茨城県 水戸第二高校 | 「おいしい茨城」世界へ発信! 県農産物の魅力アピール | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

茨城県 水戸第二高校 家庭クラブ・英語部のみなさん

この学校を詳しく知ろう

茨城県 水戸第二高校 家庭クラブ・英語部のみなさん1
茨城県立水戸第二高校の家庭クラブは、県の魅力を「農産物」とし、スクールプロジェクトとして地元の大学やJAなどと連携し、新たな発想による活用法やレシピの開発などを行っている。今年1月、この活動を県高校家庭クラブ連盟の「第66回研究発表大会」で、「Lets eat おいしい茨城! ~茨城の農産物が未来を救う~」と題して発表。県知事賞及びクラブ員奨励賞を受賞した。

生徒たちは同プロジェクトの活動の幅を拡げ、県農産物の魅力を海外の人々にもアピールしようと、3月、県内の高校などに勤務する外国語指導助手4人を招き、県の食や文化を世界へ発信するイベントを開催した。

当日は家庭クラブと英語部の部員ら約40人が、外国語指導助手と交流。JA水戸のオリジナルブランド野菜「水戸の柔甘(やわらか)ねぎ」などを英語で紹介。その後、水戸市産米の米粉を使った「お米のペンネ with 水戸の納豆入り肉野菜だれ」を、米粉を使うことで小麦アレルギー対策になるなどと話しながら、一緒に作った。

続いて出向いた旧水戸藩の藩校弘道館では着物姿の生徒が出迎え、同校が1900年に創立した当初、弘道館内の至善堂が仮校舎だったことを説明した。外国語指導助手は「茨城県の食文化の豊かさや、日本の伝統文化を高校生に説明してもらって楽しかった」と笑顔に。

生徒たちは、魅力度ランキングでは最下位の茨城県だが、農産物は大きな魅力。今後も普及活動に力を入れ、茨城の良さをアピールしたい、と話していた。
(2019年4月掲載)
茨城県 水戸第二高校 家庭クラブ・英語部のみなさん2

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾