徳島県 徳島商業高校 | 淡路島活性化へ 若桃入り和菓子や観光ツアーを考案 | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

徳島県 徳島商業高校 ビジネス研究部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

徳島県 徳島商業高校 ビジネス研究部のみなさん1
徳島県立徳島商業高等学校のビジネス研究部は、2011年、模擬会社ComComを設立。「人と人とをつなげて新たなビジネスを作っていきたい」との考えのもと、さまざまな地域の活性化に向けた商品開発などを進めている。

今年、生徒たちが取り組んできたテーマは淡路島の活性化。地元の団体から「淡路島を元気にする商品開発を」との依頼を受けた生徒たちは「淡路島らしい特色を出そう」と、昨年の冬から住民への聞き取りや島内の視察など行ってきた。そこで、古事記や日本書紀の「国生み神話」や日本最古の神社といわれる伊弉諾(いざなぎ)神宮に着目。神宮をメインにした観光ツアーやイザナギノミコトゆかりの桃を使った和菓子を考案した。

和菓子は、イザナギノミコトが黄泉(よみ)の国から逃げる際に桃の実を投げて追っ手を退散させた神話から、厄除けの意味も込めて、甘露煮にした若桃を丸々1個入れるまんじゅうを開発。神話に登場する桃と同様「神実命(おおかむづみ)」と命名した。

柔らかな皮の中に桃の香りと甘みがあふれるまんじゅうは、伊弉諾神宮の夏祭りで約210個が振る舞われ、試食した地元の人から「さわやかな味でおいしい」と大好評。「今秋にも販売につなげ、淡路島を代表する和菓子にしたい」と意気込む生徒たちは、7月に行った観光モデルツアーとともに「神話伝承の地、淡路島らしい商品を提案できたと思う」と話していた。
(2016年9月掲載)
徳島県 徳島商業高校 ビジネス研究部のみなさん2徳島県 徳島商業高校 ビジネス研究部のみなさん3

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾