大阪府 門真なみはや高校 | 一緒に乗り越えよう 「文通」でお年寄りと心の交流 | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

大阪府 門真なみはや高校 「福祉」選択の28人の生徒たち)

この学校を詳しく知ろう

大阪府 門真なみはや高校 「福祉」選択の28人の生徒たち)1
新型コロナウイルス感染予防のため、外出や面会を自粛している老人福祉施設の入居者や一人暮らしのお年寄りに、励ましの手紙を書く「心でつながる文通プロジェクト」を、大阪府立門真なみはや高校の生徒たちが進めている。

取り組んでいるのは「福祉」を選択する28人の2・3年生。緊急事態宣言が出された4月下旬、「コロナ禍で閉じこもりがちなお年寄りを励まそう」と同校教員からの提案に、生徒たちも福祉を学ぶ者として「なにかしたい」と考えており、すぐに賛同。地域・福祉活動に取り組む市民団体「ゆめ伴(とも)プロジェクトin門真実行委員会」に、生徒の手紙を「地域のお年寄りに届けてほしい」と相談し、快諾を得た。

生徒たちは、お年寄りに寄り添う気持ちで、「こんな手紙でも元気になってもらえれば嬉しい」「大変ですが一緒に頑張り、乗り越えましょう」などと記した。

28通の手紙は、実行委員会のケアマネージャーや介護職員らが分担して28人の高齢者に届けた。

手紙を読んだ高齢者は「本当にうれしい、元気がもらえた」と感激し、中には涙を流す人も。そして6月末、何度も書き直したというお年寄りからの返信が生徒たちに手渡された。

「こんなに喜んでもらえて驚いた」と語る生徒たち。「いつか会ってみたい」とのお年寄りたちの声に、「私たちも」と話す。双方の橋渡しをした実行委員会のメンバーは、今回の生徒の活動に、「こんな時でも、新たなつながりは生まれることを学ばせてもらった」といい、この秋に同校での交流会を企画中と話していた。
(2020年7月掲載)
大阪府 門真なみはや高校 「福祉」選択の28人の生徒たち)2大阪府 門真なみはや高校 「福祉」選択の28人の生徒たち)3

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾