【専門学校】北海道の児童英語教師を目指せる学校特集 オススメ1校|JS日本の学校

児童英語教師/北海道/専門学校検索結果一覧

1
見つかりました。

エリア

職業

初年度納入金

児童英語教師とは

子どもたちを相手に、楽しませながら英語を教える
日本人の英語を中心とした外国語習得意欲は非常に強いものがあり、こうした社会背景の中で、高校生から社会人向けの外国語専門学校やスクールに加えて、最近では、小さな子どもを持つ家庭においても「語学は小さいときに学ぶ方がしっかり身につく」といった理由から、幼児や児童を対象にした英語教室が増加傾向にあります。また、小学校でも総合学習の一環で、多くの学校が英語の勉強を………
update …最近情報が更新または追加された学校

児童英語教師/ 北海道/ 専門学校

1~1件を表示しています。(全1件)

  • ▶学校情報を見る

    」前に一括でパンフをもらうこともできます
  • 1

札幌YMCA英語・コミュニケーション専門学校

  • 1

児童英語教師

児童英語教師を目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「児童英語教師なるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。

 翻訳家とは、外国語で書かれたものを日本語に訳したり、逆に日本語で書かれたものを外国語に訳したりする人です。出版分野の翻訳が主な出版翻訳家と、ビジネス分野の書類などの翻訳をする実務翻訳家がいますが、一般的に翻訳家というと、出版分野で翻訳する人のことをさします。小説や児童書、絵本や専門書、学術書などの翻訳は、昔から人気の高い職業で、希望する人がたくさんいる職業です。外国の書物を日本語に訳す仕事と、逆に日本の書物をいろいろな外国語に訳す仕事がありますが、外国語を日本語に訳す仕事のほうが圧倒的に多いです。また、外国商品のパンフレットやマニュアルを翻訳する人や放送作品、ビデオ作品や映画などを翻訳する映像翻訳家も、近ごろ増えてきました。いずれの場合も、外国語だけでなく正しい日本語を使う能力が必要な仕事です。
 実務翻訳家の仕事が正確第一なのに対し、そのほかの翻訳家の仕事は、そのまま訳したのでは作品の内容が伝わりません。作品の作られた社会情勢や時代背景、人々の暮らしやふう俗、生活習慣に至るまでを考慮して日本語に訳します。翻訳家の力量が作品の価値を左右してしまうほど、翻訳家は重要な仕事をします

翻訳家にインタビュー
英語とドイツ語の翻訳を始めて15年になります。小説などの文芸書や学術書が中心です。学術書は、正確に訳せばほとんどの場合だいじょうぶですが、最新の医学の本など、用語の説明にかなり苦労することもあります。でも、その分野の正確な知識があれば解決することです。大変なのは文芸書です。外国のものを日本語に訳すのは、まだいいのですが、日本のものを英語や外国語に訳すときが一番なやまされます。俳句や短歌の翻訳のときは、内容のニュアンスをそのまま英語のリズムに乗せる言葉を探すのに大変苦労しました。意味がわかっていても、それにふさわしい英語の単語が見つからないのです。わたしの力不足です。
 これまで翻訳は、英語やドイツ語、フランス語といった欧米中心のものがほとんどでしたが、これからはアジア・アフリカ方面の翻訳が多くなると思います。みなさんも、これらの言語を習得してみたらどうでしょうか。