医療情報管理士になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

医療情報管理士になるには

患者の医療情報を安全・的確に管理

カルテなどの患者に関する記録や情報は、安全かつ的確な方法で管理されることが重要です。また病院内の関係各所からの要求に応じて速やかに提供できるよう一カ所に集められ、専門のスタッフによって管理される必要があるとされています。医療情報管理士の主な仕事は、患者の診療記録や医療情報を収集・解析・分類・整理した後に管理することで、近年、電子カルテとしてコンピュータ・システムで管理されることが多くなっています。これを正確かつ迅速に病院内の医療従事者や患者、他の医療機関、関係機関などに提供し、医療情報を使って各種データの加工や情報分析および診療統計表・評価表の作成、各種証明書類作成や提供などを行います。厚生労働省が発表した「保健医療分野の情報化にむけてのグランドデザイン」 では、電子カルテを中心とした医療機関の情報化を積極的に推進しており、電子カルテを導入する医療機関の数は増え続けています。 医療情報を有効活用するためには、安全かつ安定した情報システムの開発・運用に必要な知識・技術をもった人材が必要で、医療情報管理士がその役割を担います。医療情報管理士になるためには、医療情報系の専門学校などで知識や技術を修得し、各種医療機関などへ就職します。

医療・看護・医療事務系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

医療情報管理士になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

医療・看護・医療事務系(医療事務・医療秘書関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)