に気づくことを主眼としています。

時代とともに生徒数も増え、学力も大きく向上したことから、この内観の精神を、本校の現状に適応するように発展させたものが、本校で実践している自己観察教育です。

この自己観察教育こそが、躍進を続ける本校の進学実績の基となっています。
教育の特色
進路別の授業形態やコース制を導入し、個性に応じた教育を展開しています。

また、「英語の狭山ヶ丘」と言われるほど、本校は英語教育に力を入れています。1年次は週7時間もの英語の授業を行い、徹底した基礎力を定着させます。

さらに小川校長みずからが指導に当たる入学前特別指導、そしてそれに続く1年生のための朝ゼミのみならず、2・3年生の朝ゼミ等も行われ、学校全体で英語力の向上に取り組んでいます。 

1年次の間に高校で身につけるべき英語の全体像をつかんだあと、2年次からは演習等の授業を増やすことで、語学運用能力の向上を図り、文章の構造や論理展開の理解も重視し、論理的思考力の向上を目指します。ここには国際社会で知的な交流ができ、適切な判断をくだせる国際人を養成したいとの思いが込められています。

このような中で体得した高度な英語力をさらに向上させ、使える英語力とするために、本校では海外語学研修を行っています。ホームステイを通して、異文化理解を深め、スピーキング能力を飛躍的に高めることができます。費用は別途かかりますが、毎年多くの生徒が参加しています。
pagetopへ

狭山ヶ丘高等学校の周辺環境・生徒数ほか

周辺環境
狭山茶の産地であることから周辺には茶畑が散在しています。
閑静な住宅の中に公民館・図書館・体育館など市の施設があります。
勉学に励む上で、とても良い環境にあります。
生徒数
男子643名 女子448名(2018年4月現在)

狭山ヶ丘高等学校

I 類 男子 女子
1年 30名 43名
2年 21名 19名
3年 24名 8名
II 類 男子 女子
1年 65名 44名
2年 87名 74名
3年 66名 54名
III 類 男子 女子
1年 116名 52名
2年 114名 88名
3年 120名 66名
併設校/系列校
さやまが丘幼稚園 狭山ヶ丘高等学校付属中学校
pagetopへ

狭山ヶ丘高等学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒358-0011 埼玉県 入間市下藤沢981

TEL.04-2962-3844 
FAX.04-2962-0656 

ホームページ http://www.sayamagaoka-h.ed.jp/
交通アクセス 西武池袋線「武蔵藤沢駅」より徒歩13分
西武新宿線「入曽駅」よりスクールバス13分
西武新宿線「狭山市駅」よりスクールバス25分
JR八高線「箱根ヶ崎駅」よりスクールバス20分
JR川越線・東武東上線「川越駅」よりスクールバス40分
pagetopへ

スマホ版日本の学校

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで狭山ヶ丘高等学校の情報をチェック!