佐賀県 唐津南高校 | 虹の松原の再生保全活動に最高評価 文科大臣賞や奨励金 | 善きことをした高校生達 - 日本の学校

善きことをした高校生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

佐賀県 唐津南高校 虹の松原プロジェクトのみなさん

この学校を詳しく知ろう

佐賀県 唐津南高校 虹の松原プロジェクトのみなさん1
佐賀県唐津市に国特別名勝「虹の松原」がある。約400年前、玄界灘から吹く潮風から唐津を守る暴風防潮林として人々により植栽されたが、時代と共に存在意義が薄れ、環境が悪化してきた。

2004年、この事態に危機感を持った県立唐津南高校の有志生徒が、自分たちで守り、後世に繋げようと「虹の松原プロジェクトチーム」を立ち上げた。

チームの活動は幅広い。松原の保全活動の柱となる清掃活動は、年間を通して市や地元NPO法人と連携し推進している。生徒たちは、さらに一歩進め、清掃活動で回収した松ぼっくりや松葉などの有効活用を考え始める。

「松ぼっくり」は、見た目のかわいらしさと消臭効果を活かし、ビンに入れてインテリアとして使えるポプリ「松ポップリ」を開発。また、コロナ禍の子どもたちを励まそうと「松ぼっくりアマビエ」を制作。小学校などで体験型ワークショップを展開し、松原の魅力を伝える交流活動を行っている。

「松葉」は企業や大学と連携、固形ペレットに加工して新しい燃料として提案。「食べて守ろう虹の松葉プラン」をテーマに松葉パウダーを開発。パウダーを添加した菓子やうどんなどの商品化を進め、その収益を松原の保全に還元する循環型サイクルを構築した。

これらの実績が認められ、「第16回SYDボランティア奨励賞」で最優秀賞の文部科学大臣賞を受賞。加えて、この意義ある活動を応援したいと、今年5月、唐津西ロータリークラブから報奨金10万円を贈られた。

生徒たちは「期待に応えるため、今後も様々なアイデアや方法を考え、松原を守るための保全、啓発に取り組んでいきたい」と話している。
(2022年6月掲載)
佐賀県 唐津南高校 虹の松原プロジェクトのみなさん2佐賀県 唐津南高校 虹の松原プロジェクトのみなさん3佐賀県 唐津南高校 虹の松原プロジェクトのみなさん4

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾