• にしそのぎこうとうがっこう
  • 西彼杵高等学校

    • (高等学校 /公立 /共学 /長崎県西海市)

西彼杵高等学校の教育目標

教育理念
1.校訓「誠実・克己・気迫」
2.教育方針
○「学びの共同体」の実践を基盤とし、生徒一人ひとりの「学びの質」を保証することを通して、確かな「学力(学ぶ力)」の育成、他者や自己との「対話」と「志」を大切にする教育の推進に努める。
○確かな「学び」を中心に、「思考力」「人間形成力」「実践行動力」の育成を図り、生徒一人ひとりの自己実現(進路目標)に寄り添い、これからの多文化共生社会を「生きる力」の涵養に努める。
○生徒の内面の形象としての”ことば”の豊かさを探求する「聴き合い、語り合う」学校文化の創造を目指し、他社と協同する経験を通して、自立と共生の精神を養い、自己肯定感を醸成する。
○教職員が教育の専門家として、相互に学び合い、探究し合うための研修を深める。
教育の特色
1.[学びの共同体](アクティブラーニング)の授業
県下の高校で初めて本格的に導入した「協同学習」を中心に、主体的に問題解決の方法等を聴き合い・話し合いながら、互いで答えを探究していく授業。一人ひとりの能力に応じて学ぶため、各自の学力が保障され大きく向上していく。
2.「論理コミュニケーション」の導入
「日本論理コミュニケーション技術振興センター」が構築した授業プログラム。「論理的に聴く力・考える力・伝える力」が身につき、進学や就職に大きなアドバンテージを形成できる。
3.「萌タイム」 -「学び直し」と「進学補講」という独自の授業-
本校は美しい海を見下ろす「萌多ヶ丘」の地にあり「生徒の様々な多くの可能性が萌え出づる時」という意味で名づけた。基礎力に自信のない人は中学校からの学習内容を復習、大学受験を目指す人は発展的な特別補講を受けられる。夢を実現するための授業。
4.活発な生徒主体の活動
体育大会や文化祭は生徒会主催行事で、生徒たちの主体的な企画・運営を取り入れている。本校の伝統的なセミナー研修も3年生がリーダーとなり新入生を指導。ボランティア活動など生徒主体の活動が評価される学校。
pagetopへ

西彼杵高等学校の周辺環境・生徒数ほか

周辺環境
萌多が丘から見渡す角力灘の波濤と、仰ぎ見る飯盛山の雄姿
生徒数
男子91名 女子74名(2017年5月現在)

西彼杵高等学校

普通科 男子 女子
1年 30名 22名
2年 34名 25名
3年 27名 27名
設立年
1946年
pagetopへ

西彼杵高等学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒857-2303 長崎県 西海市大瀬戸町瀬戸西濱郷663

TEL.0959-22-0041 
FAX.0959-22-0216 

ホームページ http://www.news.ed.jp/nishisonogi-h/
交通アクセス ・長崎駅から約42キロメートル約70分(国道206号線 畝刈経由で国道202号へ)
・佐世保駅から約40キロメートル約60分(国道205号、江上から国道202号へ 小迎にて国道206号、大串から県道12号へ)
pagetopへ

スマホ版日本の学校

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで西彼杵高等学校の情報をチェック!