アニメ学科

アナログでもデジタルでもマルチに活躍できるクリエーターを養成。
現場で即戦力となる技術を基礎から学ぶ。

  • ※2021年4月入学者対象のものです。
アニメ学科
この学科・コースの資料をもらう
 
アニメ学科のコース・専攻一覧
アニメーターコース
アニメ彩色コース
 
アニメ学科の特長
カリキュラム

■アニメーターコース
絵を描くのが好きで、アニメーターとして活躍したい人のためのコース!
少人数クラスで現役プロ講師による個別指導を受けながら、基礎から専門技術まで、作画のあらゆる技術を身につけます。
近年導入されているデジタル化にも対応できるようStylosでのデジタル作画技術も習得し、第一線で活躍できるアニメーターになれます。

■アニメ彩色コース
デジタル技術で、仕上げ(彩色)・撮影・CGの分野で活躍したい人のためのコース!
アニメの仕事は絵を描くことだけではありません。「色を塗る」「特殊効果をつける」等の仕事があります。
少人数クラスで現役プロ講師による個別指導を受けながら「仕上げ(彩色)」「撮影」「編集」「3DCG」等の技術を身につけます。
デジタルワークスの現場で即戦力になれます。

独自の学習システム

■学内コラボレーション

デジタルアーツ東京では、学内の交流も盛ん。各学科のコラボレーションによって、いつでも数多くの作品づくりが進行しています。たとえば、ノベルス・シナリオ学科の学生がシナリオを書き、アニメ学科の学生がアニメにし、声優学科の学生が声を入れる。そうして、力を合わせて作品をつくる楽しさを実感しているのです。いつでも活気があふれている。それがデジタルアーツ東京です。

オープンキャンパス

アニメ学科の体験入学では、次の内容を説明します。
授業の進め方
在校生の作品紹介
体験談や業界についての説明

【主な体験授業】※開催日により異なります。
*キャラクターのトレースをやってみよう!
あらかじめ用意したキャラクターのトレースを行います。その後少し動きのある課題(中割り)にチャレンジしてみます。それをPCに取り込み、自分が手描きしたキャラクターが、どのような動きをするか確認します。

*キャラクターに色を塗って動きを見てみよう!
あらかじめ用意した素材(本校学生のアニメ作品)を液晶タブレットやアニメの標準ソフト・Paintmanを使って彩色を行い、モーションチェックをしてみます。

校風

■大学、短大生、高校既卒者に選ばれるデジタルアーツ東京

現在、各学科で平均すると約30%の学生が既卒者です。
【特徴】
・各クラスにはいろいろな年齢の学生がいて年齢が気にならない雰囲気。
・大学・短大・専門学校卒業者には、入学金や施設設備費(一部)、実習費(半額)が免除になる制度をご用意。また、高校卒業者は、特待生や奨学生といったさまざまな学費支援制度が利用可能。
・1クラス15~25名で行われる少人数制の丁寧な指導。
・より仕事の現場に近い環境で行われる実践的なカリキュラムでは、知識や技術が楽しみながら身につく。
・幅広いジャンルをカバーする多彩な学科を設置。カリキュラムの都合が合えば他学科の授業を受けることも可能。
・講師はみんな、業界の第一線で活躍しているプロ。
・文部科学省から認可を受けている学校なので、卒業後には「学歴」として扱われる。
・経験がなくてもまったく問題なし。どんな方でも「才能の有無は問わずプロを育成する」という姿勢でしっかりと指導。
・着実にスキルアップしていける環境を整えているため、高い就職率をキープ。

イベント

【会社説明会】
■(株)旭プロダクションが採用から業界の最新情報まで提供!
1973年の設立以来、数多くのアニメーションを手掛けてきた(株)旭プロダクションの会社説明会を学内で開催しました。採用に関する情報を直接担当者に質問することで疑問や不安も解消でき、学生達も満足な様子でした。また、作品も一つひとつ丁寧に見ていただき、充実した時間となりました。

施設設備

■プロ仕様の最新設備を使いこなす!

学ぶカリキュラムごとに最適なデジタル機器の最先端を完備。少人数制の個別指導だから、あなたもすぐに使いこなせるようになります。
○Digital Anime Comic Studio
機材は液晶タブレット、ネットワークスキャナー。ソフトウェアは“CLIP STUDIO PAINT”“After Effects”“Photoshop”をはじめ、“3dsMax”等、さまざまです。アニメ、コミックについての主要ツールが全て揃っている自慢の教室なので、アニメーション業界への就職、マンガ業界へのデビューも準備万端です。

○Anime&Design Room
アニメやイラストをマニュアル制作する際に必要な設備が整っている教室です。作画の基礎や描写力を学び、物をよく観察し表現する力が身につけられる環境があります。

卒業後の進路

○アニメーターコース
アニメーター、キャラクターデザイナー、作画監督、演出

○アニメ彩色コース
デジタルペインター、コンポジッター、特殊効果、CGアニメクリエーター、制作進行

卒業生の活躍状況

○福島勇さん(2005年卒)
(アニメーター)
主な作品/「聖戦ケルベロス」(総作画監督)、「ラブライブ!」(作画監督)、「フェアリーテイル」(作画監督)、「マクロスデルタ」(作画監督)、劇場版アニメ「ペルソナ3」(原画)、劇場版アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」(作画監督)他


○佐藤瑠美さん(2013年卒)
(株式会社サンシャイン所属)
主な作品/「ラブライブ!サンシャイン!!」(動画検査)、「マジきゅんっ!ルネッサンス」(動画検査)、「ラブライブ!」(動画)、「アイカツ!」(動画)、劇場版アニメ「ラブライブ!The School Idol Movie」、劇場版アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」(動画)他

○中島苗実さん(2018年卒)
(東映アニメーション株式会社所属)
主な作品/TVアニメ「ワンピース」「HUGっと!プリキュア」「ゲゲゲの鬼太郎」「おしりたんてい」、劇場版アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」「HUGっと!プリキュア」他

その他の特色

【アニメ学科 在学中デビュー】
■『東京アニメアワードフェスティバル2018』の『動きのコンペティション』において第1位最優秀賞となりました。
■TVアニメ「アトム・ザ・ビギニング」「ネト充のススメ」制作、スタッフロールにクレジット。
(~2019年実績)

 
インタビュー
柏原 華

在校生
柏原 華(アニメ学科 アニメーターコース)

少人数制授業と自由に使える作業環境でスキルアップ。

この学校は、先生との距離がとても近く、学びやすい環境です。少人数制授業は先生とのコミュニケーションをしっかりとることができ、分からないこと、作画テクニック等、さまざまなことを吸収できます。また、担任の先生と二人三脚で就職活動に取り組めるので、私も両親もとても満足しています。

野中 千裕

在校生
野中 千裕(アニメ学科 アニメ彩色コース)

好きなことを仕事にできる最短ルートを体験入学で発見!

この学校を選んだのは体験入学がきっかけです。アニメが好きなので、アニメ業界への進路を第一に考える中で、体験入学でとても丁寧に教えていただき、ココなら絶対技術を身につけられると思いました。クラスメイトも同じ目標を持っているので、お互いアドバイスしたり切磋琢磨して制作に没頭しています。

 
学べる学問
  • 美術
  • デザイン学

 

目指せる職業
  • アニメーター
  • キャラクターデザイナー
  • 作画監督
  • CGアニメーター
  • デジタルペインター
  • コンポジッター
  • 制作進行
  • 演出

専門学校デジタルアーツ東京の所在地/問い合わせ先

所在地
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-38-8

TEL.0120-329081  (フリーダイヤル) 

ホームページ https://www.dat.ac.jp/
E-mail mail@dat.ac.jp
ページの先頭へ

専門学校デジタルアーツ東京の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

専門学校デジタルアーツ東京

体験入学

【日程】06/07

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで専門学校デジタルアーツ東京の情報をチェック!