長崎県 島原農業高校 | スープなそうめん「かぼちゃ」で開発 地元島原をアピール | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

長崎県 島原農業高校 食品加工部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

長崎県 島原農業高校 食品加工部のみなさん1
長崎県立島原農業高校の食品加工部の生徒たちは、地場産業として350年の伝統を誇る「島原手延べそうめん」の知名度UPと産業としての活性化を目的に、2009年から地元の手延べ麺メーカーと「そうめんプロジェクト」をスタートさせた。翌年「スープなそうめんシリーズ」第1弾として「スープ生姜めん」を開発。その後「スープほうれん草めん」「スープにんじんめん」「スープカレーそうめん薬草麺」を商品化。すばやく茹で上がるそうめんの特質と、低カロリーで栄養価を考えたスープを組み合わせた健康志向の食品として高く評価され、第42回長崎県特産品新作展最優秀賞、第62回日本学校農業クラブ全国大会最優秀賞・農林水産大臣賞などを受賞した。

昨年、開発に2年をかけたシリーズ第5弾「スープなそうめん・かぼちゃ」を発売。事前に生徒たちは消費者に調査取材し、「量を増やしてほしい」「鍋で茹でるのではなく、カップ麺のようにお湯を注ぐだけの商品を」などの声を受け、そうめんをノンフライ製法で即席麺に仕上げた。麺の量も15g多い60gにし、スープは12種の候補から試食を重ね、かぼちゃを選択した。

昨年12月、長崎市内の百貨店で開催した販売会では、熱湯3分で出来上がる手軽さと、粉末のポタージュ風かぼちゃスープの優しい味が世代を超えて大好評。手応えを感じたという生徒たちは「かぼちゃとそうめんで島原をアピールし、全国に広げていきたい」と話していた。
(2016年2月掲載)
長崎県 島原農業高校 食品加工部のみなさん2長崎県 島原農業高校 食品加工部のみなさん3長崎県 島原農業高校 食品加工部のみなさん4

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾