高知県 高知中央高校 | 煌めくよさこい 今年初。音楽、振り付け…すべて独自制作 | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

高知県 高知中央高校 よさこいチーム「桜」のみなさん

この学校を詳しく知ろう

高知県 高知中央高校 よさこいチーム「桜」のみなさん1
「自主独立」を校訓とする高知中央高校の生徒たちが、その精神を今年夏、見事に実証してみせた。「第62回よさこい祭り」に出場したよさこいチーム「桜」のメンバーたちだ。「桜」は唯一の高校生単独チームで、今年で12回目の出場となる。これまで学生チームとして史上初の7年連続地区競演場連合会奨励賞受賞などの実績をあげてきたが、音楽や振り付け、衣装などに生徒が関わることはほとんどなかった。

しかし今年春、生徒から「桜」を変えたいとの声が上がり、今回初めて生徒だけで全てを創作することにした。

挑戦は5月から始まった。テーマを「煌(きら)めき」に決め、曲の歌詞は高校生らしく友情の大切さを表現。踊りは、近年の統一感を重視したものではなく、鳴子、ちょうちん、ポンポンの担当ごとに振り付けを変え、隊列のどこを見ても楽しめる構成にした。

そして本番、書道部の部員が書いた「煌」の文字が映える地方車を先頭に、「桜」のメンバーは、学生らしい「セーラー」と「巫女(みこ)」をイメージしたでデザインの衣装をまとい、軽音楽部と吹奏楽部の演奏にのって思いっきり踊った。全て生徒たちの手で作り上げた今年のよさこいは、8年連続地区奨励賞を受賞し、5年ぶりに後夜祭への出場も果たした。

歌を担当した生徒は「お世話になった先生や友達に感謝の気持ちを込めて歌うことができた」と話し、踊りに参加した生徒は「観客の笑顔や『がんばれ』の声がうれしかった」と感謝していた。
(2015年9月掲載)
高知県 高知中央高校 よさこいチーム「桜」のみなさん2高知県 高知中央高校 よさこいチーム「桜」のみなさん3

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾