• ちゅうきょうがくいんだいがくふぞくちゅうきょうこうとうがっこう
  • 中京学院大学附属中京高等学校

    • (高等学校 /私立 /共学 /岐阜県瑞浪市)
  • 2017年4月より校名変更/旧校名:中京高等学校
  • 資料請求

中京学院大学附属中京高等学校の教育目標

教育の特色
昭和38年4月に開学された本校の教育の特色は、真剣味の教育にあります。常に自分と真剣に向き合う真剣味の姿勢が基盤となり、教師と生徒が固い絆で結ばれ、これまでに数々の栄光を築いてきました。本校には多くのコースがあり、それぞれに独自の運営をしておりますが、全ての生徒が「中京へ行けば自分と向き合う機会がある」「自分と向き合う雰囲気がある」「自分と向き合ってくれる先生がいる」と思える学校づくりを、今後一層推進してゆくつもりです。
現在、挨拶や清掃活動を通じて自分を見つめ、つながろうとする気持ちを育む、生徒会主体の「グリーンキャンペーン」や生徒会・教師双方協力のもとで「全校『絆』集会」を定期的に実施しています。このような行動を通じて、一人ひとりが人生の土台となる生きる力を身につけてほしいと願っています。学業・スポーツの優れた生徒には、特別奨学生の制度もあり、また遠隔地からの入学者のために寮も完備しています。
教育理念
■建学の精神「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」
真剣味とは「自分と真剣に向き合う」ということ。人間は決して一人では生きてはいけません。必ず誰かとつながりながら、その中で様々な経験を重ね成長していくものです。その成長に欠かせないのは、人とのつながりの中で自分の言動を振り返り、様々なことに気づき、その気づきを次の行動へ生かしていくというサイクル。それを「真剣味サイクル」と呼んでいます。
この真剣味サイクルを生徒・学生一人ひとりが身につけ、今の瞬間を真剣に積み重ねていくことによって、感動や意欲が生まれます。真剣味サイクルは、まず人とつながろうとする気持ちや姿勢、すなわちコミュニケーション力が必要です。次に様々なことに挑戦し、最後までやり抜く行動力。さらに、行動の中から様々な気づきを得て、自分自身を見つめ振り返る思考力。そして最後に、自分の力でコミュニケーションをとり、行動し、考えていく力、セルフモチベーション力が必要となります。
したがって、安達学園中京高等学校の教育の最大目的は、この4つの力を育み「自ら考え、自らなすべきことを理解し、進んで行動できる」真剣味ある人の育成にあるのです。
pagetopへ

中京学院大学附属中京高等学校の周辺環境・生徒数ほか

周辺環境
美しい緑があふれ、自然環境に恵まれた瑞浪市は、太古ロマンを秘めた化石の町、そして土と炎の賜物である「美濃焼」のふるさと。都会の喧騒から離れ、閑静で落ち着いた環境のこの地は、まさに勉強や生活にふさわしく、生徒達は充実した毎日を送っています。
生徒数
男子880名 女子589名(2016年5月現在)
通信制
男81名、女46名

中京学院大学附属中京高等学校

普通科 男子 女子
1年 281名 174名
2年 265名 193名
3年 237名 144名
商業科 男子 女子
1年 32名 20名
2年 36名 29名
3年 29名 29名
併設校/系列校
中京学院大学、中京学院大学短期大学部、中京幼稚園
設立年
1962年
pagetopへ

中京学院大学附属中京高等学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒509-6101 岐阜県 瑞浪市土岐町7074-1

TEL.0572-68-4501 
FAX.0572-68-4635 

ホームページ http://www.chukyo-ch.ed.jp/
交通アクセス 瑞浪駅から徒歩13分
pagetopへ

スマホ版日本の学校

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで中京学院大学附属中京高等学校の情報をチェック!

中京学院大学附属中京高等学校の資料を取り寄せよう!

  • 資料請求

※資料・送料とも無料