日本児童教育専門学校 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
メイン画像

5つのクラスから、自分に合ったクラスを選べる!

日本児童教育専門学校の3つの特長

3つの特長1

自分に合ったクラスで学校に通えるから安心!

3つの特長2

本校独自の企業型奨学金など、学費サポートが充実!

3つの特長3

保育園や児童福祉施設での現場活動が豊富なデュアル教育!

幼稚園免許と短期大学卒業を目指す総合子ども学科。平日9:00~14:30までのクラスと、週3日通うクラスのある保育福祉科昼間コース。働きながら学べる2つのクラスがある夜間主コース。5つのクラスから自分に合ったクラスを選べます。

日本児童教育専門学校の 学科・コース

総合子ども学科(昼間部)(3年)
保育福祉科(2年)
昼間コース
夜間主コース

上記は、2022年4月入学者対象のものです。

日本児童教育専門学校の学費のこと

■初年度納入金(2022年度)
総合子ども学科(昼間部)136万円
保育福祉科 108万円

日本児童教育専門学校の学ぶこと

■じっくりコツコツ3年【総合子ども学科】
3年制の「総合子ども学科」は、じっくりコツコツ丁寧に、保育の現場で必要になる知識や技術はもちろん、実際に講師が現場で経験してきた具体的な保育のノウハウを学べます。

■「時短」「週3」からクラスを選択【保育福祉科 昼間コース】
2年間で保育士の資格を取得できるコースです。昼間コースは平日5日間(9:00~14:30)の「時短クラス」と、月~水(09:00~17:50)「週3日クラス」があり、ライフスタイルに合わせてクラスの選択ができます。放課後や授業のない日には、保育現場での仕事やボランティア、学校でのサークル活動など自分のライフスタイルに合わせた一日を過ごせます。

■昼働いて、夜学ぶ【保育福祉科 夜間主コース】
保育福祉科夜間主コースは仕事と学びの両立が可能。さらに最短2年で保育士資格を取得できる学科です。昼働いて、夕方16:20から学び、土曜日は休みの「トワイライトクラス」と、平日昼にフルタイムで働いて夜は18:20から、そして土曜日にも授業がある「土曜クラス」から選べます。

日本児童教育専門学校の特長

■オープン科目で自分の強みを極める
オープン科目は学科学年問わず受講することができます。本校の講師だけでなく、外部講師を招いて授業を行うこともあり、現場意識が高まり子ども分野の専門性が深まります。資格・就職だけにとらわれない、10年後・20年後のキャリアを見据えた科目を揃えています。

■現場と連携した保育実習サポート
実習前に、子育てひろばや近隣の保育所で子ども達に関わることで、自信をつけて実習に臨むことができます。そして、実習中には、先生が実習先に様子を見に来てくれ、不安や悩みも解消できます。

日本児童教育専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-32-15

TEL.03-3207-5311 

ホームページ https://www.jje.ac.jp
E-mail mail@jje.ac.jp
ページの先頭へ

日本児童教育専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで日本児童教育専門学校の情報をチェック!