【専門学校】東京のダンサーを目指せる学校特集 オススメ13校|JS日本の学校

ダンサー/東京/専門学校検索結果一覧

13
見つかりました。

エリア

職業

初年度納入金

ダンサーとは

踊りで創作的表現活動を行う
 音楽やリズムにあわせて身体を使って表現するのがダンサーです。クラシックバレエ、モダンダンス、ストリート系など、ダンスといってもさまざまなジャンルがあります。  ダンサーになるために必要な資格はありませんが、事務所や劇団などに所属するのが一般的です。オーディションやコンテストなどに出場してチャンスをつかむことがプロへの第一歩になる場合もあります。……

▶学校情報を見る

」前に一括でパンフをもらうこともできます

ダンサー/ 東京/ 専門学校

気になる学校にチェックを入れて、「チェックした学校のパンフをもらおう♪」ボタンを押してください。

資料請求

update …最近情報が更新または追加された学校

1~13件を表示しています。(全13件)

表示されている学校にチェックをつける

  • 1

創立72の伝統校。TV・舞台俳優や声優を育成

専門学校 舞台芸術学院1 専門学校 舞台芸術学院2 専門学校 舞台芸術学院3 専門学校 舞台芸術学院4

音楽・エンタメ業界を目指す人のための「音楽を仕事にする学校」

尚美ミュージックカレッジ専門学校1 尚美ミュージックカレッジ専門学校2 尚美ミュージックカレッジ専門学校3 尚美ミュージックカレッジ専門学校4

5カレッジ22学科設置。蒲田駅から2分の都市型キャンパスで学べる

日本工学院専門学校1 日本工学院専門学校2 日本工学院専門学校3 日本工学院専門学校4

音楽&エンターテイメント業界で「好きなこと」を仕事にしよう!

東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校1 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校2 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校3 東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校4

豊かな創造力で夢と感動を!TSM渋谷で好きな事を仕事にしよう!

東京スクールオブミュージック専門学校渋谷1 東京スクールオブミュージック専門学校渋谷2 東京スクールオブミュージック専門学校渋谷3 東京スクールオブミュージック専門学校渋谷4

音楽&エンタテインメント業界直結のESP学園

専門学校ESPエンタテインメント東京1 専門学校ESPエンタテインメント東京2 専門学校ESPエンタテインメント東京3 専門学校ESPエンタテインメント東京4

声優、俳優、タレント、歌手…芸能界で活躍できるキャストを育成

専門学校東京アナウンス学院1 専門学校東京アナウンス学院2 専門学校東京アナウンス学院3 専門学校東京アナウンス学院4

安心の担任制で憧れの就職・留学・大学編入☆日本外国語で夢実現

日本外国語専門学校1 日本外国語専門学校2 日本外国語専門学校3 日本外国語専門学校4

表示されている学校にチェックをつける

気になる学校にチェックを入れて、「チェックした学校のパンフをもらおう♪」ボタンを押してください。

資料請求
  • 1

ダンサー

ダンサーを目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「ダンサーなるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。

 俳優・女優は、いろいろな役を演じて、観客に、勇気や希望、感動をあたえる、夢のある仕事です。
 いろいろな役を演じるのですから、演技力があることが最も大事ですが、何か特技を身につけておくことも重要です。演じる役のはばが広がります。ミュージカルに出るには、歌が歌え、ダンスがおどれることが条件になります。時代劇俳優は、馬に乗れることが必要不可欠です。アクション系の俳優ならば、日ごろ体をきたえておくことが大切です。特に最近は、外国との合作が多いので、英語が話せれば、活躍の場も広がるでしょう。
 俳優になるには、劇団や芸能プロダクションに入り、ここで演技についての基本はもとより、歌やダンスの基礎をしっかり身につけておくことが大切です。さらに、文化や芸能などの知識も得て、個人としてのセンスをみがいておく必要があります。

女優にインタビュー
 劇団に入って、演技の勉強をしています。まだ、テレビや舞台で小さな役しかやらせてもらっていませんが、いつかハリウッド映画に、主役で出ることが夢です。歌やダンスも勉強していますが、英会話にも力を入れています。
 日本でロケをしたアメリカ映画で、英語ができる女優を探していると聞いたので、思い切ってオーディションを受けました。大きな役はもらえませんでしたが、主役のアメリカの大スターと英語でやりとりする場面があって、とても緊張しました。出演できたのはほんの1シーンでしたが、外国のスタッフのかたと、英語でいろいろ話ができて勉強になりました。この映画に出られたことは、将来の夢のために、わたしにとってとても大きな財産になったと思っています。