国際調理製菓専門学校 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
メイン画像

食を通じて“ 人を幸せにする” 調理師・製菓衛生師・栄養士へ!

国際調理製菓専門学校の3つの特長

3つの特長1

年間1,000時間以上の豊富な実習で技術を確実に習得!

3つの特長2

3つの専門キャンパスと4つの本格的店舗運営実習室を完備!

3つの特長3

オリジナル商品開発、企業コラボレーションプロジェクト多数実施

現場経験豊富な先生より、実践に即した知識・技術はもちろん礼儀作法など人間性を磨きます。
一人ひとりを丁寧にサポートし、知識がゼロからでも食のプロを目指せます。

国際調理製菓専門学校の 学科・コース

シェフ学科(2年)
イタリア・フランス料理コース
中国料理コース
日本料理コース
健康調理学科(2年)
総合給食コース
医療福祉給食コース
カフェ学科(2年)
カフェ・スイーツコース
カフェプロデュースコース
調理師学科(1年)
調理総合コース
留学生コース
栄養士学科(2年)
栄養士コース
栄養・調理Wライセンスコース[卒業後、調理師学科に内部進学]
パティシエ学科(2年)
製菓コース
製パンコース
製菓・製パンコース
製菓・調理Wライセンスコース[卒業後、調理師学科に内部進学]

上記は、2021年4月入学者対象のものです。

国際調理製菓専門学校の学費のこと

■2021年初年度納入金
108万円~110万円(入学金5万円含む)
※その他、教材費等、別途必要です。(各学科・コースにより諸費用は異なります。)

国際調理製菓専門学校の学ぶこと

■シェフ学科
1年次は“食”に関する一般的な知識に始まり、「日本」「西洋」「中国」「集団調理」すべてのジャンルの基礎を徹底的にマスターし、調理師に必要な知識や技術を学びます。2年次には、「イタリア・フランス料理」「日本料理」「中国料理」のいずれかを選択し、より高度で専門的な技術・センスを磨いていきます。

■健康給食学科
1年次は調理師として必要な「日本」「西洋」「中国」「集団調理」全てのジャンルの基礎をマスターし、2年次には保育園・学校・病院・福祉施設等の対象者にあった給食ならではの栄養や調理法を学びます。介護職員初任者研修の資格取得も可能。給食調理員として人の健康を支えるスペシャリストを目指します。

■カフェ学科
調理・製菓・製パン・ドリンク・経営などを幅広く学びます。本格的なカフェの運営実習で高度なサービス、店舗マネジメント力を身に付けます。調理師とフードコーディネーターのWライセンスで食の全てと美的センスを兼ね備えたかカフェスペシャリストを目指します。

■調理師学科
「調理総合コース」と「留学生コース」に分かれて、日本料理・西洋料理・中国料理・集団調理のすべての基礎知識・技術を徹底的にマスター。わずか1年間で調理師免許を取得します。また「食育」においては、味覚教育・食材教育・健康教育を実施し理解を深め、食育インストラクターとして活躍できるように知識を修得します。

■栄養士学科
1年次は食に関する基礎知識から食品学、栄養学、給食管理、献立作成などとともに、大量調理の知識と技術も学びます。2年次は卒業後の進路を見据え、生化学、解剖学実習、臨床栄養学実習など実験や実習を通じ、より高度で専門的な技術や資質を磨き、調理技術を兼備えた栄養士を目指します。

■パティシエ学科
1年次は、洋菓子・和菓子・製パンの基礎をマスター。製菓コースでは、お菓子の代表的な存在である「フランス菓子」をはじめ、各国のお菓子について基本生地やクリームの作り方などの基本技術とともに応用技術も学びます。製パンコースでは、基本となる食パン類をはじめ、ロール、菓子パン、ハード系パン、折込パン、調理パンなど、さまざまなパンを実践に即して学んでいきます。

国際調理製菓専門学校の所在地/問い合わせ先

所在地
〒951-8063 新潟県新潟市中央区古町通6番町953番1

TEL.0120-210-673 

ホームページ https://food-673.jp/
E-mail food@nsg.gr.jp
ページの先頭へ

国際調理製菓専門学校の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

注目の情報

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで国際調理製菓専門学校の情報をチェック!