栃木県 日光明峰高校 | JR東日本と共同企画「駅からハイキング」に観光客370名が参加。地元活性化に貢献 | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

2005年、栃木県立日光高等学校と同県立足尾高等学校が統合し、開校した県立日光明峰高校。“3年間の教育を通して知・徳・体の調和のとれた全人的な発達を図り、社会の有為な人材として活躍できる人を育てる”ことを教育目標とする同校では、生徒も、日々の学習や部活などを通して、創造性に富み、自由を尊び、文化の継承と発展に努め、グローバルな視野と実践力を持った社会に貢献できる人材となるべく努めている。生徒会、クラス、部活などで多彩な地域貢献活動を展開している中で、今年8月7日には、生徒がプロデュースした「駅からハイキング」(JR東日本主催)を開催した。

昨年11月に引き続き2回目の企画で、今回は6人の2年生が春に実行委員会を作り、プランづくりを推進してきた。

ハイキングのタイトルは「行こう 日光!!地元っ子おすすめ 裏町物語★★ ~明峰生からのプレゼント~」で、JR日光駅から裏道に入り、通学路にある稲荷神社、太郎杉、憾満ケ淵、並び地蔵、大日橋など11カ所の隠れスポットを巡り、同校に至る約11キロ、2時間半のコースを設定。日本語版と英語版の地図も用意し、食べ歩きのお勧めポイントも紹介するなど、日光の魅力をきめ細かくアピールしている。

当日は、天候にも恵まれ、外国人34名を含む約370名の観光客が参加し、大盛況。ハイキングの運営には生徒会役員・吹奏楽部・野球部・スピードスケート部・剣道部・茶道部・華道部など有志生徒が協力した。日光駅の受付には、吹奏楽部の演奏で観光客を出迎え、各ポイントでは紙芝居を使って説明を行った。また、同校では華道部の生け花や茶道部のお茶のサービス、浴衣での記念写真撮影などでおもてなしし、観光客から大好評だった。

主催したJR東日本では「生徒の自由な発想に驚いた」「参加したお客様は、日光といえば東照宮や二荒山神社などが定番だが、きっと日光のイメージが変わったのでは」と話していた。

同校の教諭は、「一生懸命企画を考えた生徒はもちろん、運営に協力した生徒にとっても非常によい経験になったと思う」と、生徒の活躍に目を細めていた。
(2010年10月掲載)

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾