CGアニメーターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

CGアニメーターになるには

デジタルでアニメーションを作成

CG(コンピュータグラフィックス)アニメーターは、コンピュータを使って、動画(アニメーション)を作る仕事です。従来はすべて手で描かれてきましたが、現在では、コンピュータを使って制作されるのが一般的です。世界のアニメ作品のうち6割は日本で制作され、日本を代表する文化となっており、このコンテンツ産業を育成していけるよう、制作現場の労働条件や待遇などCG制作環境の向上を国家プロジェクトとして推進していく方針を打ち出しています。デッサンやクリエイティブなデザイン力、デザインツールの使い方やプログラミングなどの技術力が要求されます。様々な芸術に触れて美的感覚や感性を磨いて、自分自身の体験や感動をもとに創造性を発揮し、映像化していきます。 専門学校などに進学して、知識や技術を修得しましょう。アニメーションに不可欠の映像計画や映像編集、絵コンテの描き方なども学ぶことができます。卒業後は、CG制作関連会社に就職して、CGアニメーターとしての腕を磨いていきましょう。

コンピュータ・ゲーム系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

CGアニメーターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

コンピュータ・ゲーム系(コンピュータ・情報処理関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)