ピアノ調律師/秋田/専門学校検索結果一覧

0
見つかりました。

エリア

職業

学費

ピアノ調律師とは

優れたピアノは優れた調律師から
ピアノの調律は、優れた音感の持ち主でなくてはできない繊細な仕事です。弦1本の緩みで、ピアノの音色は乱れます。ピアノ調律師は基本的な音程を調節し、最も良い音質を出すための整音作業や、部品修理も行います。調律師になるには、5年くらいの実践が必要です。専門学校や音楽大学などで基礎を学び、ピアノメーカーや楽器店に就職し、キャリアを積みましょう。……
条件に合った検索結果は0件でした。
検索条件を変えて、もう一度検索してください。

ピアノ調律師を目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「ピアノ調律師なるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。