レーサーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

レーサーになるには

マシンを操縦してレースの頂点を目指す

レーサーは、別名レーシングドライバーとも呼ばれ、カーレースでマシンを操縦するドライバーのことです。レーシングコース上を高速で走行し、ライバルマシンと駆引きをしながら勝利を目指します。刻々と変化するタイヤや燃料を含めたマシンのコンディションを的確につかみながら対応していかなければなりません。 レースにはF1を頂点とするフォーミュラーカーレース、ル・マンで有名な耐久レース、乗用車を使って行われるツーリングカーレース、公道や道なき道を走るラリーなど競技種目も多彩です。どのレースの頂点を目指すのかによって学習方法や訓練方法も変わってきます。 レーサーになるには、JAF競技運転者ライセンスが必要になってきます。例えば、国内四輪自動車レースに出場するには自動車運転免許証と共に国内Aライセンスが必要です。また、カート競技用ライセンスも別に用意されています。レースに対応できる技能を身につけるには、サーキット主催の走行会に参加したり、レーシングスクールでプロのアドバイスを受けるなどの方法があります。 レースは、レーシングカーをチューンアップするレースメカニック・カーメカニックといった多くの技術者が参加しています。レーサーとしてのドライビングテクニック向上を目指すと共に、専門学校などで基本的な整備技術・構造などを学んでおくこともオススメです。

自動車・航空技術系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

レーサーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

自動車・航空技術系(自動車、自動車技術・整備関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)