日本写真芸術専門学校 | 学科・コース詳細(写真科(昼間部)) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
にほんしゃしんげいじゅつせんもんがっこう
(専門学校/東京都渋谷区)

資料請求

写真科(昼間部)

写真を職業にするために、自分に合った写真ジャンルを学ぶ2年間

  • ※2021年4月入学者対象のものです。
写真科(昼間部)
 
写真科(昼間部)のコース・専攻一覧
フォトクリエイティブゼミ
ドキュメンタリーフォトゼミ
コマーシャルフォトゼミ
ファッションポートレートゼミ
ブライダルポートレートゼミ
ライブステージフォトゼミ
ネイチャーフォトゼミ
フォトレタッチゼミ
スポーツフォトゼミ
 
写真科(昼間部)の特長
学科・コースについて

写真を職業とするために、即戦力となる基礎と応用力を最短で身につける2年間。9つのゼミと選択授業で自分に適した写真のジャンルや、将来の目標が見つかります。興味のある内容をより深く専門的に学ぶことができます。

学べる内容

■やりたい仕事に就くための9つのゼミ
写真を職業とすたあらゆる仕事を想定した9つのゼミから選べます。自分のやりたい仕事に必要なスキルが身につきます。

<9つのゼミ>
・フォトクリエイティブゼミ
・ドキュメンタリーフォトゼミ
・コマーシャルフォトゼミ
・ファッションポートレートゼミ
・ブライダルポートレートゼミ
・ライブステージフォトゼミ
・ネイチャーフォトゼミ
・フォトレタッチゼミ
・スポーツフォトゼミ

■プロになるためのカリキュラム
実践を通して基礎と応用を学び、在学中にプロとして求められる対応力を身につけます。

■高い就職率には理由がある
企業説明会・インターン・アルバイトを通し、就職に向けて万全なキャリアサポートを受けることができます。

就職状況

■就職内定率
91.8%(2019年3月卒業生実績)

■業界に強い学校だから圧倒的求人数合計406社
撮影スタジオ 70社/出版・新聞・編集 23社/広告制作会社 33社/営業写真館 48社/ブライダル 30社/一般企業 162社/その他(カメラ販売・ネット通販など)40社
(2019年3月卒業生実績)

就職指導

■学生に寄り添った個別指導&カウンセリングで万全のサポート体制
《カウンセリング》
2級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)と業界経験者や業界の知識・経験の豊富なスタッフが対応します。
《独自のサポートシステム》
「フォローシート」や「就職・デビュー活動報告書」などの独自の就職サポートシステムで企業のニーズと学生の希望をマッチングさせることで内定獲得を目指します。

■就職&デビューサポートイベントの開催
写真業界やクリエイティブ業界で活躍する企業やプロとの接点を生むイベントを年間通じて実施。現場の情報提供をはじめ、様々な出会いや内定に結びついています。

■活動に役立つキャリアサポート講座
就職活動に必要な様々な知識、スキルを身につけるための支援講座を実施。社会人基礎力トレーニングの場としても活用できます。
(支援講座例:カウンセリング、応募書類の書き方、電話のかけ方、企業研究、模擬面接、ビジネスマナーなど)

資格について

■在学中に「写真技能検定」が受験できる!
写真技能検定とは、カメラマンの技能を一定の基準によって証明する国家検定制度です。1級、2級、3級があり、受験には実務期間が定められていますが、本校の学生は実務期間が免除になるため、在学中に2級、3級を受験することができます。3級の実技試験会場は本校の施設を使用しています。

独自の教育体制

■NPI卒業作品展アワード
卒業写真展に出展した作品を対象に、最優秀作品・優秀作品を選考し、表彰します。写真業界で活躍する著名な選考員によって決定し、個展やデビューにつながるきっかけとなります。

■マグナム・フォト東京支社ワークショップ
世界を代表する国際的な写真家グループのマグナム・フォト。東京支社のご協力のもと、生徒のレベルアップを目的にワークショップを開催します。

■NPIポートフォリオコンペティション/学園祭での優秀作品展/卒業DMコンペティション
学年・学科を超えた様々な競争の機会が、学生一人ひとりの作品の質を高めます。

■海外研修
台湾・フランス・イタリア・パリアルルから1コースを選び、研修に参加します。パリアルル研修前半は、様々な芸術が集まるパリへ。研修後半は、世界最古にして最大級の写真祭「アルル国際写真祭」に参加するため、南フランスのアルルへ行きます。写真が生まれた国「フランス」でアートを思いっきり吸収する9日間です。
※フランス研修は、(昼間部)3年制総合写真研究ゼミは必修科目です。

■春期合宿
(昼間部)1年生を対象とした撮影合宿。鎌倉や猿島などの様々な名所を巡り、撮影技術の向上を狙います。また、普段とは違う環境での交流によって、コミュニケーション力の向上や新たな価値観に出会うことができます。

■機材相談会・診断会
各メーカーが来校し、機材の説明・相談を行います。初心者の方も安心して自分に合った機材を選ぶことができます。また毎年の定期的なメンテナンスで安心してご使用いただけます。

施設設備

様々なメーカーのカメラや多種多様なレンズ、三脚やスタジオ機材など、プロ機材が無料で使えます。
数十万円する高額なカメラやレンズなどが、様々なメーカーの中から選べて使えます。在学中からいろんな機材に対応できるようになるほか、自分の作品制作にぴったりの機材を見つけることができます。

■貸し出しはすべて無料!
通常は2泊3日。校外への持ち出しも可能です。長期貸し出しでは最長で約1か月の貸し出しも行っています。

■様々なメーカーの機材が使える!
デジタルフィルムのさまざまなカメラ・レンズメーカーの機材が揃っているので、好きなカメラ、作品に合うカメラが見つかります。

■スタジオ機材やノートPCも
カメラやレンズだけでなく、スタジオ用の機材や、ノートPCまで無料で貸し出しています。

 
インタビュー
村越 としやさん

先生
村越 としやさん

誰でも気軽に写真を撮ることができる今、どのような人が「写真家」と言えるのでしょうか?

僕が現段階で考える写真家は、写真で何ができるか、自分にとって写真は何なのかという疑問を持ち続け、その疑問に対する答えを出すためだけではなく、撮影と発表を繰り返す中で常に新しい写真観を見つけることができる人が「写真家」だと思っています。
授業ではみなさんの写真を見ながら、みなさんがこの先写真とどのように向き合っていくかを一緒に考えて、写真を続けていくために必要な写真基礎体力をつけることを目的としています。みなさんが今も目の当たりにしている瞬間を永遠に残していけるかもしれない写真には、まだまだたくさんの可能性があると僕は信じています。これからの写真がどのようになっていくかは、みなさんにかかっていると言っても過言ではありません。既存の写真を超えていくような写真と出会うために、一緒に写真について考えていきましょう。

高橋 優也さん

卒業生
高橋 優也さん(2014年3月卒業)

現在は雑誌、広告の仕事をメインに活動させていただいておりますが、ここ最近は写真展も仕事のひとつになりつつあります。写真家として本当にやりたいことを実現するために、それでお金をもらうために、写真展をして写真の販売や物販などをしています。学生時代はとにかくスタジオに入って、友達を撮影していました。当時のSNSはフェイスブックが主流だったので、フェイスブックで色々な方に連絡して学校のスタジオに来てもらい、撮影していました。授業では先生にたくさん作品を見ていただいて、色々アドバイスをもらって、モチベーションをあげていました。そして、スタジオが借り放題なこと、機材がたくさん借りられたことが良かったです。絶対に入ったほうがいいと思います!

 
学べる学問
  • 美術

 

目指せる職業
  • カメラマン
  • グラフィックデザイナー

資格
  • 写真技能検定

日本写真芸術専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町4-16

TEL.03-3770-5585  FAX.03-3770-5540 

ホームページ https://npi.ac.jp
E-mail npi.info@ndg.ac.jp
ページの先頭へ

日本写真芸術専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

注目の情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで日本写真芸術専門学校の情報をチェック!