資格カタログ

一級大型自動車整備士【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

トラック整備のスペシャリスト

 一級大型自動車整備士とは、総重量8トン以上の大型自動車の整備を行う専門技術者です。一級というのは、高度な整備に対する知識と技術を持ち、部下を指示しながら、中心となって整備を行える上級技術者を指します。大型自動車とは、総重量8トン以上・最大積載量2トン超・乗車定員11名以上の普通自動車と大型特殊自動車です。バスやトラック、トレーラーなどが当てはまります。巨大な自動車が安全に走行できるように整備する、やりがいと責任の大きな仕事です。

 一級大型自動車整備士になるには、国家試験に合格しなければなりません。受験資格は、二級整備士(二級シャシ整備士を除く)の資格取得後、3年以上の実務経験が必要です。また、国土交通大臣が指定した自動車整備士養成施設(専門学校、高等学校、職業能力開発校など)の所定の課程を修了すると、実務経験なしで受験資格が与えられます。試験は、学科試験と実技試験が行われます。学科試験では、構造・機能・取扱法、点検・修理・調整・完成検査の方法、整備用機械に関する初等知識、整備用の試験機・計量器・工具の構造・機能・取扱い法、材料・燃料油脂の性質・用法、図面に関する一般知識、保安基準その他の自動車整備に関する法規が筆記と口述で行われます。実技試験では、基本工作、点検・分解・組立て・調整・完成検査、修理、整備用の試験機・計量器・工具の取扱いが行われます。

活躍の場

自動車整備工場、自動車メーカー・販売店、ガソリンスタンドなど

受験情報

受験資格 二級整備士(2級自動車シャシ整備士を除く)合格後、3年以上の実務経験が必要。その他については、国土交通省ホームページでご確認ください。
受験科目 学科試験の科目:(1)構造、機能及び取扱い法(2)点検、修理、調整及び完成検査の方法(3)整備用機械に関する初等知識(4)整備用の試験機、計量器及び工具の構造、機能及び取扱い法(5)材料及び燃料油脂の性質及び用法(6)図面に関する一般知識(7)保安基準その他の自動車の整備に関する法規/実技試験の科目:(1)基本工作(2)点検、分解、組立て、調整及び完成検査(3)修理(4)整備用の試験機、計量器及び工具の取扱い
受験料 7,200円
申込方法 最寄りの運輸監理部又は運輸支局(沖縄総合事務局陸運事務所) へ技能検定受験申請します。技能検定受験申請に必要な書類は次のとおりです。技能検定申請書、写真、受験資格を有することを証する書面の提示、試験の免除を受ける資格を有することを証する書面の提示(試験の免除を受けようとする場合のみ必要)、受験手数料。
試験方法・取得方法 学科試験(筆記・口述試験)、実技試験

問い合わせ

一級大型自動車整備士
(国家資格)
国土交通省 自動車局整備課
東京都千代田区霞が関2-1-3中央合同庁舎3号館
03-5253-8111
http://www.mlit.go.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「一級大型自動車整備士」の紹介
資格カタログでは「一級大型自動車整備士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「一級大型自動車整備士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「一級大型自動車整備士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ