検索する

資格カタログ

コーディングスペシャリスト

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

カルテの翻訳家といわれる医療事務のスペシャリスト

コーディングとは、カルテに記載されている病名などを、世界保健機構(WHO)の定める分類(ICD=国際疾病分類)に従い、コード(符号)化する仕事です。またコーディングスペシャリストは、医師が書いたカルテの内容を確認し、医師との連携を図りながらコーディング業務を行う人を指します。
 コーディングを行うと、例えば統計などを作る場合、病名1つ1つで処理するよりも作業がとても迅速になります。また、異なる国や地域などで集計された死亡や疾病などのデータを比較、分析することも可能です。

活躍の場

医療機関、教育機関

受験情報

受験資格 日本クリニカルコーディング協会会員のみ受験可
受験科目
受験料
申込方法
試験方法・取得方法 講習会、通信教育を受講し受験

問い合わせ

コーディングスペシャリスト
(民間資格)
NPO法人日本クリニカルコーディング協会
東京都墨田区立花1-4-20-102
03-3618-7988
http://www.jhica.jp/

※上記の資格情報は2015年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「コーディングスペシャリスト」の紹介
資格カタログでは「コーディングスペシャリスト」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「コーディングスペシャリスト」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「コーディングスペシャリスト」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ