愛媛県 伊予農業高校 | 伊予絣で衣装製作 坊っちゃん劇場に贈呈 | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

愛媛県 伊予農業高校 生活科学科被服班のみなさん

この学校を詳しく知ろう

愛媛県 伊予農業高校 生活科学科被服班のみなさん1
2011年、愛媛県立伊予農業高校で約60年前の同県の伝統工芸品、伊予絣(かすり)が発見された。現在、伊予絣を生産しているのは松山市内の1社だけで、大変貴重なもの。そこで同校では、翌12年から生活科学科の被服班が被服製作の技術を生かして、伊予絣を用いた服や小物作りに取り組みはじめた。加えて伊予絣の魅力を多くの人に知ってもらおうと展示会を開催したり、愛媛県庁に伊予絣の座布団を贈呈するといったPR活動にも力を入れている。

こうした被服班の活動は高く評価されており、東温市の坊っちゃん劇場からは、ミュージカル「道後湯の里」で女性4人が着る「絣の浴衣」の衣装製作を依頼された。

被服班の7人の生徒は、地元をテーマにしたミュージカルに地元の伊予絣が使われることに快諾。4月の上演に向け、春休みも返上して製作に努め、無事に浴衣4着を劇場に届けた。

贈呈式では、被服班を代表して生徒2人が舞台に上がり、目録とプレゼントの巾着袋を手渡した。浴衣を着て演技する役者からは「着心地がよく、軽く涼しく、激しい動きにも着崩れしない」と大好評。絣の良さを感じてもらえてうれしかったと言う生徒は「浴衣は手縫いの量が多く根気が必要だったが、役者さんが着ている姿を見て感動した」と笑顔で話していた。
(2014年5月掲載)
愛媛県 伊予農業高校 生活科学科被服班のみなさん2愛媛県 伊予農業高校 生活科学科被服班のみなさん3

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾