横浜テクノオート専門学校 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
メイン画像

横浜で、先進安全自動車も扱うトータルカーエンジニアを目指す!

横浜テクノオート専門学校の3つの特長

3つの特長1

トータルカーエンジニアを目指す!

3つの特長2

県内で唯一、3種類の2級自動車整備士取得

3つの特長3

充実した就職サポート体制と就職する際の選択の幅が広い!

自動車整備と鈑金塗装やASVの、両方を学べるコースを導入。顧客ニーズにひとりで対応できるトータルカーエンジニアを目指します。1級自動車整備科または自動車整備科で自動車整備と二輪整備(選択授業)を集中的に学び、次の1年間で独自のステップアップ教育による「鈑金」「調色」「塗装」を学びます。

横浜テクノオート専門学校の 学科・コース

実習重視の「実践主義」によるきめ細かな指導を実施

1級自動車整備科(4年)
自動車整備科[2級自動車整備士養成課程](2年)
ボディ・エンジニア科[※自動車整備士専門学校または自動車短期大学を卒業(見込み含む)の方、または2級以上の自動車整備士資格を有する方が対象](1年)

上記は、2021年4月入学者対象のものです。

横浜テクノオート専門学校の学費のこと

■初年度納入金(2020年度参考)
●1級自動車整備科:1,510,000円
●自動車整備科:1,510,000円
●ボディ・エンジニア科:1,750,000円
※ 入学金、授業料(学科・実習)、諸費用を含む

横浜テクノオート専門学校の特長

■プラス1年で高度な整備士を目指す
本校には、自動車整備士資格取得後、ボディ・エンジニア科に進学し、より高度な整備士を目指すコースがあります。

○高度総合整備士コース[5年制]
1級自動車整備士国家資格取得後、さらに鈑金塗装のノウハウを修得。自動車業界のスペシャリストをめざします。

○総合整備士コース[3年制]
プロの現場で活かせる知識・技術を身につけます。また、見積もりの知識やビジネスマナーも学ぶことで、フロント業務に対応できるエンジニアをめざします。


■ASV(先進安全自動車)の技術を修得
ASV(先進安全自動車)とは、前方の障害物との衝突を予測して警報し衝突被害を軽減する「衝突被害軽減ブレーキ」や、走行車線の中央付近を維持するように働く「レーンキープアシスト(車線維持支援装置)」など、安全運転をアシストしてくれる機能。ボディ・エンジニア科では1年間のオリジナルカリキュラムで、特定整備などASVの整備技術を修得します。


■二輪自動車整備士資格
特定の学科を選択することで、2級二輪自動車整備士資格を取得することができます。講義で二輪自動車特有の構造を集中的に学び、1年次の実習で単体部品をメインとした基本構造を、2年次では総合的な理解を深めるため実車両を使用したエンジン脱着・分解などを修得します。最終的には、自分たちで組み上げた車両で試運転を行います。

横浜テクノオート専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒232-0033 神奈川県横浜市南区中村町5-315

TEL.0120-4580-29  (フリーダイヤル)  FAX.045-242-0522 

ホームページ https://www.ytc.ac.jp
E-mail techno.info@godai.gr.jp
ページの先頭へ

横浜テクノオート専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

横浜テクノオート専門学校

体験入学

【日程】05/15

横浜テクノオート専門学校

学校説明会

【日程】05/22

横浜テクノオート専門学校

AO入試対策講座

【日程】05/29

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで横浜テクノオート専門学校の情報をチェック!