佐賀県 佐賀清和高校 | 明治維新150年を書で表現 佐賀市に作品贈る | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

佐賀県 佐賀清和高校 書道部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

佐賀県 佐賀清和高校 書道部のみなさん1
高円宮杯日本武道館書写書道大展覧会や全国高校書道展などの大会で、数々の受賞歴を誇る佐賀清和高校書道部。地域交流、地域貢献にも力を入れている同部は、今年5月、

「明治維新150年」をテーマに、佐賀の七賢人副島種臣の書風を取り入れつつ揮毫(きごう)した書、2作品を佐賀市に寄贈した。

2018年は明治維新から150年にあたる。当時の佐賀藩は多くの偉人を輩出し、多くの偉業を成し遂げ、維新の中心的役割を果たした。佐賀市ではこれら歴史的業績を広く市民に告知し、地域への誇りと郷土愛を高めてもらうことを目的に、今年度から「明治維新150年」事業を推進している。

そこで市では同事業をPRするため、4月に同校書道部へ制作を依頼。3年生の部員4人が2組に分かれ、共作した。

作品は共に1点は「明治維新150年」、もう1点は「その時日本は佐賀を見ていた 佐賀は世界を見ていた」と、共に70センチ×135センチの和紙に、力強い筆のおもむきで書き上げた。

部員たちは「今まで学んだことを思う存分生かそうと、無我夢中で書いた」「2人で書いたので文字の配置に苦労したが、満足のいく作品に仕上がった」と笑顔に。

寄贈を受けた市では、「文字の調和や力強さからチームワークを感じる。皆さんの中に明治維新に通じるものを感じた」と感謝した。

作品は5月末まで佐賀駅バスセンターで展示された他、同事業のロゴマークとして広報誌に掲載するなど、PR活動に使われることになっている。
(2017年6月掲載)
佐賀県 佐賀清和高校 書道部のみなさん2佐賀県 佐賀清和高校 書道部のみなさん3

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾