チューニングエンジニアになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

チューニングエンジニアになるには

車のパワーを最大限にチューニング

チューニングエンジニアは、車の性能を最大限に高めるために、エンジンのパワーを上げて加速をスムーズにするなどの技術的な調整を行うエンジニアです。エンジン本体のチューニングでは、シリンダーを削る、吸気排気のタイミングを調整するなどの作業があります。さらにエアクリーナーやマフラーの交換、車高やサスペンション、ブレーキの調整など、車種やチューニングのオーダーによってさまざまです。 車の機能・性能について、トータルに調整していく幅広い知識と高度な技術が求められています。 車の構造や機能、各パーツについての充分な知識と技術を修得して、さらに実務経験を積みながら高度な技術を身につけていくことになります。 特に必要な資格はありませんが、自動車整備士の資格を取得しておくと有利になるでしょう。自動車整備会社やチューニング専門の工場などが活躍の場となります。

自動車・航空技術系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

チューニングエンジニアになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

自動車・航空技術系(自動車、自動車技術・整備関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)