自動車セールスエンジニアになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

自動車セールスエンジニアになるには

自動車の情報を提供する販売スタッフ

自動車セールスエンジニアは、車の技術的な知識をいかして顧客に十分な情報を提供し、販売につなげていくのが仕事です。 自動車は高額商品であり、アフターサービスが重要な役割を占めています。信頼できる人から購入したいという顧客の願望に的確に対応できるのがセールスエンジニアといえます。パンフレットに書かれている情報だけでなく、車の性能や構造、保険や車検、整備や修理についても詳しくアドバイスできるコンサルタントが求められています。 自動車セールスエンジニアになるには、自動車メーカーと直接販売契約を結んだディーラー(販売会社)に就職するのが一般的です。入社後はメーカーの基本的な研修を受け、その後は各ディーラーでさらに基礎研修(自動車一般の知識、法律知識、販売知識)を実施しているようです。 研修後は、ショールームや新車発表会などの店頭販売やチームを中心に活躍することになります。

自動車・航空技術系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

自動車セールスエンジニアになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

自動車・航空技術系(自動車、自動車技術・整備関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)