北海道 旭川工業高校 | 首里城復興応援モザイク画 札幌の沖縄物産店前に展示 | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

北海道 旭川工業高校 有志生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

北海道 旭川工業高校 有志生徒のみなさん1
北海道旭川工業高校は、平和学習に力を入れていることで知られる。生徒も平和を希求する様々な活動を行っている。

今年は、8月6日の原爆の日に向けて、7月末、校舎の2階から4階までの窓に原爆ドームのモザイク画を制作。縦約9メートル、横約8メートルの巨大作品で8月10日まで展示された。

10月には、約40人の生徒が、昨年10月に焼失した沖縄県那覇市の首里城正殿の復興を応援するモザイク画を描いた。

「平和を願うプロジェクト」として2年生有志が企画し、「沖縄に寄り添う」をテーマにした沖縄戦関連の写真展に合わせて制作したもので、縦93センチ、横187センチの力作。生徒たちは、細かいマス目にフェルトペンで指定の色をていねいに塗り上げ、完成させた。また、4人の生徒がシーサーの貼り絵を作った他、書道部も「僕らは一人じゃないから」と平和への思いを書き添えた。展示会は、新型コロナの感染リスクを避けるため、学校玄関先で行われた。

この活動を知った札幌市のさっぽろ地下街オーロラタウン内にある沖縄物産店から、店で展示したいと同校に依頼があり、快諾。11月9日から12月末まで店前のショーウインドーに展示される。

買い物客など多くの市民が、生徒たちが描いた首里城正殿のモザイク画に見入り、平和を願う沖縄県民の心の拠り所である首里城の1日も早い復興を願っていた。

生徒たちは「私たちの取り組みが多くの人に知ってもらえてうれしい。沖縄に関心を持ってほしい」「北海道も沖縄も広島もどこの地域とも平和につながれば」と話していた。
(2020年12月掲載)
北海道 旭川工業高校 有志生徒のみなさん2北海道 旭川工業高校 有志生徒のみなさん3北海道 旭川工業高校 有志生徒のみなさん4

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾