りせいしゃいりょうすぽーつせんもんがっこう

履正社医療スポーツ専門学校

(専門学校/大阪)

資料請求

願書請求

鍼灸学科
昼間部(午前・午後)

医療・福祉分野で活躍するはり師・きゅう師の育成はもちろん、
履正社ならではの学びでプラスαのスキルを身につける。

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
鍼灸学科
この学科・コースの資料をもらう
 
 
鍼灸学科の特長
目標資格

・はり師・きゅう師
・日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT) ※“医療+AT”を選択した場合

カリキュラム

■1年次/鍼灸の基礎理論を学ぶ
鍼や灸の基本的操作について実習し、ツボの位置について学びます。
■2年次/海外での研修を実施
解剖学の授業や現地医療施設において、見学・体験授業を行います。
■3年次/国家試験・就職を見すえたカリキュラム
国家試験対策として学生一人ひとりにきめ細かなアドバイスをおこない合格をめざします。

■豊富な実技実習
○基礎実習
座学と実技でしっかりと鍼灸の基礎を学ぶ。鍼灸実技では様々な症例や身体的特徴を経験しながら学びます。
○応用実習
基礎知識を自分の体で試しながら応用的な知識を学ぶ。教室で学んだ知識を実際に自分の体で試しながら身につけていき、応用的な知識を習得していきます。
○現場実習
実際に医療機関で実習を経験、知識を生きたものにしていく。2年次では実際の治療施設で現場実習を実施。患者さんと触れ合いながら、実践的なスキルを身につけます。

資格取得指導

■国家試験対策は基礎、臨床、試験対策とステップアップ。少人数制で臨床家の基礎を培う。
少人数制のきめ細かな指導で、1年次には実力テストや模擬試験を行い、鍼灸の基礎分野を確実に理解。2年次では基礎に立脚した臨床分野を学習し、3年次では問題演習や模擬試験を行って国家試験に備えます。試験合格をゴールと捉えず、真に優れた鍼灸師になるための通過点と考え、臨床家としての基礎を培います。

就職指導

■【就職支援】各種医療機関への就職をはじめ、内部進学、大学編入学への道も。
病院・医院・クリニック・治療院などの医療機関に就職した卒業生のルートを活用したり、各講師陣が持つ業界内の人脈を活かした就職支援を行っています。キャリアセンターでは、進路別のガイダンス、個別の学生の希望に応じた就職アドバイスも実施。また他学科への内部進学や大学編入学の道も開かれています。

■【卒後研修】卒業生のキャリアアップを支援。本校主催の勉強会も開催。
就職後にさらなるステップアップをめざす卒業生のために、鍼灸学科の教員やキャリアセンターが相談に応じます。また鍼灸学科のWebサイトでは最新の鍼灸医療に関する情報を常に発信し、鍼灸に関する各種研究会の案内を発送するなど、卒業生の情報収集をバックアップ。本校主催の勉強会も企画しています。

独自の学習システム

■実技のフォローアップ
実技教室を週に3日開放して、実技面でのフォローアップを実施。わかりにくい点は一対一できめ細かに指導します。

■徹底した少人数教育
学生一人ひとりの習熟度を確認できる、徹底した少人数教育を採用。施術者の手技の細かな動作を間近で観察でき、疑問があればいつでも質問できる体制を整えています。

■マンツーマン補講
マンツーマンでの補講も実施。
レベルに応じたアドバイスを行い、学生一人ひとりに丁寧できめ細かな指導を行って、わからないことを残しません。

留学制度

■海外研修
○海外で本格的な解剖実習を体験
履正社の鍼灸学科では他校の海外研修とは一線を画す、本格的な解剖実習をおこなっています。
○東洋医学の原点を経験する病院見学ツアー
この研修の期間中には、大学病院内に併設された鍼灸科の見学もおこないます。総合病院の中に鍼灸科が併設されている光景は、鍼灸の本場ならではです。
多様な疾患を抱えて来院する患者さんの治療の現場に立ち合いながら、東洋医学の原点を経験することができます。

その他の特色

■他校とは一線を画す本格的な海外での解剖実習
専門学校の解剖実習は見学のみのケースが多いですが、この実習では全員がメスを持ち、6日間で25~30時間を解剖に費やします。解剖を行う部位については事前に10~15時間に及ぶ講義を受け、人体についての知識を身につけた上で、自分の目と手で解剖に望みます。

■“医療+AT”という学び方
鍼灸学科で医療系国家資格の取得をめざしながら、日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)資格の取得を同時にめざせます。プロスポーツ現場で“メディカルスタッフ”や“フィジカルコーチ”といった言葉を聞いたことはありませんか?いずれもスポーツトレーナーという職業になりますが、担当する役割が異なります。
メディカルスタッフは障害予防や応急処置、リハビリテーション指導、ケガおよび病気の治療が主な仕事になります。一方、フィジカルコーチは筋力・スピード・持久力などの各種体力向上、ウォーミングアップ、クールダウンなどの指導が主な仕事になります。近年、プロスポーツ現場ではこの両方の役割を担当できる人材のニーズが高まっており、医療およびトレーナー資格を保有することが望ましい状況になってきています。
医療分野・スポーツ分野に強みのある履正社ならではのプログラムで、プロスポーツ現場で活躍できる知識・技術を身に付けてください。

 
インタビュー
五條 麻以子 さん

卒業生 五條 麻以子 さん(2009年卒業生、まるとく鍼灸整骨院 勤務)

鍼灸の『美容』への可能性を追求して。

日本でトレーナーとして活動するには、はり師・きゅう師や柔道整復師、または理学療法士など、何かしら医療系国家資格を持っていた方が良いと思い、履正社の鍼灸学科に入学しました。そして鍼灸を学んでいくうちに、女性にピッタリの治療法だと実感しました。私は履正社の卒業生で、助産師と鍼灸の資格を持った方のもとで出産したのですが、鍼で陣痛をコントロールしてもらうことで、ビックリするくらい楽に出産することが出来ました。まだまだ鍼灸のことを知らない人がたくさんいると思うので、鍼灸の可能性をもっともっと広めて行きたいと思っています。

山本 翔大 さん

卒業生 山本 翔大 さん(2012年卒業生、複合型介護施設大冠カーム勤務)

高齢者の方の治療やコミュニケーションを大事にしてQOL向上に努めています。

高齢者の方を対象に鍼灸や手技を用いて、患者さんの痛みやQOLの向上を目指しています。もともとは、スポーツ鍼灸に興味がありましたが、社会の高齢化について意識するようになり、高齢者への治療やコミュニケーションを専門とすることは強みになると思い、現在の職場に決めました。患者さんから「ありがとう」「身体の調子が良くなってきた」などと声をかけていただくと、この仕事を選んで良かったと思います。鍼灸学科で学ぼうと思っているなら、多くを体験して自分の強みにしていただきたいです。

中村 なつき さん

卒業生 中村 なつき さん(2012年卒業生、桜鍼灸整骨院 勤務)

鍼灸整骨院で、鍼灸治療+アロマテラピーなどの美容施術も担当。

鍼灸整骨院で主に鍼灸治療を行っていますが、美容目的の患者様も来院されるので、アロマテラピーなどの美容施術も担当しています。私が鍼灸師になりたいと思ったきっかけは、スポーツでケガをした際に、治療をしてもらった経験からです。何度もお世話になるうちに、いつしか憧れるようになり、履正社に入学しました。現在は、憧れの職業に就き、幅広い年齢層の患者様とコミュニケーションできるのがうれしいです。笑顔で帰られる姿を見るたびに、鍼灸師としてのやりがいを感じています。

 
目指せる職業
  • はり師
  • きゅう師
  • 病院スタッフ
  • スポーツトレーナー

資格
  • はり・きゅう師
  • ・日本体育協会公認アスレティックトレーナー

履正社医療スポーツ専門学校の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●十三キャンパス

〒532-0024 大阪府大阪市淀川区十三本町3-4-21

TEL.0120-8404-21  (フリーダイヤル)  TEL.06-6305-6592(代)  FAX.06-6305-1692

ホームページ http://www.riseisha.ac.jp/
E-mail kouhou@riseisha.ac.jp
ページの先頭へ

履正社医療スポーツ専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

注目の情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで履正社医療スポーツ専門学校の情報をチェック!