福岡県 飯塚高校 | SDGsをもっと知って お菓子の巨大オブジェで訴え | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

福岡県 飯塚高校 製菓コース2年生のみなさん

この学校を詳しく知ろう

福岡県 飯塚高校 製菓コース2年生のみなさん1
福岡県飯塚市の飯塚高校は、グローバルな社会で生きる市民としての教育を推進し、2018年、ユネスコスクールチャレンジ校に登録され、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」の学習に力を入れている。

製菓コースでは「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」「つくる責任、つかう責任」など、菓子を通して貢献する多彩なプログラムを実践している。

2019年には、世界最貧国といわれるアフリカのマラウイ産バオバブの実の粉を使ったスイーツを作り、文化祭やイベント、同コースの常設店「プチフル」で販売。お菓子を通じて、マラウイの子供の飢餓の現状を、たくさんの人に知ってもらうためのきっかけとなる活動になった。

今年度は『SDGsからのメッセージ~持続可能な新しい未来へ~』をテーマに、お菓子でつくった巨大なオブジェを制作した。

オブジェ作りは2005年度から始まり、毎年2年生が担当。今回は26人の生徒が昨年11月から約3ヶ月かけて完成させた。

高さ105センチのオブジェは3段に分かれ、直径約70センチある下段の側面にSDGsが掲げる17の目標を記した。また中段には同校のSDGsの取り組みを、上段にはマラウイ共和国の美しい風景を描き、頂上には平和の象徴である鐘をあしらった。

「みんなの想いを込めて作った」というオブジェは、今年2月から約1年間プチフルで展示される予定で、生徒たちは、多くの人に見てもらうことで、「マラウイやSDGsを知るきっかけになればうれしい」と話していた。
(2021年3月掲載)
福岡県 飯塚高校 製菓コース2年生のみなさん2福岡県 飯塚高校 製菓コース2年生のみなさん3

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾