検索する
メイン写真

大学と企業の連携で創られた電気の専門学校。

九州電気専門学校の3つの特長

3つの特長1

大学と企業の連携で創られた電気の専門学校

3つの特長2

6,800人を超える卒業生が電気技術者として活躍中!

3つの特長3

自分の希望に合わせて選べる、昼間部・夜間部

電気技術者を養成するため、1923年に当時の九州帝国大学(現:九州大学)と九州水力電気(合併し、現在の九州電力)や安川電機など地元電気業界の協力で創立された本校。電気のプロたちが、次代のプロを育てる学校として誕生した本校の伝統は、90年以上たった今も連綿と続いています。

九州電気専門学校の 学科・コース

電気のエキスパートを目指す!

電気工学科(昼間部)(2年)
電気工学科(夜間部)(2年)
電気工事士科(昼間部)(1年)
電気工事士科(夜間部)(1年)

上記は、2017年4月入学者対象のものです。

九州電気専門学校の 学費のこと

■2017年度初年度納入金
電気工学科(昼間部)  116万4千円(入学金20万円、授業料50万円、施設設備費23万円、実験実習費22万円、その他の費用1万4千円)
電気工学科(夜間部)  73万4千円(入学金13万円、授業料35万円、施設設備費12万円、実験実習費12万円、その他の費用1万4千円)
電気工事士科(昼間部) 97万1千円(入学金16万円、授業料50万円、施設設備費12万円、実験実習費12万円、その他の費用7万1千円)
電気工事士科(夜間部) 79万1千円(入学金13万円、授業料37万円、施設設備費11万円、実験実習費11万円、その他の費用7万1千円)
※教科書代・文具代・国家試験に関する費用が別途必要です。

■独自の支援制度
1)兄弟姉妹・親子入学特典制度
本校の卒業生または在校生の子女・兄弟姉妹が入学する場合は、入学金を全額免除します。(同時入学の場合は2人目以降が対象です)

2)優待入学制度
本校の卒業生(卒業見込含む)が本校他学科を入学希望する場合は、入学金を全額免除します。

3)特待生制度
本校電気工学科在学中に第三種電気主任技術者、エネルギー管理士、第二種電気主任技術者国家試験に合格した学生に対して、本校卒業時に授業料一部免除として20万円を返還します。3科目合格や一次試験合格者には5万円、在学中に全科目、二次試験合格に達した場合、残りの15万円を返還します。
(適用:平成28年度在学生から)
※手続きや要件を満たした場合のみ対象です。

■教育訓練給付制度
電気工事士科(夜間部)入学の方で、一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額を限度に公共職業安定所より支給されます。
ただし、その20%に相当する額が10万円を超える場合の支給額は10万円とし、4千円を超えない場合は教育訓練給付金は支給されません。

九州電気専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉4-4-5

TEL.0120-852-321  FAX.092-471-1550 

ホームページ http://www.kec.ac.jp
ページの先頭へ

九州電気専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで九州電気専門学校の情報をチェック!