レーシングエンジニアになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

レーシングエンジニアになるには

レースに参戦するマシンの技術を監督する

レーシングエンジニアはマシンがベストの状態でレースに参戦できるように管理し、またレース中は優勝に向けてチームの技術責任者として、スタッフを監督・指揮する仕事です。テスト走行の結果や次に参戦するレースコースの特色の把握も必要です。そしてベストの状態でレースに参戦できるように、マシンをどのように調整するかを技術スタッフに指示します。調整中は新たなパーツの開発にも参加し、そのために自動車メーカーや部品メーカーとの折衝も行います。 レーシングカーは、一般の自動車とちがってエンジンや各種のパーツも特殊なものが使用されています。それらの専門知識とともに高度な整備技術力が不可欠です。 レーシングエンジニアは、レーシングカーの油圧、エンジン回転数、タイヤ整備などマシンの最大限のパワーを引出すためのメカニックに誰よりも精通していなくてはなりません。同時にレース参戦中はピットスタッフを指揮するため、迅速な判断力や統率力が求められています。 レーシングエンジニアになるのに決まった道はありません。修得した技術と能力でレース経験を数多く積んでいくとよいでしょう。

自動車・航空技術系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

レーシングエンジニアになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

自動車・航空技術系(自動車、自動車技術・整備関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)